ダイナボアーズがD1昇格!シャイニングアークスに連勝。クーパーHCは有終の美を飾る | ラグビージャパン365

ダイナボアーズがD1昇格!シャイニングアークスに連勝。クーパーHCは有終の美を飾る

2022/05/29

文●編集部


5月28日(土)、リーグワンD1/D2の入替戦2の2試合目が大阪・東大阪市花園ラグビー場で行われた。ディビジョン1で10位のNTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安と、ディビジョン2・3位の三菱重工相模原ダイナボアーズが激突した。

1試合目は秩父宮ラグビー場でダイナボアーズが33-25で勝利していたため、ダイナボアーズが有利な展開だった。シャイニングアークスが残留するためには9点差以上をつけての勝利か3トライ差以上の勝利が必要だった。

16時40分にキックオフされた。前半8分、いきなりダイナボアーズはWTBアライアサ空ローランドが負傷し、CTBでプレーする杉浦拓実がWTBに入った。

杉浦拓実

杉浦拓実


先制したのはシャイニングアークスだった。ボールを継続し、LOジミー・トゥポウからWTB石井魁にオフロードパスが通り、そのままトライを挙げて0-5とした。

だがダイナボアーズもすぐに反撃し、15分、相手のラインアウトの反則からクイックタップでしかけて、最後はCTB奈良望からパスをもらい、内を突いたFBマット・ヴァエガがトライを挙げて7-5と逆転。27分、CTBマイケル・リトルの右奥のキックをWTB杉浦が押さえてトライを挙げて12-5、さらに38分には相手のミスから再びWTB杉浦がトライを挙げて19-5とリードした。

前半終了間際、シャイニングアークスもモールを押し込んで、途中出場のHOセコナイア ・ポレがトライを返して19-12でハーフタイムを迎えた。

イーリーニコラス

イーリーニコラス



後半に入ると、何としても先に得点を挙げたいシャイニングアークスがゴール前に迫るが、ダイナボアーズの組織ディフェンス、ジャッカルの前に、なかなかゴールラインを割ることができない。すると、後半26分、ダイナボアーズCTB奈良が自陣ゴール前で相手パスのインターセプトに成功、90mほど走り込んでトライ。26-12と大きくリードした。

33分にモールからトライを返されたが、39分、ダイナボアーズはキックチャージからチャンスをつかみ、SOイーリ ニコラスが中央左に飛び込んで勝負あり。結局、ダイナボアーズが連勝し、来季のディビジョン1への昇格を決めた。来季、ダイナボアーズにとっては3度目の1部参戦となる。

一方、2010-11シーズンから1部リーグで戦っていたシャイニングアークスは、来季からの再編が決まりNTTグループのシンボルチームに生まれ変わるものの、来季はディビジョン2からのスタートとなった。


ダイナボアーズ:グレック・クーパーHC

D1に昇格することができ本当にエキサイティングな気持ちです。
選手たちの頑張り、ファンのための頑張りが見えて嬉しく思います。

リーダーグループの頑張りも誇りに思います。何人かけが人もいて難しい状況でしたが、安江選手をはじめ冷静にチームとして対応してくれたことも誇りに思います。自分はこれが最後の試合になります。4年間、選手、スタッフ、そして会社、様々な方にサポートしてもらい本当にありがとうございました。最後の試合でディビジョン1に昇格することができ嬉しいです。

安江祥光バイスキャプテン

安江祥光バイスキャプテン

安江祥光バイスキャプテン


難しい状況の中で応援にきてくれたファンの皆さんに本当にいい環境を選手に提供してくれました。ゲーム内容としてはチャレンジャーということで、難しいゲームでしたが、シャイニングアークスさんの胸をかりながら、自分たちの戦いをしました。またファンの皆さんを感動させられるようなプレーができるようにチームづくりをしていきたい。


土佐誠クラブキャプテン

土佐誠クラブキャプテン

土佐誠クラブキャプテン



条件付きの勝負だったんですけど、そこに関係なく、いいラグビーが自分たちでできた。シャイニングアークスさんは1シーズンD1で戦ってきた強さはありましたが、それを受け止める力が自分たちにはあったと思います。D1にいっても、勝ち続けて、シャイニングアークスさんが強敵だったということを証明したいと思います。

クラブキャプテンという役割、特別なことはせず、他のチームメイト、スタッフが自分を支えてくれたので特別大変なことはなかった。自分たちの力を信じていたのでそれをしっかりと出せた結果だと思っています。

FL小林訓也(今季限りでの引退)

小林訓也

小林訓也


今日も両チーム、試合ができたこと本当によかった。僕自身、トップリーグから、15年のキャリアの中で7年という半分以上をNTTコムで過ごしてきました。顔なじみもいたし、ロブ・ペニーHCにもお世話になったので、複雑な気持ちの状態でした。ただ、試合が始まると眼の前のタックルでもブレイクダウンでも、自分の役割を果たせたなと思います。

ラグビー選手としてはいつでも準備することは大事。開幕戦と、そして第2戦、運がよかった。うちもけが人がでて、いろいろと大変でしたが、いい準備ができたことが良かった。古巣と先発出場して戦えるのは本当についているな。先発と言われたときは「きたー!」という感じでした。


ディフェンスに対してチームとしての誇りをもてるようになった。ブラックスというコーチがディフェンスのカルチャーを植え付けてくれて、やってきてさらに自信がつく。相手をしっかり抑えられる。D2くらいだとトライを2本くらいに抑えられるようになった。

この2戦は100点をあげてもいいと思います。古巣と戦うのは特別な力が湧いてくるもんですね。80分動けたし、チームも勝てた。今日の試合でキャリアを終えることになりました。


最後の試合、7年間お世話になったチームとできた。本当に恵まれた。ラグビー選手として、いいものをもらえました。本当に良かった。

WTB杉浦 拓実(前半8分から急虚WTBとして途中出場)

左、ホワイトのヘッドキャップをかぶっているのが杉浦

左、ホワイトのヘッドキャップをかぶっているのが杉浦


前半で勢いに乗れて、立て続けに2本とれて勢いにのれて、そこからディフェンスで粘ることができたのが大きかった。

自分のできることを準備する。70分やりましたが、そのための準備をしてきたのが大きい。

まだまだだと思います。外国人選手、ポテンシャル高い選手が多いので、彼らを抜かないと自分がこのチームにいる意味がないので、そこはもっとやっていきたい。

気持ち、技術面ではまだまだ負けてしまっている。自分のレベルをもっと上げていきたい。

中学生以来のWTBでした。自分の持ち味を生かして、相手の勢いをつけないようにディフェンスするだけでした。そこはCTBとあまり変わりがないです。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ