三浦昌悟・立川理道、ベテラン二人がもたらすものは―JAPANXV・マオリ第2戦前日練習 | ラグビージャパン365

三浦昌悟・立川理道、ベテラン二人がもたらすものは―JAPANXV・マオリ第2戦前日練習

2024/07/05

文●編集部


6日に行われる「リポビタンDチャレンジカップ2024」マオリ・オールブラックス第2戦を前に、PR三浦昌悟(トヨタヴェルブリッツ)とSO/CTB立川理道(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)が会見に応じた。

――今週から日本代表活動に戻ってきました。エディーはロールモデルになってほしいと期待していました


立川 代表に戻ってこられて嬉しい気持ちもありますが、矢崎は15個下で、かなり年齢の差はありますが、練習も含めてハードワークすることが仕事の一つですし、それ以外のところでもサポートできるところもある。若い選手、メンバーが身体張っている中で、自分が求められているものがあるのかなと思っています。

今週から合流したので、わかっていないところもあるが若い選手、リーダーが先頭に立ってハードワークしてすごく頑張っている。何かしんどいときに、一言、二言と言える存在でいたい。本当に齋藤、原田、リーダー陣がまとまっていて、いいチームになっていっていると思います。


代表活動に復帰した立川理道

代表活動に復帰した立川理道



――1戦目、スクラムいい感触だったと思いますが


三浦 菅平合宿から始まって、最初野うちは試合なんてできないくらい全然組めていなかったが、毎練習、みんなでいいスクラムを組めていた。前回のマオリ戦も月曜日から、スクラムでプレッシャーをかけていくと話していたので、プラン通りできたかなと思います。


――コーチ2人の指導がプラスに?


三浦 ハッツとオーウェンで細かいコネクションのところ、1番、2番、3番、バックファイブを含めて進めてくれて、僕も含めて若い選手も多いのですが、オーウェンのスキルの引き出しがすごく役に立っている。
足の位置を少し下げてみるとか、いいアドバイスを受けて毎回やっています。





――コーチ2人の指導がプラスに?


三浦 ハッツとオーウェンで細かいコネクションのところ、1番、2番、3番、バックファイブを含めて進めてくれて、僕も含めて若い選手も多いのですが、オーウェンのスキルの引き出しがすごく役に立っている。
足の位置を少し下げてみるとか、いいアドバイスを受けて毎回やっています。


――スクラムの組み方は以前の代表チームと違いは?


三浦 大きく変わらないが、慎さんときは慎さんのシステムがしっかりあって、全員が役割が明確になっていた。いまはハッツとオーウェンのスクラムの構想があって、一人、一人役割があるの変わらず、大きく変わらないかなと思います。(違いは)今のスクラムは1、2、3のコミュニケーションが大事で、全員で組み立てていく、全員でよりよくなっていくとうのは大きく違うかな。


地元・豊田で勝負することができるか。三浦昌悟

地元・豊田で勝負することができるか。三浦昌悟




――1週間でアジャストするのは難しくなかった?
立川 コーチの浅田さん、ダン、エディーさんもそう、そこからコミュニケーション取っていくことから始めて、選手にも聞いてなるべく早く馴染めるようにやっていった。もともとゲームを速く動かすという点では、そんなに苦しむことなくできたかな。サインのコールとか細かいところとか、ちょっとずつ覚えていって馴染んだかなと思います。


――以前のエディーさんと違いは?


立川 大きく変わることはないが、練習の中でも以前はリードするのはエディーだったが、ダン、ハッツがリードしている。見守っているというか、何かあればアドバイスしている。ミーティングもかなり短くなっている。選手との関わり方は、以前よりも密に若い選手と取っているのかなと思います。


――超速ラグビーへの理解は


立川 ボールをよく動かすのは間違いないですが、ただ横に動かすだけでなく、サポートの寄りもそうですし、そこから球出しして的確な場所、スペースにボールを運ぶことが大事になってくると思う。そこから勢いを生んで、その勢いを止めないようにみんなで動いていくのが超速ラグビー。この1週間、先週の反省を踏まえて成長できている部分かなと思います。


――10番、12番、両方やる?


リザーブですし、10番、12番で準備しています。


――エディーさんは10番としての期待もあるようだが


10番も今季やっていましたし、昔もやっていて、離れている時間もあったが、できないことはないんじゃないですか。状況に応じて12番で出たら12番の役割やりますし、10番で出たらチームを動かす役割があると思うのでリードしていきたい。


――次のW杯は37歳で向かいますが・・・


正直、そこまで考えられてないですし、今週合流して、ハードな練習に自分も追い込まれた。W杯という目標に自分自身の考えはないですが、本当に、1日、1日、この1週間チームのためにできることを一生懸命やることが自分に必要なこと。そこはあまり考えずに毎日、一生懸命やっていきたい。


――オフの期間だったが、身体を休めていた?


立川 そうですね、打診というか、もしかしたら呼ぶかもしれないので準備しておいてくださいとシーズン後にはあった。ただケガで菅平には行くことできなかった。身体を動かすのはしっかりしておきながら、いつ呼ばれても、と準備はしていました。合流初日の月曜日の練習はめちゃくちゃ厳しかった。試合をしたメンバーは疲労がたまったままやって、自分たちの目指す方向にやっていた。


――先週はモールで取れなかったが今週はどんな練習は


三浦 先週はモールで取り切れなかったのが敗因の一つになったので、毎日、取り組んでいて、日本として低さで勝つということと、意識レベルを上げて、絶対にトライを取って返るマインドでやっている


――2014年のマオリ戦は1回目は大敗で、2試合目は縮まったが・・・


立川 2014年の結果は1戦目で大敗し、2戦目が接戦になったが、メンバーも変わっているので参考にならないのかな。先週からの反省を日本もマオリもしているだろうし、マオリが2戦目、自分たちにどういうことしてくるかという話し合いをしている。

向こうは向こうで超速ラグビー、速いプレーをさせないようにしてくると思うので、やりたいラグビーをやるために、一人ひとりの役割を全うすれば勝利が見えてくる。明日の試合は先週よりもさらに成長したJAPAN XVを見せられるという自信を持って臨みたい。


――2012年のエディーの最初の頃も勝てなかったが、今も勝てていない。今後はどうなると思う?


立川 代表の試合は勝たなければならないですし、どういうメンバーであれ、結果が求められる。関わった選手はコミットすることが大事です。選手たちは日々、成長していると思いますし、若い選手もハードワークしているし、現状を受け入れながらやっている。この先、若い選手が成長しながら進んでいけば、W杯はいい結果が待っていると思う。今は土台になっていると思うので、ファンの人たちは結果だけで判断してほしくないというのはあるが、勝たなければいけないし、負けてもいいという気持ちが少しでもあれば結果はついてこない。ファンの人は厳しい目で見ながら、いろんな角度から見てほしいですが、選手たちは一戦一戦、真剣勝負で勝ちにいきたい。


――エディーが立川かと矢崎が話していて ジェネレーションギャップがあった


立川 覚えていないですね。それ(ジェネレーションギャップ)は多々あります。15も違うので(苦笑)。矢崎も森山もそうですが、歳が離れた選手が多いですが、積極的に話をしてくれる選手が多くて助かっています。離れすぎていて、知っている選手もいるが、知らない選手が大半なので、孤立してしまうのかなと思っていたが、馴染めたきっかけは若い選手が会話に入ってきてくれたし、自分の言ったことにいろんな反応したことで馴染めたと思う。今の代表選手は明るいですし、積極的に取り組んでいる。


――先週の試合はチャンスありながらトライできなかった。決定力をどう上げたいか?


三浦 決定力はFWの部分は一番はモールだと思うので、強い意志を持って、いい準備ができているので、それをグラウンドで体現するだけかなと思います。

立川 モールを起点にトライを取っていくということは第1戦は、仕上げとしてはできなかった。最初のトライくらいだった。チャンスを活かしきれなかったので、1週間、モールだけじゃなく、チャンスを生み出したとき、 フィニッシュまでもっていくというのは1戦目より、良くなっている。モールを押し切れなかったら、どう組み立てるかもやってきたので成長を見せたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ