初戦黒星した天理大、この負けをチームの成長の原動力に | ラグビージャパン365

初戦黒星した天理大、この負けをチームの成長の原動力に

2021/09/20

文●編集部


昨年選手権を制し、大学日本一となった天理大学。決勝の舞台に立った選手のうち半分以上は卒部し、世代交代となった今シーズン。春季大会では同志社大学に決勝で敗れた。2年ぶりの菅平での合宿では、明治大に10-28と敗れた。シーズンの開幕戦となった近大戦では自分たちのミスから少ないチャンスをものにできず、逆にチャンスを確実にスコアにつなげた近大に後半リードを広げられ7-23と敗れた。リーグ戦での連勝記録「32」が止まったがこれからリーグ戦、そして選手権とまだまだ先は長い。この試合をチームの成長につながるものにしたい。試合後の小松節夫監督、佐藤康キャプテンが話したこととは。

「この負けをどう生かすか。次に向けてどうチームを作っていくか」天理大学・小松節夫監督

前半、風下で1つ取られて、後半、巻き返そうと思ったが、なかなかチャンスがなくて自陣での戦いを強いられた。敵陣に入るチャンスはあったが自分たちのミスや反則でチャンスを活かすことができなかった。後半ほぼチャンスがなくて、近畿大さんが得点を重ねて負けてしまった。関西で負けるのは本当に久しぶりで、この負けをどう捉えるか考えて、チームで諦めずに頑張って行きたい。

――セットプレー、キックと相手が強みを出してきた


もう少しフィジカルのところで勝負したかったが、ちょっとサポートが遅れたところで、近畿大さんのBDの圧力は正直、予想以上にプレッシャーをかけられて、慌ててミスが出たり、いいテンポでボールがでなかったところはあります。


――前半スコア動かなくて、先に取られてハーフタイムを迎えた


前半、あんまりチャンスがなくて、近大のペースで動いていた。その中でディフェンスミスで1本取られただけだったので、チームとしてはまだまだ行けるぞ、後半、自分たちのラグビーをしてプレッシャーをかけようと送り出した。


春からけが人が多く思うようなメンバーで組めていない。残っているメンバーで、今のメンバーがベストとやってきたが、多少の心配はあった


1週間空くので、もう一度、しっかり今日の試合を見直して次戦に向けて修正してやっていきたいなと思います。


――連覇のプレッシャーの影響はあったか?


連覇のプレッシャーというのはもちろん、今年、新しいチームなので日本一を目指すとやってきた。春からケガ人が多くて思うようなメンバーで組めていない。残っているメンバーで、今のメンバーがベストとやってきましたが、多少の心配はありました。


――32連勝で止まりましたが

いつか負けるので、負けは残念ですが、逆にこの負けをどう生かすか、次に向けてどうチームを作っていくかだと思います。


――1年生ハーフ団の評価は?


このプレッシャーの中で十分に頑張っていたなと思いますが、1年生に負担がかかっていたなと思います。みんなで戦っていくことができればのびのびできるかなと思います。これも一つの経験なので、次に向けてよくなってくれればと思います。

「勝手に相手にチャンスを作ってしまったことが敗因」天理大学・HO佐藤康キャプテン

自分たちのペナルティーで、相手の思うようなアタックをさせてしまった。引いて、引いて、受けて、受けて、相手ペースになってしまった。自分たちがやることができず、相手のペースになってしまった。
前半チャンスで取り切れず、ずるずる行かれて、後半、ペナルティーで自陣に戻る。勝手に相手のチャンスを作ってしまったことが敗因かなと思います。

――相手はセットプレー、キックで相手が強みを出してきた


セットプレー、得にスクラムを準備してきたが、そういったところで用意したところができずプレッシャーを受けて負けにつながってしまった。


――ハーフタイムはどう声掛けをした?


ペナルティーが多くて敵陣に行けなかったので、敵陣に行こうと声をかけました


――次戦に向けて


次始まったばかりなので、下を向いていてもはじまらない。次戦に向けて修正できるところは修正していい試合ができるように頑張りたい。


――スクラムでどのようなプレッシャーを受けていたが


相手の1番の紙森選手に負けないように組もうと言っていたが、そこでプレッシャー受けてしまった。8人全体でいいスクラム組めるように頑張って行きたい。


――連覇のプレッシャーはあったのか?


自分たちが日本一のチームということで、近大さんがどんどんプレッシャーをかけてチャレンジしてきて、それを受けてしまったのが敗因。自分たちの不甲斐なさが負けた原因かなと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ