高校ラグビー4強決まる!御所実業v常翔学園、桐蔭学園v東福岡。果たしてファイナリストは | ラグビージャパン365

高校ラグビー4強決まる!御所実業v常翔学園、桐蔭学園v東福岡。果たしてファイナリストは

2020/01/04

文●編集部


3日、第99回全国高校ラグビー大会準々決勝が行われ、御所実業(奈良)、常翔学園(大阪第2)、桐蔭学園(神奈川)、東福岡(福岡)の4校が準決勝進出を果たした。試合後の抽選会で御所実業v常翔学園、桐蔭学園v東福岡という対戦カードとなった。4チームのキャプテンが5日に行われる準決勝に向けた意気込みを話した。

「組織でディフェンス」御所実業・石岡玲英キャプテン

今日の試合でも、(常翔学園は)ランの能力が高かったので、横とコミュニケーションしながら組織でディフェンスしてFWを前に出させるゲームプランにしたい。今のチームは、一人ではなく各ポジションに4人リーダーがいて全員がリーダーになろうと言われています。練習メニューだったり、準備だったり、たくさんのリーダーをつくりながらチーム全体でまとめながらやっています。


「因縁の相手。絶対勝たないといけない」常翔学園・為房慶次朗キャプテン

近畿大会で(御所実業に)1トライ差で負けた。準決勝は(御所という)因縁の相手。絶対勝たないといけない。自分たちの強みを活かせば勝てると思うので、FWの強さ、BKの速さを最大限に活かしたい。身長大きいことはわかっていたが、力のところでは負けない。そこでプレッシャーをかけることができた。FWが下がったら全体の意識が下がってしまうので、FWから声をかけていた。あきらめなければ勝てると思っていた。逆転トライだったので嬉しかったです。ベスト4進出が7年ぶりだったので、7年ぶりの優勝をつかみたい。ケガ人が何人かいるかリザーブの選手がカバーできるので、決勝にいきたい。


「100%の準備。準々決勝を上回る試合を」桐蔭学園 伊藤大祐キャプテン

しっかり準備して自分たちのやることを決めてチャレンジしたい。(東福岡の強みである)FWの強さとBKの展開力に対してしっかりディフェンスをすることが大事。まずは準決勝に向けて100%の準備、準々決勝の大阪桐蔭戦を上回れるような試合をしなければならない。今日出た修正点を見つめ直してよりよい試合ができるようにしたい。


「コンタクトとフィジカルで相手に負けないように。」東福岡 廣瀬雄也キャプテン

春に桐蔭学園に負けてから1年間、ずっと(桐蔭学園との試合)この日を待っていました。明日1日ですが、しっかり準備をして挑みたい。まずはコンタクトとフィジカルで相手に負けないように。自分たちの持ち味である展開ラグビーを最後まで継続していきたい。

(桐蔭学園のイメージ)一人ひとりがコンタクトが強くて、FWもBKも関係なく速いので、そこに負けないようにしたい。

昨年は同じ準決勝で、全く同じ時間に開始される試合で負けてしまいました。先輩たちの思いも背負って頑張りたい。

自分たちが目指してきたラグビーをやり通して、最後スコアボードを見たら東福岡が1点でも上回っているようにしたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ