「5年前果たせなかったトライの壁を打ち破りたい」ジャパンのスピードスターが世界選抜戦を終え感じた手応えとオールブラックス戦に向けた思い | Rugby Japan 365

「5年前果たせなかったトライの壁を打ち破りたい」ジャパンのスピードスターが世界選抜戦を終え感じた手応えとオールブラックス戦に向けた思い

2018/10/28

文●編集部


ラグビー日本代表はジャパンXVとして世界選抜XVと対戦し、28−31と敗れた。80分とおしてインターナショナルレベルでもしっかりとその実力が通用することを誰もが感じる選手がいた。日本のスピードスター福岡堅樹(WTB/パナソニック)だ。

印象的だったのは前半21分、敵陣に攻め込んだジャパンXV。SO田村優のキックパスをキャッチした福岡はオールブラックスFBネヘ・ミルナースカッダーと対峙し、スピードで抜き去りトライをとったシーン。それだけでなく、ボールを持てばなにかやってくれるのではと期待したくなるプレーで会場を沸かせた。

世界選抜戦を終え、この試合のパフォーマンスと自身2度目となるオールブラックスとの試合について意気込みを聞いた。

キックチェイスはジャパンの心臓

――今日の試合について


福岡 自分たちらしいポジティブなアタックができる時間帯もすごく多かったですし、最後勝ちきれなかったのは残念な結果ですが、11月に向けていい勢いをつけられる成果もあったと思います。アタックで崩せている時間も本当に多かったので常に継続していきたいですが、ディフェンスで簡単に取られたところはニュージーランド、イングランドと戦う上で必ず修正しないと厳しい結果になるので修正したい。


――ファーストトライ取りました


それまでFWやたくさんの選手が前にいい勢いを与えてくれて、(SO田村)優さんがいい判断して自分につないでくれて、自分が持ったとき前にスペースがあったので思い切って走りきることができた。優さんがそういうのを見てくれる。視野が広いので、自分はキックパスをもらうような準備をいつもしています。


――24点差から3点差に詰めた


これまでやってきたアタックに自信持って継続できて、そういう結果が出た。



――キックチェイスも良かった


キックチェイスは、このジャパンの心臓ともいえる部分でもあると思うので、チームが前に出るためにしっかりWTBがそこをしっかりやらないといけない。自分でも課題としてあげていて、少しでもできて良かった。


――新しい花園での試合でした。


いい雰囲気でできたし、途中、雨が降ってもネガティブに感じさせないようにたくさんの観客も入っていてすごく温かい雰囲気でやりやすかった。芝は少し短くなった感じがありました。


――今日の試合を終えて、手応えは?


去年よりも実力をつけられている自信があるので、本当の強豪のニュージーランドにぶつけたい。


5年前果たせなかったトライという壁を打ち破りたい

日本のエース福岡は2013年のオールブラックス戦、終了直前にインゴールに飛び込んだが,NZマコウ主将のタックルに間一髪タッチに出されトライはならなかった

日本のエース福岡は2013年のオールブラックス戦、終了直前にインゴールに飛び込んだが,NZマコウ主将のタックルに間一髪タッチに出されトライはならなかった


――来週のニュージーランド戦に向けて


本当に今日以上のパフォーマンス見せないと勝つことができないので、今日以上の準備をしてトライが取れるようにしたい。


――前回のニュージーランド戦から5年経ちました


前の対戦は壁を知る挑戦。今回は自分の実力がそこに匹敵するかどうか、それを越えていく、最高のチャレンジになる。1対1で勝てるところは勝ちたいと思いますし。前回届かなかったトライの壁も絶対破りたい。

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ