京都産業大学が15年ぶりに4強入り国立へ!日大は悔しい1点差の敗退 | ラグビージャパン365

京都産業大学が15年ぶりに4強入り国立へ!日大は悔しい1点差の敗退

2021/12/27

文●編集部


26日、熊谷ラグビー場では、第58回全国大学ラグビー選手権、準々決勝、日本大学(関東リーグ戦2位)と京都産業大学(関西リーグ戦1位)が対戦し、27-26と1点差で京都産業大学が勝利し、15年ぶりの4強にコマを進めた。

前半流れを掴んだのは京産大。WTB船曳涼太が敵陣22m手前でステップをきりスペースを走りながらオフロードパス。パスを受けたCTB堀田礼恩が22m内側に入りボールをキープ。船曳がタックルをされた後、すぐに立ち上がり、SH廣田瞬からパスを受け右隅にトライ。

京産大SH廣田

京産大SH廣田

17分、京産大はハーフウェイ付近でSH廣田がジャッカル。敵陣深くに入り込む。ラインアウトモールを組むと日大がペナルティー、アドバンテージがある中、SH廣田がラックから自ら仕掛け相手の隙をついてそのままゴール中央へトライ。12-0とリードを広げた。

追いかける日大は26分、敵陣22mライン手前のラインアウトのチャンス。モールで一気に22m内側、ゴールまで10mと前進。京産大のディフェンスが無人となったブラインドサイドを日大SH前川李蘭が走り抜けトライ。自らコンバージョンも決めて7-12とした。

 

 

そのトライで落ち着きを取り戻した日大は、30分NO8ハラシリの突破から22m内側に切れ込み、すぐさま左オープンサイドにワイドに展開。FB普久原琉が狭いスペースを抜けオフロードをでつなぎ、さらにこの試合6番を付けたFL井上風雅にボールが渡る。誰もがトライと確信したが、背後から京産大WTB船曳がボールをパンチングしボールをグラウディングさせなかった。

 

船曳はさらに35分、日大が再びゴール前に迫ったところ、WTB髙野謙人からボールをもぎ取りピンチを防ぐと、38分、日大が自陣でペナルティー。京産大・FB竹下が落ち着いて決めて15-7とリードを広げて前半を終えた。

前半のミスを取り返すように井上がしっかり2トライを決め役割を果たす

前半のミスを取り返すように井上がしっかり2トライを決め役割を果たす

リードを許した日大だったが、前半の終盤から本来のラグビーができるようになり、その流れを後半もキープ。京産大が46分にPGで21-7とするも、50分と56分に井上の連続トライ。さらに59分にはトライゲッターWTB水間夢翔のトライでついに逆転を果たす。

逆転を許した京産大。「誰一人として諦める選手はいなかった」(平野叶翔キャプテン・京産大)がいうように今シーズン全勝優勝した京産大は、上位校との対戦は常に接戦を勝ちきってきた。そのタイトな試合経験からこの試合でもリードを許しても動じないメンタルを追いかける立場になっても発揮した。

61分、敵陣22m付近のスクラム。日大がペナルティー。FW陣はトライを狙いたいとするも平野キャプテンはショットを選択。関西リーグ戦も竹下の右足で逆転してきた、これまでのかたちで点差を縮める。

68分、京産大は敵陣ゴール前ラインアウトからフェイズを重ねる。ピンチの日大はCTBクワークがジャッカル。ピンチを脱したかと思われたが、そこから京産大の低いタックルが日大に突き刺さり、日大は自陣を脱出できない。すると日大は自陣10m付近でノックオン。京産大ボールのスクラムとなる。

このスクラムで京産大が押してペナルティーを獲得。平野キャプテンはショットを選択。点差は2点。キックが決まれば逆転という場面。緊張感がある中で竹下が落ち着いて決めて京産大が27-26と再び逆転。

残り3分弱、日大が1点を追ってリスタート。前に出るディフェンスで日大にアタックを許さずノーサイド。15大会ぶりの準決勝進出を果たした。

 


京都産業大学 廣瀬佳司監督


日大は強力なチームなので、今日は厳しい試合になると覚悟して臨みました。そのとおりのタフな試合になりましたが、選手たちが体を張って、勝利を掴んでくれた。非常に満足していますし、15年ぶりに国立競技場でプレーができるということでたくさんの方々に喜んでもらえることができました。

 

京都産業大学 平野叶翔キャプテン


今日は試合の前からタフな試合になるということはわかっていました。フィジカルで勝負する日大さんに対してしっかりフィジカルで勝負しようと話して試合に臨みました。その面では戦うことができて前半いいゲームができたんですけど、外に振ってくる日大のアタックに対してディフェンスができていなかったので、もう一度やり直そうとゲームの中で修正しようとしました。試合を通して、諦めることもなく京産大らしい、ひたむきなラグビーができたことが良かった。


(具体的にどんなラグビーが出来た?)ファーストフェイズ、セカンドフェイズでしっかりとディフェンスラインを引いて前に出ようと話をしました。

京都産業大学 WTB船曳涼太


今日の試合は、まず勝てて本当によかった。自分自身のプレーでは最初にトライをすることができ、その流れでディフェンスでもゴールライン直前でボールを奪うことができたり、チーム的にも自分的にもすごく満足できる試合でした。


――トライ。外で勝負する


試合前の練習で、ライン際を走りきってトライをするイメージをもって試合に臨んでいました。それが実際の試合でできてよかった。


京都産業大学 FB竹下拓己


今日はもう勝って絶対国立にいくという思いをみんなが持っていました。接戦になることはわかっていたので、どれだけ僕がゴールを決めるかが重要であることもわかっていました。勝てて本当に嬉しいです。


――最後のキック


2点差という状況で今日は全部決まっていたので、絶対に決めてやる、外れる気は全くしなかったです。(試合前日までキックは好調だった?)徐々にあげていくように調整していました。(風については?)あまり風を深く掴むことができていなかったんですけど、しっかり狙ってけることができた。次の試合も接戦になると思うので、もっともっとキックの練習をしておきたい。


SCOREBOARD

第58回大学選手権・準々決勝 2021.12.26



  • TRY(4)
  • G(3)
  • PG(0)
  •  
  • PENALTY
  • PK(12)
  • FK(1)
  • TRY(2)
  • G(1)
  • PG(5)
  •  
  • PENALTY
  • PK(14)
  • FK(0)

  • TIMELINE

  • 前半9分 京産大 14.船曳涼太 T 0 - 5
  • 前半11分 京産大 15.竹下拓己 Gx 0 - 5
  • 前半19分 京産大 9.廣田瞬 T 0 - 10
  • 前半20分 京産大 15.竹下拓己 G 0 - 12
  • 前半28分 日本大 9.前川李蘭 T 5 - 12
  • 前半29分 日本大 9.前川李蘭 G 7 - 12
  • 前半39分 京産大 15.竹下拓己 PG 7 - 15
  • 前半4分 京産大 15.竹下拓己 PG 7 - 18
  • 4分6分 京産大 15.竹下拓己 PG 7 - 21
  • 6分後半 チーム名 #.Name 種 H - A
  • 6分10分 日本大 6.井上風雅 T 12 - 21
  • 6分11分 日本大 9.前川李蘭 G 14 - 21
  • 6分16分 日本大 6.井上風雅 T 19 - 21
  • 6分17分 日本大 9.前川李蘭 Gx 19 - 21
  • 6分19分 日本大 11.水間夢翔 T 24 - 21
  • 4分20分 日本大 9.前川李蘭 G 26 - 21
  • 4分24分 京産大 15.竹下拓己 PG 26 - 24
  • 4分36分 京産大 15.竹下拓己 PG 26 - 27

  • MEMBER_日本大学

  • 1 鈴木哉斗 後半5分 OUT → IN 16 竹内治人
  • 2 林琉輝
  • 3 山内開斗 後半36分 OUT → IN 18 岩上龍
  • 4 趙誠悠
  • 5 テビタ・オト 後半5分 OUT → IN 20 佐川奨茉
  • 6 井上風雅 後半36分 OUT → IN 19 熊谷幸介
  • 7 飯田光紀
  • 8 シオネ・ハラシリ
  • 9 前川李蘭
  • 10 饒平名悠斗 後半5分 OUT → IN 23 ナサニエル・トゥポウ
  • 11 水間夢翔
  • 12 フレイザー・クワーク
  • 13 広瀬龍二
  • 14 髙野謙人
  • 15 普久原琉
  • 16 竹内治人
  • 17 明光棟吾
  • 18 岩上龍
  • 19 熊谷幸介
  • 20 佐川奨茉
  • 21 森口公暉
  • 22 徳永優太
  • 23 ナサニエル・トゥポウ

  • MEMBER_京都産業大学

  • 1 野村三四郎 後半36分 OUT → IN 17 木村圭汰
  • 2 梅基天翔 後半36分 OUT → IN 16 桝屋直杜
  • 3 平野叶翔
  • 4 フナキ・ソロモネ
  • 5 アサエリ・ラウシー
  • 6 福西隼杜
  • 7 三木皓正
  • 8 藤井颯 後半12分 OUT → IN 20 ヴェア・タモエフォラウ
  • 9 廣田瞬
  • 10 家村健太
  • 11 松岡大河
  • 12 ヴァカラヒ・ジェイミー 後半12分 OUT → IN 22 西仲隼
  • 13 堀田礼恩
  • 14 船曳涼太
  • 15 竹下拓己
  • 16 桝屋直杜
  • 17 木村圭汰
  • 18 杉本祐太
  • 19 井上康晴
  • 20 ヴェア・タモエフォラウ
  • 21 土永旭
  • 22 西仲隼
  • 23 高井良成
  • 日本大学 中野克己監督


    結果としては、風が吹く中、マネジメントの差が出たかなというところと、後半、風下ということで思い切って攻めていこうとハーフタイム送り出しましたが、はまればひっくり返すこともできたのですが、最後の詰めがもう一つ足りなく、小さなミスが出てしまったことが残念。80分通して、飯田キャプテンを中心にファイトしてくれたことは、選手たちを誇りに思っています。


    ――京産大について


    FWを起点に力強いラグビーをするチーム

    日本大学 FL飯田光紀キャプテン


    今日の試合は、最初は京産大さんの波にに飲まれてしまって、タックルが刺さってなかなか前にでることができなかった。またトライも許してしまいました。後半、普通にラグビーができるようになり、追い上げましたがペナルティーゴールを狙われて1点差で負けてしまってしまいました。

    試合前に京産大の強みはスクラムのところだと思っていました。今日はスクラムの少ない試合でしたが、自分達のペナルティーが多かったところやラインアウトのところで相手に競られて、いいボールが出せなかったことが結果につながってしまいました。

    日本大学 HO井上風雅


    トライゾーンでの自分のミスで、1点差で敗れてしまったんですけど、来年はこの悔しさを盾に来年は優勝を狙ってチーム一丸になって頑張っていきたい。

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ