エディ・ジョーンズHCがU20日本代表合宿を施策「日本ラグビーの未来が見えてよかった」 | ラグビージャパン365

エディ・ジョーンズHCがU20日本代表合宿を施策「日本ラグビーの未来が見えてよかった」

2024/03/07

文●編集部


3月6日、熊谷合宿を行っているU20日本代表は練習の様子を公開した。視察に来たエディー・ジョーンズ日本代表HCが練習後取材に応じた。


――U20日本代表候補合宿を視察しました


室内での練習が行われており、オーガナイズされた雰囲気で、日本ラグビーの未来が見えてよかったかなと感じました。


――代表候補として選んだ3人の選手に成長が見られましたか?


今は合宿中であり、プレーの改善具合を判断するのは難しいですが、このまま彼らが良いプレーを続ければ、良い結果に繋がると思います。


――U20年代に期待することは?


彼らがフル代表に選ばれる可能性もありますが、まずはU20の大会でどのようなプレーを見せるかを見極めたいと思います。

印象に残った選手は・・・

――U20日本代表候補合宿を視察しました


室内での練習が行われており、オーガナイズされた雰囲気で、日本ラグビーの未来が見えてよかったかなと感じました。


――代表候補として選んだ3人の選手に成長が見られましたか?


今は合宿中であり、プレーの改善具合を判断するのは難しいですが、このまま彼らが良いプレーを続ければ、良い結果に繋がると思います。


――U20年代に期待することは?


彼らがフル代表に選ばれる可能性もありますが、まずはU20の大会でどのようなプレーを見せるかを見極めたいと思います。

――今後、U20日本代表にシニアの代表の力を借りる予定はありますか?


まもなくセレクションが行われます。また、リーグワンもシーズン半ばですので、今後のパフォーマンスを見て、シニアと若手のバランスを見ていきたい。


――U20日本代表候補からシニアを選ぶ可能性はありますか?


そうですね。常にそのような可能性は開かれています。4月にパシフィックチャレンジがありますので、私も現地で見て、シニアに呼べる選手がいれば招集したいと思います。彼らが世界の舞台でパフォーマンスを発揮できるかどうかが選出の条件です。力を発揮した選手が選ばれることになります。



――10年前のWTB福岡堅樹選手のようなケースですか?


はい、その通りです。福岡選手は、最初に見たときからパフォーマンスを発揮できると思ったのでシニア代表チームに加えました。若手選手に投資することは大事なので、今から次のW杯に向けて若手選手を育てていきたい。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ