クボタスピアーズ船橋・東京ベイ、ラピース、マキシ会見レポート | ラグビージャパン365

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ、ラピース、マキシ会見レポート

2021/12/14

文●編集部


12月13日、ラグビー日本代表の欧州遠征から帰国し、自粛期間が明けたキャプテンFLの「ラピース」ことピーター・ラブスカフニ、NO8ファウルマ・マキシの2人が、「リーグワン」の開幕戦(1月7日@国立競技場)に向けて練習を重ねるクボタスピアーズ船橋・東京ベイの練習に合流した。

「代表での経験で学んだことは沢山。それをチームに活かしたい」 ラピース

――久しぶりにスピアーズに合流した率直な感想は?


この環境に戻ってこられて、クラブハウスでみんなに会うことができたので、非常にワクワクした気持ちです。チームメイトや友人に再会できて非常に嬉しく思っています。今はそこに感謝してチームに貢献したいというマインドセットです。すべてはチームのためなので、そのためにできることをやりますし、自分自身もその中から学び、成長したいと思います。ここは本当に素晴らしい環境なので、この一員であることを嬉しく思います。本当にまたクボタで過ごす時間を楽しみにしています。


――欧州から直接日本に戻らず、南アフリカに立ち寄った理由は?


家族を迎えに行っただけなので、それ以外に南アフリカに滞在する必要はありませんでした。子ども、家族と一緒に飛行機に乗って日本に戻ること、それがただ一つの理由です。家族も私と同じように日本へ戻りたかったので、迎えに行きました。結果としてこのように戻ってこられて良かった。


――帰国してから合流するまでどのように過ごしてきたか。


もちろん、まずは隔離期間がありました。(家族とは)ホテルにいたので別々でした。その後、家に戻ってからは一緒でした。それから自分の体の調子を整えていました。ツアーが終わって非常にいい状態だったので、またそうしたコンディションになるように、筋肉などをしっかり動かせるようにしていました。

――隔離期間中の食事は十分だったか


皆さん非常によくしてくれたと思います。ホテルでも必要なものがあればできるだけ応じようと助けてくれました。まったく不満を感じたことはありません。そこにいると言うことは、自分自身だけでなく、周りの人も安全な環境で過ごすために努力しているわけです。そこで働く皆さんがやっていることは同様に外にいる人たちを守ることでもあります。つまり私たちは皆同じゴールに向かってそれを成し遂げようとしているのです。


――ホテル内でのトレーニングは


あまりスペースがないので、スペースを作ることが必要でしたけど、時間もありましたし、どこにもいけませんので、とにかく体を動かして、トレーニングをするようにしていました。


――個人のトレーニングはいつから?


今日が私にとってチーム練習の初日です。隔離期間は自分自身でできることをしていました。制限はありましたが、たった2週間のことです。いい休養にもなりましたし、さっきも言ったように、すぐ動けるように体を整えていました。なので、今日が本当の意味でトレーニングの初日ですし、グラウンドに戻ってこられて嬉しいです。目の前のチャレンジに今は興奮しています。


――リーグワンについての思いは


新たな挑戦になると思います。どのチームもレベルが上がっていくでしょう。非常に競争が激しくなると思いますし、私が楽しみにしているのはそれが理由です。リーグワンは私たちが成長し、より良くなるチャンスを与えてくれるでしょう。楽しみで仕方がありません。たくさんの外国人選手もいますが、同じくらいたくさんの日本の才能ある選手がたくさん現れてくると思います。この新しいリーグがこれからどうなっていくのか楽しみです。


――オミクロン株の影響で入国できるかファンが心配していました。


それは知りませんでした。しかし本当に間に合って良かったと思っています。我々がコントロールできない、予測できないことです。ですので、無事に日本に戻ってこられたことに私も家族も非常に嬉しく思っています。


――国をまたいだ移動が難しい現状で、南アフリカの選手と連絡をとっているのか。


今、南アフリカにいる選手たちは別の方法など、どうにかしてこちらに戻ってくる方法を模索しています。しかしこれは私たちのコントロールできないことです。ただ、どうなるかはわかりませんが、いろんな可能性を探っていると思いますので、見守るしかないと思います。


――練習の最後に、個人でジャッカルとタックルの練習をしていました。


練習の最後にやったその2つともは、違うスキルセットで、最初はチームメイトの手伝いをしていただけなんですけど、私もせっかくなのでやりました。このようなことは日々の練習で続けていくことで少しずつ成長していくと思います。


――日本代表の練習から持ち帰ったものなのか?


いいえ。そうではないですが、ただ今回の経験で学んだことはたくさんありましたし、それを活かしたいと思っています。自分の中でこうしてみたいというようなことはあります。それをチームでやっていく中で良くなっていくというようなことはあると思います。


――リーグワンになり、プレーのレベル以外で期待することは?


答えるのが難しいですね。実際のところよくわからないですが、ただすごく楽しみです。この新リーグには本当にたくさんのタレントが出てくると思いますし、きっとレベルも高くなると思うので、毎週、一つ一つのチャレンジを楽しみにしています。自分たちの強みを活かしたいですが、このリーグでは簡単な試合なんて一つもないと思います。みんな楽しみにしていると思います。


――新リーグは地域密着が一つのテーマです。何を楽しみにしていますか。


特にありません。地域にはいつも大変サポートされているので、自分が地域のためにできることがあればなんでもやりたいです。


――新リーグ1年目、個人的な目標は


トレーニングで上げていきたいスキルはたくさんあるんですけど、それは努力を重ねていくだけです。特に上げていきたいのは判断のところです。


――日本代表でキャプテンになり、周囲からの注目や期待が高まりました


これもまた答えにくい質問ですね。他の人がどんな期待をしているのかわかりません。ただ私が言えるのは、日本代表で経験したことをチームに還元することですが今日は合流初日ですし、年間を通じて役割はいろいろとあります。その都度、私は自分の持てるもの全てを出し切りたいだけですね。

――来日して5年以上たつが、来日当時と今の心境の変化は?


大きく違いますね。最初に日本に来た時からこの国が好きでした。そして、いればいるほどその思いは深まりましたし、理解も深まっていったと思います。私だけでなく家族にもこのような環境で様々なことを学べる機会を得られたことに感謝しています。その分、恩返しをしていきたいです。

そして日本を誇りに思う気持ちもより強まりました。他の人にこの国が本当に素晴らしく、是非、日本に来ていろいろな経験をしてほしいと伝えたい気持ちです。そうした気持ちが年を追うごとに大きくなりました。何度も言いますが本当に感謝しています。

「まずは新リーグでしっかり試合に出て、パフォーマンスして、もしジャパンに呼ばれたら頑張りたい」マキシ

――日本代表からスピアーズに戻って来て合流初日の感想は?


チームに戻ってきて、みんなと一緒に練習できるのが嬉しい! 今週も試合に選ばれるように、毎日、これからいい準備して、いいパフォーマンスできるようにやっていきたい。


――久しぶりの日本代表活動。何か一番プラスになった?


遠征中は、試合には出られなかったですが、たくさん学び、いい経験になった。練習の内容とか、練習の後にコーチからフィードバックをもらった。フィードバックをもらったのでよかった。それを学んで、自分のことをよくしていきたい。


――具体的にはどんなアドバイスをもらったのか?


コーチとかには毎日の練習をしっかり自分のベストを出して、自分の強みを、コンタクト、フィジカルのところで、しっかり他の選手と勝負して絶対負けないようにと(言われた)。


――2023年ワールドカップを一つのターゲットにしていると思いますが……


まずは新リーグでしっかり試合に出て、パフォーマンスして、もしジャパンに呼ばれたら頑張りたい。


――日本代表活動を振り返ると


初めて日本代表で、ヨーロッパに行った、U20(日本代表)とかでの遠征で行っていたんですけど、スタジアムにお客さんがいっぱい入っているのは、それはすごくいい環境だった。アウェーで、プレッシャーもあったのが、それが一つのいい経験になった。日本のファンもいたんですけど、本当にもう向こうのファンが多すぎて、試合中のコミュニケーション多分取りにくかったと思う。


――ジャパンの選手と練習して印象に残ったことは?


ベテランの選手の練習の取り組み姿勢がすごい。これくらいやらないとそこまでのレベルにならない。
(同じスピアーズの)ラピースも素晴らしい。同じポジションの(リーチ)マイケル(ブレイブルーパス東芝)はずっとタックル、ジャッカルの練習している。一緒にやってもらいました。チームに戻っても続ける。


――新リーグは、去年より試合に出やすいやすいルールになっています


そうですね。去年は、あまり試合に出られずちょっと悔しい。あまりアピールする機会がなかった。(試合に)出やすいというもあるけど、しっかり毎日の練習で自分のベストに取り組み、毎回の試合をしっかりパフォーマンスしたい。


――新リーグに向けての期待は?


どういうふうに変わっていくのかなって楽しみにしている。アイルランド、スコットランドのスタジアムみたいに同じようになったら嬉しい。ファンにいっぱい試合見て楽しんでほしい


――ポルトガル戦では、残念ながら控えメンバーから唯一試合に入ることができなかった。


次の試合(スコットランド戦)のための大事な試合、自分の番がきたら出し切ってと(思っていた)。ジェイミー(・ジョセフHC)からは(試合後)、一言ぐらいですけど、試合の状況でイエロー2枚でしたが、「次(がある)、これで終わりじゃない」と(言われた)。


――久しぶりにスピアーズの練習に参加しました。


チームは今後、変化とか進化を感じます。練習試合とか見ているので、注目のフォワードはすごい、強い。ゴール前きたら絶対トライ取れるイメージがある。ネクストレベルになっている。



記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ