初キャップ獲得―それぞれのスタートライン、矢崎由高・藤原忍・為房慶次朗 | ラグビージャパン365

初キャップ獲得―それぞれのスタートライン、矢崎由高・藤原忍・為房慶次朗

2024/06/23

文●編集部


22日、エディージャパン初陣となる「リポビタンDチャレンジカップ2024」イングランド代表戦は17-52という敗戦で終えた。世界ランキング5位のイングランドとの対戦で初キャップを獲得した選手は8名。その中から、飛び級で代表入りした20歳のFB矢崎由高(早稲田大学)、SH藤原忍、PR為房慶次朗(いずれもスピアーズ)の3️人が体現したものとは。

FB矢崎由高

矢崎由高

矢崎由高



――試合に出る前の気持ち


今までの人生にないくらい緊張していました。正確に言うと昨日が一番緊張していました。ジャージプレゼンテーションが終わって、もちろんメンバー発表も少し前にあったんですけど、ホームでイングランド戦で先発の15番に出させていただくという実感がどんどん湧いてきて昨日の夕方くらいが一番緊張して、逆に今日は程よい緊張でできたかなと思います。



――今日はヘッドコーチからどういったことを求められていたんでしょうか?


自分のやることをしっかりと明確にして、自分の持ってるものをすべて出して来いっていうふうにアドバイスをもらいました。


――その中でできたことできなかったことを教えてください。


そうですね。イングランドのすごいハイボールと前に出るプレッシャーのあるディフェンスっていうのをかいくぐることはできなかったんですけど、チーム全体として超速ラグビー、 早くセットしてモメンタムを作ってラグビーをしていくっていうのは、少しはできたかなと思います。



――力は出し切れた?


出し切れていたら、結果はもっと違うものになっていたので、出し切れてはないですね。もっとボールに絡んだプレーが多くできたと思います。(ハイパントに対しては)想定はある程度していて、ノックオンしなければもっと良かったかな。


――今日の試合でどういうことが勉強になった?


判断の部分であったり、反則の部分であったりというのはこれから経験値をあげていくことが大事になってくるので、そこは一つずつ進めていけたらと思います。



――イングランドと対戦してみた感触


キックもうまいですし、実際当たってみてもそう簡単にはいかなかったですね。いい形でボールを受けることができたら、特に前半の最初の部分では相手のディフェンスをずらすことができていましたし、コミュニケーションをとってバックフィールドのカバーの部分は、50-22を取られてしまったのもありましたが、うまくできたかなと思います。

――来週以降は?


全然わかっていないです。


――これからの活動にどうつなげていきたい?


この経験というのを積み重ねて、2027年日本が世界のトップ4に入るように、今よりももっとチームからもファンからも信頼される存在になっていきたい。

SH藤原忍



――今日は藤原選手のジャッカルからトライが生まれたと思いますが、あのプレー振り返ってください。


本当にもう無意識にあそこに行きました。何も考えずにチームのために行きました。


――ベンチに座っている時からかなりワクワクしているようでしたが、いかがでしたか?


本当にどういう展開になるのか、自分が入ってどうコントロールするのかっていうのを常に考えながらベンチで見てました。


――桜のジャージ着た感触いかがですか。


いや、本当にプレッシャーもありますし、こういう大勢のファンの皆様の前でこうやってこう ええ、憧れであったジャージを着て、こうみんなの前でできるってことは本当に幸せだなと思いました。


――イングランド相手に自分の強み出せたところ、あるとすればどんなところでしょう?


本当に超速ラグビーっていうテーマの中でどんどんテンポアップして最後トライ取り切れたっていうのは、よかったです。

――ここからが代表のスタートだと思います。今後の夢、目標を聞かせてください。


日本代表になるからにはやっぱり四年後のワールドカップ、そして日本代表の責任と覚悟を持ってやっていきたいと思います。


PR為房慶次朗



(今日の自己評価)ボールキャリーは良かったんですけど、ブレイクダウンレベルでは、早く寄れずにノットリリースを取られてしまったので50点ですね。

ファーストキャップというのが自分の財産というか櫻のジャージを着れたということが一番です。


――明治のジャージで国立でプレーするのとは違う?


それは全然。日本を代表して着ているわけなんで。




――ジャパンのファーストトライは「超速ラグビー」を体現できた?


ボールを回してトライに繋げられたことは「超速ラグビー」を見せれたんかなと思います。




――次のマオリオールブラックス戦にむけて


今日悔しい思いをしたんで、マオリオールブラックスとの試合に出れたら、スタメンで出て、完成した「超速ラグビー」を見せたいと思います。


――スクラム組んでみて


ヒットとかは全然驚くのはなかったんですけど、当たってからの押しというか、重さが全然日本のチームと違うなと思いました。ジャパンとしてはまっすぐ低く組んでというところは前半も後半も意識できたかなと思います。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ