齋藤直人「最高のプレーがしたい。9番として常にチャンスをうかがって果敢に仕掛ける」 | ラグビージャパン365

齋藤直人「最高のプレーがしたい。9番として常にチャンスをうかがって果敢に仕掛ける」

2024/06/21

文●編集部


「リポビタンDチャレンジカップ2024」イングランド代表と対戦するラグビー日本代表は、試合会場である国立競技場で前日練習(キャプテンズラン)を行った。エディージャパンの初陣で先発9番を務める齋藤直人が練習後の取材に応じ「今は普段通り。エディージャパンの初陣でメンバーに入れて嬉しいし、最高のプレーがしたい」と心境を話した。

SH齋藤直人

――エディー・ジャパンの初陣です。勝利をプレゼントしたいですか?


プレゼントしたいという気持ちは特にないですが、もちろん勝ちたい。新たなエディー・ジャパンの初陣でメンバーに入れて嬉しいですし、最高のプレーがしたい。


――FWの強いイングランド代表と対戦します


まず、イングランドの土俵で戦わないこと。多少メンバーが変わっていますが、イングランドのラグビーは伝統的に変わらない。強いセットピースとキック、ハイボールのところ、そこをどれだけ躱すという表現は正しいかわからないが、そこに対してしっかり対策してきたことを自分たちがやる。

スペースは絶対あるので、どうそこに運ぶか。あと、気温、湿度が高い中、イングランドは疲れると思うので、まずはそこまで我慢できるか。またその時間帯が来たらギアを上げられるか。9番としてリードしたい。




――10番のSOマーカス・スミスに何か対策しているか


マーカス・スミスへの対策とかは特になくて、準備期間も限られていたので、どちらかというと相手一人一人の対策というより、自分たちのやるべきことを集合してからフォーカスして準備してきた。スミスはキックゲームが上手いですが、ランだったり彼のひらめきのあるラグビーも強みなので、そこを頭にいれながらやりたい。

マーカス・スミス

マーカス・スミス




――次のW杯に向けてスタートします


3年後は必ず出たいですし、去年経験したW杯でチームを勝ちに導けるような9番として迎えたいと思います。


――イングランド代表戦、3試合目です。9番として臨む気持ちは


本当に嬉しいと同時に、責任も感じます。ただ、しっかり明日は役割を遂行したいです。


――超速ラグビーの核になるのはハーフと聞いています。役割は?


大事な部分は、単にずっとボール持ち続けることが超速ではなくて、少しのスペースだったり、チャンスだったりを見逃さず、どのエリアからでもいろんなオプションを持ちながら攻めることが一つ、超速ラグビーをする上で大事かなと思います。

そういう意味では9番はボールの近くにいるので、常にチャンスをうかがって、チャンスや勢いがあったら果敢に仕掛けることと、本当に速いボールを供給し続けることが9番の役割かなと思います。

李承信

李承信




――合宿に入る前と今で自信は?


この2週間、超速ラグビー、自分たちのラグビーについて、当たり前ですが理解してきたので、そこについては合宿前より自信を持っていると言える。ただ試合は相手があってのことなので、準備してきたとこが出せなかったときにどうするかも明日は考えないといけない。試合まで24時間くらいあるので、しっかり、まだまだ詰められることは詰めていきたい。


――ファーストジャージーを着て前日練習をしました。ハットリーコーチは初めて着る選手がいるのでやったということを説明しましたが


意図とか、着ること自体、僕は知りませんでした(苦笑)。(国立競技場に)着いて、着ますみたいな感じでした。ジャージーを着たことによっての会話は特になかったが、やっぱり。緊張すると話す選手やいつもより口数が少ないかなという選手もいた。

矢崎由高

矢崎由高



エディーさんから僕も言われたが、緊張するのは当たり前だし、それが当たり前ということを経験ある選手が初キャップや経験の浅い選手に言ってあげなと言われたので、僕も緊張すするが、その辺は初キャップの選手に比べれば経験はあるほうなので、上手く話しながら、明日いい形で入りたい。


――イングランド代表の強いタックル、接点に対して


絶対、そこは来ると思っています。9番からFWへのアタックシェイプのところは、間違いなく、かなり速いラインスピードとタックルが来ると思っているので、そこに対して受けるのではなく、ボールもらう前の動きから始まって、勢いに乗った状態でキャリーすることと、両サイドのブレイクダウンの役割。ゲームの中の大きなポイントにもなると思うので、FWはもちろん、僕もボールに一番近いところにいる選手なのでドライブしたい。




――いまの心境は?


楽しみですけど、試合当日、ロッカーに入ると緊張するので、今は普段通りかなと思います。


――今回若いメンバーがたくさんでますが、その強みは


若いが故の失敗をおそれない、恐れを知らないということはやっていて感じますし、そういうのが求められてのこういう選考だと思います。(年長者として上手くいかないときは)そこは変わらず、上手くいかないとき、シンプルなワードで自分たちが立ち返る場所はどこかを示すことが大事だと思います。

原田衛

原田衛



記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ