いよいよ最終週!大学選手権の出場をかけた熱い戦い。対抗戦を制するのは早稲田か明治か。関西の残る1枠は果たして | ラグビージャパン365

いよいよ最終週!大学選手権の出場をかけた熱い戦い。対抗戦を制するのは早稲田か明治か。関西の残る1枠は果たして

2019/11/28

文●編集部


第56回全国大学ラグビー選手権大会出場をかけた関東・関西での戦いはいよいよ今週が最終週。試合結果によって選手権を制覇する上での重要な組み合わせが決まる。

第56回大学選手権組み合わせ

 

関東対抗戦|全勝対決で迎える早明戦。チケットは完売!

まずは関東大学対抗戦から見ていこう。12月1日に行われる「早明戦」の勝者が1位。敗者が2位となる。1位の場合、初戦は21日(土)の秩父宮。早明戦から20日ほどのインターバルをもっての戦いとなる。1位の場合、関東リーグ戦1位の東海大。2位の場合、関西リーグ1位の天理大のいるブロックに入ることになる。
3位は帝京大学、4位は筑波大学。3位の帝京大は初戦で関東リーグ3位の流通経済大と対戦し、勝利すれば、関西1位の天理大との対戦となる。

関東大学リーグ|東海大が制覇。試合によって波があるパフォーマンスに一貫性をもたせることができるか

関東大学リーグ戦からは3校が出場。1位東海大、2位には6年ぶりに選手権出場を決めた日大。3位は流通経済大。東海大は関西2位と筑波大の勝者と初戦を迎える。22年ぶりに2位に躍進した日大の初戦は関西4位となる。


関西リーグ|天理が昨年の悔しさを知るメンバーが充実

関西大学リーグ戦Aの1位は昨年準優勝の天理大。昨年のファイナルを知るメンバーが複数残っている。キャプテンFL岡山仙治を初めサンウルブズにも招集されたCTBフィフィタ、SH藤原忍、SO松永拓朗のハーフ団など経験値が高い選手、リーグ戦を圧倒的な強さで勝利している。

毎年のことだが、天理は最終戦を終えて20日間のインターバルを経て、帝京大と流経大の勝者と初戦を迎える。昨年は大東文化大を相手にしっかりと勝利し、その後ファイナルまで勝ち進んだものの一昨年は、東海大に初戦で敗れている。昨年の経験を経て、このインターバルをポジティブなものにする準備は当然積んでくると思われるが「初戦の試練」をどう乗り切るか注目される。

今大会では昨年の天理大の結果を受け関西からは4校が出場権を得た。2位以降は混戦模様で、京都産業大(4勝2敗)と同志社(4勝2敗)が4位以内を決めていて、残る1枠は関西学院(3勝3敗)、近畿大(3勝3敗)が争うかたちとなっている。

直接対決で近畿大が27-17で関西学院に勝利しているため優位な状況。勝利すればもちろん、負けても関西学院が負ければ4位が確定する。関西2位の場合、筑波大と初戦。関西3位の場合、初戦は九州共立大と朝日大の勝者、関西4位の場合、日大と初戦を迎える。


大会は11月24日に開幕。1回戦がおこなわれ、朝日大(東海・北陸・中国・四国代表)が86-21で八戸学院大(東北・北海道代表)に勝利し2回戦進出を決めている。8日、九州共立大(九州学生リーグ1位)と対戦する。すでに発表されているが、1月11日の決勝は新国立競技場で行われる。ラグビーの試合としては初となる記念すべきファイナルの舞台に立つのはどの大学か。一発勝負の熱戦から目が離せない。

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ