ジャパンには勝てないという意識を擦り込みたい・WTB福岡堅樹 | Rugby Japan 365

ジャパンには勝てないという意識を擦り込みたい・WTB福岡堅樹

2018/11/24

文●編集部


今回のツアー4戦連続で先発出場のWTB福岡堅樹。「レギュラーとして出場させてもらっている責任を果たす」とメンタルのギアも一つあがった。最終戦ロシア戦を前に、このツアーでまた果たせていない「トライ」という結果を打ち出せるか。

――ロシア戦にむけての抱負を。

個人としては、今回のテストマッチでキックチェイスからのいい場面を作れていないので、ジャパンの武器として使えるようにもう一度リードできればいいかなと思っています。

ロシアに対しては、基本的な部分で「ジャパンには勝てない」という意識を擦り込みたいので、相手の強みであるフィジカルの部分で簡単にはゲインさせたくない。勝ちというものにこだわっていいイメージ、自分たちにも自信につながる試合にしていきたい。

――ロシアに関しては、映像もみていると思いますし、5年前に戦った選手から話も聞かれていると思います。どんな印象ですか。


一言でいうと「でかい」「フィジカルのあるチーム」。共通認識としてもっています。バックスリーの選手たちも大きいので、スピードの部分でうまく立ち回れば、チャンスメイクができると思います。そういうところを自分たちの武器としてやっていきたい。

――この秋の試合、連戦になりますが、ご自身の疲れ、チームの疲労度というものはどうですか?

多少の疲労はありますけど、今回に関しては、フレッシュな選手も何人か入っていますし、そういう選手がチームにいいエナジーをもって練習でもいい声出して、やってくれているので、自分たちもそれに負けないようにやらないといけない。これだけレギュラーとして使ってもらっているからには、それなりの責任があると思っています。常にいいパフォーマンスが出せる選手でありたい。


イングランド戦では幾度となく仕掛ける場面が見られた

イングランド戦では幾度となく仕掛ける場面が見られた

――イングランド戦では外側の突破からキックを蹴っていました。ロシア戦では、どのようなプレー選択を考えていますか?


イングランド戦では状況に応じてキックを判断するというプランでした。自陣からの脱出ということも大事なところだし、相手のFBの立ち位置が浅かったり深かったりでキックの種類をかえて、自分の中のオプションとして出せるよう、練習の中で取り入れています。今回のロシア戦でもexit(自陣からの脱出)の部分でエリアをとることがキーになってくるので、それもWTBの仕事として確実にこなしていきたい。


2015年ワールドカップでのスコットランド戦

2015年ワールドカップでのスコットランド戦

――2013年のスコットランド戦でのトライや2016年ウェールズ戦のトライなど、英国内では今までも素晴らしい活躍をされていますが、ヨーロッパでのテストマッチに対する印象は


あまり場所とか意識はしていないですけど、このツアー、テストマッチでトライをしていないので最後の試合、チャンスがあれば、狙っていきたい。

ーー何本いきましょう?

まずは一本。そこから考えます(笑)。


――このツアーを通じて自身の成長、課題として感じていることは


アタックの部分は、チームのアタックでも、自分自身のアタックでもいくつかいいシーンや直接得点につながったシーンもありました。そこは、確実にサンウルブズ(での経験)だったり、ジャパンが強い相手と対戦していることでの成長だと思います。

課題としては、自分の中ではブレイクダウンのところで、一歩遅れてしまった時に、相手を剥がしきれない部分とか。今回のロシア戦も大きな相手だと思うので、そういうところでしっかりとボールキープできるようにしていきたい。

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ