サクラフィフティーンチャレンジマッチレポート、個々のパフォーマンスが注目される試合に | ラグビージャパン365

サクラフィフティーンチャレンジマッチレポート、個々のパフォーマンスが注目される試合に

2020/12/03

文●大友信彦


来年のラグビーワールドカップ2021(女子15人制)を目指すサクラフィフティーンの候補選手たちが11月29日、熊谷ラグビー場で代表選考の一環となるチャレンジマッチを行った。

女子15人制日本代表のトライアルマッチが実際の試合として行われるのは史上初めて。しかも有料試合で、ファーストジャージーとセカンドジャージーを着用。それも、昨年のワールドカップで男子日本代表が8強進出を果たした際に着用した、鎧兜をモチーフにした新デザインのジャージーを初めて着用して臨んだ。

タックルを受けながら前進をはかるREDS南主将

タックルを受けながら前進をはかるREDS南主将

対戦したのは、昨年のオーストラリア遠征・欧州遠征で主将だったPR南早紀がキャプテンを務めるレッズと、副将だったSO山本実が率いるブルーズ。先発15人の平均年齢はレッズが23.8歳でブルーズは22.7歳。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ