高校セブンズ頂点へ・大会2日目-報徳学園、東海大大阪仰星、國學院栃木、東福岡が4強 | ラグビージャパン365

高校セブンズ頂点へ・大会2日目-報徳学園、東海大大阪仰星、國學院栃木、東福岡が4強

2022/07/17

文●編集部


7月17日、長野県・菅平サニアパークで行われている第9回全国高校7人制ラグビー大会は2日目、カップ、プレート、ボウル、3つのトーナメントに分かれ、1回戦と2回戦が行われ、各トーナメントの準決勝進出する12チームが決まった。

カップトーナメント

予選プール1位チームによるカップトーナメント1回戦・2回戦試合結果、準決勝のカードは以下のとおり。


<1回戦>
佐賀工業 40‐0 早稲田実業
朝明 5‐37 報徳学園
大分東明 12‐28 尾道
東海大大阪仰星 50‐0 松山聖陵
流経大柏 40‐5 岐阜工業
光泉カトリック 0‐33 國學院栃木
桐蔭学園 19‐20 茗溪学園
京都工学院 5‐36 東福岡

<2回戦>
佐賀工業 10 - 26 報徳学園
尾道 7 - 33 東海大大阪仰星
流経大柏 12 - 17 國學院栃木
茗溪学園 12 - 16 東福岡

流経大柏との接戦に勝利した國學院栃木

流経大柏との接戦に勝利した國學院栃木



<準決勝>
報徳学園 - 東海大大阪仰星
國學院栃木 - 東福岡


春選抜優勝の報徳学園、夏連覇を狙う東海大大阪仰星、昨年の花園で準優勝の國學院栃木と春選抜準優勝の東福岡の4校が準決勝進出を決めた。

トライにゴールに活躍した東海大大阪仰星の増山

トライにゴールに活躍した東海大大阪仰星の増山



國學院栃木・伊藤主将

國學院栃木・伊藤主将



キックオフからチャンスメイクをした東福岡の大川主将

キックオフからチャンスメイクをした東福岡の大川主将


プレートトーナメント

予選プール2位同士のプレートトーナメント1回戦・2回戦試合結果、準決勝のカードは以下のとおり

<1回戦>
仙台育英 24‐5 坂出第一
熊本西 0‐29 高鍋
春日丘 29‐20 明和県央
倉敷 5‐17 常翔学園
コザ 17‐33 長崎北陽台
城東 19‐12 天理
日本航空石川 14‐7 近大和歌山
開志国際 26‐12 東海大翔洋

<2回戦>
仙台育英 21 - 7 高鍋
春日丘 7 - 47 常翔学園
長崎北陽台 31 - 21 城東
日本航空石川 14 - 33 開志国際


<準決勝>
仙台育英 - 常翔学園
長崎北陽台 - 開志国際

ボウルトーナメント

<1回戦>
米子工業 5‐21 岡谷工業
昌平 中止 札幌山の手
秋田工業 57 ‐0 若狭東
青森山田 43‐12 黒沢尻工業
富山第一 14‐20 勿来工業
東海大甲府 35‐19 土佐塾
石見智翠館 49‐10 鹿児島実業
大津緑洋 36‐12 山形中央

<2回戦>
岡谷工業 0 - 43 札幌山の手
秋田工業 21 - 24 青森山田
勿来工業 19 - 22 東海大甲府
石見智翠館 33 - 21 大津緑洋

<準決勝>
札幌山の手 - 青森山田
東海大甲府 - 石見智翠館

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ