大学選手権は三回戦へ。大東大が強みのセットプレーで圧倒し筑波に快勝 | Rugby Japan 365

大学選手権は三回戦へ。大東大が強みのセットプレーで圧倒し筑波に快勝

2018/12/16

文●編集部


12月16日、第55回大学選手権大会は三回戦4試合が行われた。熊谷ラグビー場では、大東文化大学(関東リーグ戦2位)と筑波大学(関東対抗戦5位)が対戦し、31−7で大東文化大学が勝利し準々決勝進出を果たした。

大学選手権2018 3回戦 12.16 14:05 熊谷ラグビー場

  • TRY: (5)  
  • G: (3)  
  •  
  • T 前半8' 6 湯川純平
  • Gx 前半9' 10 大矢雄太
  • T 前半12' 12 シオペ・ロロ・タヴォ
  • Gx 前半13' 10 大矢雄太
  • T 前半36' 11 土橋永卓
  • G 前半38' 10 大矢雄太
  • T 後半29' 11 土橋永卓
  • G 後半31' 10 大矢雄太
  • T 後半34' 9 南昂伸
  • G 後半35' 10 大矢雄太
  • TRY: (1)  
  • G: (1)  
  •  
  • T 前半39' 10 松永貫汰
  • G 前半40' 15 島田悠平
  • LINEUPS

  • 1 古畑翔
  • 2 平田快笙
  • 3 藤井大喜
  • 4 服部鋼亮
  • 5 タラウ・ファカタヴァ
  • 6 湯川純平
  • 7 佐々木剛
  • 8 アマト・ファカタヴァ
  • 9 南昂伸
  • 10 大矢雄太
  • 11 土橋永卓
  • 12 シオペ・ロロ・タヴォ
  • 13 畠中豪士
  • 14 朝倉健裕
  • 15 鈴木匠
  • 16 渋谷圭
  • 17 酒木凜平
  • 18 塩田蔵人
  • 19 呉山聖道
  • 20 浅沼樹羅
  • 21 村上寛介
  • 22 星野大紀
  • 23 杉野晃輔
  • 1 北島純
  • 2 吉田隼人
  • 3 鎌田慎平
  • 4 後藤海夏人
  • 5 中原健太
  • 6 森太生
  • 7 中田都来
  • 8 土谷深浩
  • 9 杉山優平
  • 10 松永貫汰
  • 11 山本悠翔
  • 12 野中亮志
  • 13 岡崎航大
  • 14 仁熊秀斗
  • 15 島田悠平
  • 16 大西訓平
  • 17 安里大吾
  • 18 西川優斗
  • 19 和田峻輝
  • 20 長桂輔
  • 21 今井快
  • 22 一口隼人
  • 23 松岡祐斗
  • GALLARY

    前半8分、大東大は敵陣ゴール前のマイボールスクラムでプレッシャーをかける

    前半8分、大東大は敵陣ゴール前のマイボールスクラムでプレッシャーをかける

     

    FL湯川純平が先制のトライ

    FL湯川純平が先制のトライ

     

    コンバージョンキックを蹴る大矢

    コンバージョンキックを蹴る大矢

     

    前半12分、大東大は自陣からCTB12シオペ・ロロ・タヴォが70mの独走トライ。

    前半12分、大東大は自陣からCTB12シオペ・ロロ・タヴォが70mの独走トライ。

     

     

    前半32分、筑波は大東大ボールスクラムを逆に押し返しペナルティーを獲得するも…。

    前半32分、筑波は大東大ボールスクラムを逆に押し返しペナルティーを獲得するも…。

     

    前半37分、少ないチャンスを確実にトライにつなげる大東大。ハーフウェイ付近のスクラムから10mほど押し込みWTB土橋永卓がトライ

    前半37分、少ないチャンスを確実にトライにつなげる大東大。ハーフウェイ付近のスクラムから10mほど押し込みWTB土橋永卓がトライ

     

    ようやく筑波は前半39分、CTB一口隼人のタックルから敵陣ゴール前でボールを奪うとSO松永貫汰がトライ。

    ようやく筑波は前半39分、CTB一口隼人のタックルから敵陣ゴール前でボールを奪うとSO松永貫汰がトライ。

     

    筑波は後半、何度かアタックでも押し込む場面をつくったSH杉山優平

    筑波は後半、何度かアタックでも押し込む場面をつくったSH杉山優平

     

    唯一のトライを決めたSO松永貫汰。切れ味鋭いステップを見せた

    唯一のトライを決めたSO松永貫汰。切れ味鋭いステップを見せた

     

    後半、大東大は強みのセットプレーで筑波にプレッシャーをかけ優位に試合を運んだ

    後半、大東大は強みのセットプレーで筑波にプレッシャーをかけ優位に試合を運んだ

     

    後半34分、勝利を決めるSH南のトライ

    後半34分、勝利を決めるSH南のトライ

     

    COMMENT

    青柳勝彦監督

    青柳勝彦監督

    大東文化大 青柳勝彦監督

    セットプレーは安定していた。スクラムからトライも取ることができました。いい流れを掴む場面での細かいミスがあった。今チームとして精度の部分を追求しているがそうしたミスがある。天理戦があるのでチャレンジしていい試合をしたいと思っています。


    ――天理戦に向けて


    我々はセットプレーが強みなので、それをしっかり出したい。いい強みのところを出せればプレッシャーを与えることができると思う。特にブレイクダウン、細かい部分になります。今日みたいなことになってしまうと難しい試合になってしまう。精度をあげていきたい。

    大東文化大学 平田快笙キャプテン


    アタックする場面で、ミスが多くて、相手ボールにしてしまうことが多かった。ディフェンスでは前に出ることができて相手のミスを誘うことができた。カウンターラックの部分は、次のオプションのことを考えていたり、一番弱い脇をみせてしまったりして、筑波は接点が強いということは想定していましたが気の緩みがあったと思います。接点の攻防、天理戦でその部分の精度をあげていきたいと思います。

    大東文化大学 SO大矢雄太

    (天理戦にむけて)天理もフィジカルが強いチーム。低くあたってしっかりと動きを止めて、大東らしい、勢いあるラグビーを展開できるようにしたい。
    (2位となって1試合多くなったことについて)リーグ戦を終えてから2週間くらい空いて、練習でも意識はしていますが、試合勘というものを取り戻すのに少し時間がかかってしまった。いきなり関西王者と戦うより、筑波さんというフィジカルの強いチームと試合をすることができよかった。


    筑波大学 古川拓生 監督


    負けたら終わりという選手権で大東文化大学と対戦するということで相手は個人の力、タレントに長けたチームですので筑波としては速さ、低さ、運動量で個のチーム に組織で戦うことにフォーカスしてきました。

    まだまだできたと選手たちも思っている。ただ今持っているもの発揮できるように準備をしてきて実際そういうプレーもあった。まだまだやれた、その部分があったその分だけ相手が勝っていたと思います。対抗戦で1枠いただけたということで、それに恥じないプレーをしてほしいと思っていましたがその部分だけは選手たちやってくれた。

    筑波大学 大西訓平キャプテン

    筑波大学としては組織で勝つために80分走り勝つ、そしてハードワークするということをテーマに準備をしてきました。ただ、いい部分もたくさんありながら、大東文化さんの一瞬の力に得点をされてしまいました。そしてそれが最後の最後は点差は重みとなってしまった。出場していた選手だけでなくみんながチーム一丸となって戦っていたのでもっともっとやりたかった。悔しい結果となってしまった。


    ――3年ぶりの大学選手権


    自分自身の1年以来の大学選手権でした。負けたら終わりのプレッシャーの中で一個一個の練習から勝つ姿勢でのぞんでいました。

    また同日行われた流通経済大学対福岡工業大学の試合は63−26で流通経済大学が勝利し、準々決勝進出を果たした。

    12月22日(土)に行われる準々決勝のカードは以下のとおり

    帝京大学 ー 流通経済大学(秩父宮・14:20)
    天理大学 ー 大東文化大学(キンチョウ・14:05)
    東海大学 ー 明治大学(キンチョウ・14:05)
    早稲田大学 ー 慶應義塾大学(秩父宮・12:05)

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ