7人制男子日本代表が府中合宿を開始・彦坂匡克「いい準備をすることが大事」 | ラグビージャパン365

7人制男子日本代表が府中合宿を開始・彦坂匡克「いい準備をすることが大事」

2020/09/24

文●編集部


9月23日(水)~9月27日(日)まで東京・府中市で男子SDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)17人が集い、来年に延期された東京五輪に向けて合宿を行っている。24日(木)、リオ五輪にも出場した彦坂匡克選手(トヨタ自動車)がオンラインで報道陣に対応した。


自分の立ち位置は変わっていない「明るくいる」

――今回の合宿から変わったことは?


セブンズ日本代表は、少し制限ありますが元気に練習しています。この合宿から少しずつ練習のボリュームも上がってきて、個人的にはフィットネスのレベルが上がった感じがします。コンタクトの部分も上がってきていますね。前(回の合宿)まではスキルが多かったが、今回の合宿から実際に体を当てるコンタクトの練習が入ると聞いています。コンタクトの部分でも強度は上がっています。(自分の数値ではなく選手に課せられる強度が)きつくなっています。フィットネスは特に。S&Cの坂田(貴宏)コーチの目が輝いていますね。個人的にはちょっときついですね(苦笑)

――今日のメニューはどんな感じでしたか?


午前はユニットとウェイトのトレーニングをやって、午後はスプリントのトレーニングをして、長い距離を走るトレーニングをして、スピードチェンジ、スピードとフィットネスが合わさったものを3種類やったあとにスキルのトレーニングをして、3~4メニューした後に、ひたすら90秒ボールを動かし続けるメダルチャレンジ。90秒2回を3セットやりました。

――自粛期間はどう過ごしていましたか?


個人的にですが、そこまで自粛期間、東京五輪の(1年の)延期とか深くネガティブに捉えることがなく、「あ、一年延期になったな」くらいの感覚でいたので、そこまで追い詰められていることはなかった。練習できない期間はあったが、それまですごく練習していたので、これは休めるなと思って結構思いっきり休んでしまいましたね。ストレスはほぼなかった。みんなに会えないのだけが寂しくてストレスでした。(今はみんなに会えて)めちゃくちゃ楽しいですね!

――久しぶりに会ったメンバーをみて感じたことは?


今まで、別府(合宿)しか行っていなかった。東京(合宿に参加していた)のメンバーめっちゃ走れていますね。別府(のメンバー)が走れていないわけではないですが。みんなめちゃめちゃいい顔しています。走れているという部分では(藤田)慶和が走れています。今日、ぶっちぎり走れていました!


――リオ五輪も経験しました。チーム内でもベテランとなってきたが、立ち位置とか役割とか変化を感じていますか?


リオ五輪の時から、自分の立ち位置はそれほど変わっていないと感じていて、明るくいるのが自分の立ち位置なのかなと、そこは変わっていないですね。周りもおそらくそういう感じで見てくれているのかなと感じています。(延期になったことで代表チームを)辞めちゃった選手もいますが、辞めてない選手にいい影響を与えられていればいいなと思います。楽しく一緒にやれていれば。

(東京五輪を断念した福岡選手には)声をかけていないですね。堅樹もセカンドキャリアもあると聞いていたので、本人が決めたことなので、応援していますね。もちろん一緒にやれれば良かったですが。

――五輪経験者もチームに少なくなってきたが、リオ五輪の経験をどう伝えたりしている、これから伝えようとしているのか?


リオ五輪で一番感じたのは、いい準備ができていることがすごく大切だということ。予選初戦のNZ戦とか、イギリス、ケニアの試合の時は、対戦相手が決まった時から、長い時間をかけてその対戦相手のことを研究して準備できていた。今回も準備の大切さを伝えられればいいなと感じています。自分たちのやりたいこと、やること、どういう風なテンポで試合に入るとかなど、全部決めてやっていたので、やること明確でわかりやすかったですね。

(準備の大切さを共有している?)準備というところでは、(2月に南米で開催された)チャレンジャーシリーズで、みんなで担当決めて分析していたので、そこはかなりいい準備ができていたと思います。(分析は)リオのときはほとんどやってもらっていた。自分たちも少しはやっていたが、当時の瀬川智広監督や分析の中島正太さんが主にやってくれていた。今回は選手も自分たちでゲームプランこういう感じとすりあわせてシェアしています。

――1年延期でポジティブに捉えられているというが、WS(ワールドシリーズ)の参加が決まっているが年内の試合はなくなるなど、試合に向けて準備が見えない中で、楽しくモチベーションを上げていくコツはあるのか。


結構、楽観的なところもあると思うのですが、もちろん、WSに行きたいという気持ちも強くあるが、毎回の合宿に、先のこと、ゲームのことはあまり考えてなくて、次の合宿どうやっていくかとか、オフの日どうリラックスするかとか、ラグビー関係ないところで言うと、例えば自分がチャンネル登録しているYoutubeの新しいものが出るのを楽しみに練習乗り切るとか、結構そんなに先のことを考えずにやっています。


――セブンズに今に専念しています。その最大のモチベーションは?


最大の目標は東京五輪ではあるけど、あまり深く考えていなかったけど、やはり試合できるというのが一番のモチベーションです。正直、セブンズに来る前はトヨタ自動車の方で出られていなかったので、こっちだと必要としてもらえて試合に出られます。


――現在のチームの強みは?


(チームの)強みはコアチームで戦った選手が多くいること。全部の大会1シーズン、一年通して戦ったことがある選手が結構多いのが、強みです。僕は実は(1シーズン通して)戦ったことがない。僕が来る前にワールドシリーズ出ている選手がいる。一年間戦えているのは羨ましい。

(WSを1年戦うとその) 良さは個人的に見て、経験をたくさん積めているのがいいと思います。アジア(シリーズ)とWSは差がある。アジアでも強度高い試合はできるが、WSはちょっと違って、緊張感の中で強度もクオリティーも高い試合ができるのが貴重でいい経験になった。それをWSで1年間戦いきったことが財産になっていると思います。


――東京五輪に向けて個人、チームの目標をお教えください。


個人としては東京五輪に出場すること。そこで結果を残すのもそうだが、それよりもそこに向けて良い準備をすること、選ばれるかどうかは自分でコントロールできないことなので、そこに向けて選ばれるようにいい準備をしていきたい。チームとしてはやはりメダル。前回4位だったので、メダル獲得に向けてチャレンジしているのでそこを目標に頑張りたい。


――リオ五輪経験した選手が抜けた。不安や戦力的に落ちてしまった、逆に新戦力がいるからプラスになっていることは?


不安ではないですが、個人的にすごい仲が良かった後藤輝也(NEC)が抜けてさびしいですね。次に向けて不安はなくて、前回出られなかった(松井)千士や(藤田)慶和がすごく成長していて、モチベーションも高くリーダーシップを発揮してやってくれている。そういう選手が多いので、戦力というところに不安はないですね。


――2019年ワールドカップを見て、どう感じたか。それをセブンズでどう生かしたいか。


W杯はファンとして見ていました。トヨタスタジアムでサモア戦を見たんですが、声だして応援していました。(トヨタ自動車でチームメイトのFL)姫野(和樹)もそうですが、RP木津(悠輔)、SH茂野(海人)がいつ出るのか(と思って見ていました)。(セブンズでチームメイトだった)マノ(WTBレメキ ロマノ ラヴァ)も出ていましたね。見ていて楽しかった。結果を残してくれた。

その結果を受けて、15人制の方々がラグビーの上昇気流を作ってくれたので、それに乗っかりたい。流れに乗って、7人制ラグビーのオリンピックもそういう流れで見てくれる人もいると思うので、自分たちも結果を残したいと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ