東海大大阪仰星が6年ぶり2回目のセブンズ頂点へ!「チャンピオンジャージ」に込めた思い | ラグビージャパン365

東海大大阪仰星が6年ぶり2回目のセブンズ頂点へ!「チャンピオンジャージ」に込めた思い

2021/07/20

文●編集部


17日~19日まで開催された「第8回全国高校7人制ラグビー大会」は3日目、カップトーナメント、プレートトーナメント、ボウルトーナメントの準決勝、決勝ならびに順位決定戦が行われた。2日目に続き、強い日差しが照りつけ暑い環境の中、高校フィフティーンたちが熱い戦いを繰り広げた。

予選プール1位が進出したカップトーナメントを制したのは、東海大大阪仰星。準決勝で15人制春の選抜大会を優勝した東福岡との試合では、前半7-7の同点で折り返し、後半、東福岡が怒涛の攻撃。仰星は自陣ゴール前でディフェンスの時間帯が続いた。

それでも接点の攻防で仰星が上回りゴールを許さない。すると5分、自陣ゴール前のルーズボールを石田太陽(3年)がキープすると自陣10mあたりまでボールをキャリー。後ろからサポートしていた春名海輝(3年)につながり、そのまま50mを走りきりトライ。

試合終了間際にも、中俊一朗(2年)が同様に相手ボールをターンオーバーし、カウンターアタックでトライ決め勝負あり。14-7で決勝進出を決めた。

決勝の相手、國學院栃木は、5月に行われた関東大会を優勝し今大会でも予選プールでは圧倒的な勝ち方、さらに1回戦・2回戦でも接戦をしっかりと勝ちきってチームに自信がみなぎっている勢いのあるチーム。

仰星が前半1分、春名海輝が先制のトライを決めると、國學院栃木も3分、青柳潤之介(3年)のトライで7-7の同点に。それでも前半終了間際、薄田周希がゴール前のラックからピックアンドゴーでトライ。12-7とリードをして後半を迎える。

後半4分、松沼寛治が敵陣22m付近から目の前にディフェンダー2人がいたものの、仕掛け最後は1人をひきずりながらトライ。17-7とリードを広げる。

國學院栃木もこれで終わらない。5分、青柳が敵陣10m付近でボールをもつと目の前には3人のディフェンダー。チェンジオブスピードで3人を抜き去るとそのままゴール中央へトライ。14-17と3点差に迫った。

後半ロスタイム、國學院栃木はラスト・ワンプレーで自陣から攻めるも敵陣に入り込むことができずノーサイド。17-14で東海大大阪仰星が勝利し、2015年第2回大会以来6年ぶりの2回目の優勝を果たした。


「7人制なので見ている人がワクワクするようなラグビーを」東海大大阪仰星・湯浅大智監督

――優勝して率直な感想は?


とにかくトップを目指してきたので、嬉しいの一言です。真面目でハードワークできる選手が多いので信頼はありますが、7人制は遊び心というか、ボールゲームを楽しむ観点も必要なので、そこに関して(今日は)声をかけました。

セレクションポリシーそのものもふられないでスコアしようとトレーニングしてきたが、昨日、すごくコンタクトしにいっていたので、いろんな人に15人制みたいと声をかけられたので、せっかく7人制なので見ている人がワクワクするように、ボールをつなぐラグビーをしようねと話をしていました。

――2回目の優勝です


全国大会なので嬉しいですね。このグラウンドを7人で、ディフェンス、一人一人のタックルと責任を全うしたなと思います。そのレベルからチームの全員が今回のゲームを糧に成長して冬に向かって行きたい。


――セブンズの全国大会は2年ぶりの大会になりました


菅平高原というラグビーの聖地に帰ってきた、こともありあますが、お宿の方々の顔を見られて嬉しいなと思います。開催されたことに感謝の気持ちでいっぱいです。大会をなくすことは簡単だが、withコロナと言いますが、たくさんの人が方策を練っていいものを作りだすことができるきっかけになる大きな意義があると思います。


――冬に向けて


7人制大会で(全国)優勝できましたが、参加されたスタッフ、選手はここで気持ちを高められたと思うので、いろんな人の縁を大切して、最後の最後まで奢らず、精一杯やりたいと思います。(今季のチームの強みは)ひたむきに真面目にハードワークですね。遊び心ないので、いろんなスペースみたり、ボールゲームを楽しんだりするところが伸びたらいいなと思います。


――2015年の優勝ジャージーを着て戦った意味は?


この大会の歴史とか、いろんな縁に意味合いがある。いろんな事情があるがアシックスさんの尽力がありここまできた。また決勝を戦うにあたって(花園では2年連続)ベスト8、今年の春もベスト4。(選手たちの中に)『本当に勝てっていいのかな』という気持ちが心に湧いているかもしれない。

そこで、アメフトのノートルダム大の選手たちが『Play Like A Champion』というサインにタッチしてからスタジアムに入っている話をし、チャンピオンという自覚を持ってやってほしい、誇りを持って臨めばいいと話をして(優勝ジャージーを着て決勝に)臨みました。



東海大大阪仰星 ④春名海輝

(準決勝のトライセーブしたタックルは)絶対取らせない、勝ちきるという気持ちでやり切りました。(準決勝、決勝でトライも挙げたが)LO、FLやる上で、スピードとフィットネスを強化してFWの仕事も両立できることを目指してやっていたのでそれが出せました。


東海大大阪仰星 ①薄田周希キャプテン

全員でボールをつないでトライを挙げられたのが喜びです。1日1日の修正点を見つけて次の試合に臨みました。(今日は)遊び心をテーマにやりました。あくまでもここも通過点なので、冬まで積み上げて、冬でも優勝ができるように頑張っていきたい。(昨年は菅平に)来られていないが、日常生活のマナーをしっかりやろうと心がけました。(菅平は)涼しいのでラグビーがやりやすいと思います。


東海大大阪仰星 ⑪御池蓮二

自分たちがすべきことにフォーカスしてタイトルが獲れました。(MVPが取れたことに関しては)すごく嬉しいです。チームメイトのおかげでここに来られたと思います。チームメイトがカバーしてくれました。ありがとうと言いたいです。




ステップという一番の武器なので、(ステップで)アウトでプレーしたのが自信になります。インにステップを踏んでしまうと敵が増えてしまうのでアウトプレーにこだわろうと思ってやっていました。

冬に向かって局面を打開するという課題があるので、厳しい状況をどうやって打開するかをテーマにやっていきたい。

今大会の全順位

昨年大会は中止、今大会は無観客という制限はあったものの無事に3日間の日程をすべて終えた。3つのトーナメントでMVPが選ばれた。

左から蓬田、御池、濱谷

左から蓬田、御池、濱谷

カップトーナメントMVP 御池蓮二(東海大大阪仰星)
プレートトーナメントMVP 蓬田雄(流経大柏)
ボウルトーナメントMVP 濱谷海斗(札幌山の手)



カップトーナメント

優勝 東海大大阪仰星



國學院栃木

國學院栃木

2位 國學院栃木

東海大相模

東海大相模

3位 東海大相模

東福岡

東福岡

3位 東福岡

石見智翠館

石見智翠館

5位 石見智翠館

御所実業

御所実業

6位 御所実業

茗渓学園

茗渓学園

7位 茗渓学園

早稲田実業

早稲田実業

7位 早稲田実業

桐蔭学園

桐蔭学園

9位 桐蔭学園

報徳学園

報徳学園

10位 報徳学園

長崎北陽台

長崎北陽台

11位 長崎北陽台

秋田工業

秋田工業

11位 秋田工業

尾道

尾道

13位 尾道

高鍋

高鍋

14位 高鍋

佐賀工業

佐賀工業

15位 佐賀工業

15位 倉敷

プレートトーナメント

予選プールの初戦は報徳学園に完封負けを喫した流経大柏だったが、その後立て直しプレート優勝を果たした。

予選プールの初戦は報徳学園に完封負けを喫した流経大柏だったが、その後立て直しプレート優勝を果たした。

優勝 流経大柏

準決勝の京都成章戦は、前半だけで17点差をつけられた仙台育英は劇的な逆転勝利で決勝進出を果たした

準決勝の京都成章戦は、前半だけで17点差をつけられた仙台育英は劇的な逆転勝利で決勝進出を果たした

2位 仙台育英

京都成章

京都成章

3位 京都成章

日本航空石川

日本航空石川

3位 日本航空石川

大分舞鶴

大分舞鶴

5位 大分舞鶴


日川

日川

6位 日川

名古屋

名古屋

7位 名古屋

松山聖陵

松山聖陵

7位 松山聖陵

滋賀学園

滋賀学園

9位 滋賀学園




青森山田

青森山田

10位 青森山田

読谷

読谷

11位 読谷

開志国際

開志国際

11位 開志国際

朝明

朝明

13位 朝明

黒沢尻北

黒沢尻北

14位 黒沢尻北

15位 山形中央

15位 東農大二

ボウルトーナメント

札幌山の手

札幌山の手

優勝 札幌山の手





城東

城東

2位 城東

関商工

関商工

3位 関商工
3位 土佐塾

熊本

熊本

5位 熊本
5位 大津緑洋

鹿児島実業

鹿児島実業

7位 鹿児島実業
7位 浜松工業

深谷

深谷

9位 近大和歌山
9位 深谷

磐城

磐城

11位 磐城
11位 坂出第一
13位 若狭東

岡谷工業

岡谷工業

14位 岡谷工業
15位 富山第一
15位 米子工業

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ