日本代表フランス戦前日練習レポート「人工芝での経験値は日本の方が多い。アドバンテージになる」ジョセフHC | Rugby Japan 365

日本代表フランス戦前日練習レポート「人工芝での経験値は日本の方が多い。アドバンテージになる」ジョセフHC

2017/11/25

文●大友信彦


JJことジェイミージョセフHC率いるラグビー日本代表は、今年最後のテストマッチとなる25日のフランス戦に向け、24日午後、試合会場となるパリ郊外ナンテール市にあるUアリーナでキャプテンズラン(試合前日練習)を行った。

Uアリーナは10月に開場したばかりの屋根付きスタジアムで、ピッチは全面人工芝。12月からTOP14ラシンメトロのホームスタジアムとして使用される予定だ。これまでローリングストーンズのコンサート、モトクロス(スーパークロス)のイベントはあったが、スポーツのゲームとしてはこのフランスvs日本のテストマッチがこけら落としとなる。

日本代表の練習は冒頭の10分間が報道陣に公開された。短い公開時間だったが、リーチ主将が人工芝の感触、堅さを手で叩いて確認するなど、選手がそれぞれの視点でピッチの状態を確認していた姿が印象的だった。

練習後、ジョセフHC、リーチ主将、SH流、HO堀江、WTB福岡が報道陣の会見に臨んだ。


人工芝の堅いピッチでは試合展開も速くなる。日本にとって好条件になると思う

(このスタジアムについて)


「ヒジョーに楽しみです。ここでテストマッチが行われるのは初めてなので、選手全員が楽しみにしているはずです。人工芝については、ここに来る前にトゥールーズの人工芝グラウンドで3日間練習してきた戸惑いはない。インドアで天候の問題はないし、人工芝の堅いピッチでは試合展開も速くなる。日本にとって好条件になると思う」


(フランスはNZに18−38、南アフリカに17−18と連敗中だが)


「連敗していると言っても、オールブラックスと南アフリカという強敵と戦ってのこと。フランスが世界のベストチームのひとつであることは間違いないし、私は深くリスペクトしている。ティア2の我々が勝とうとするには最大の力を発揮しなければならない。ただ、我々はこの試合まで5週間の間、時間をかけて一緒にチームを作ってきた。私がHCに就任して以来、ここまで長く一緒にやれているのは初めて。その意味では自信を持っている。それに、人工芝での経験値は日本の方が多いと思う。アドバンテージになると思う」

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ