東海大2年ぶりの準決勝進出!筑波の猛攻をゴール前で封じ込めた | ラグビージャパン365

東海大2年ぶりの準決勝進出!筑波の猛攻をゴール前で封じ込めた

2019/12/22

文●編集部


21日、第56回全国大学ラグビー選手権大会準々決勝4試合が行われた。秩父宮ラグビー場の第1試合は、東海大(関東リーグ戦1位)と筑波大学(関東対抗戦4位)が対戦した。

筑波・杉山優平キャプテン

筑波・杉山優平キャプテン

3回戦の同志社大戦を48-17で勝利しベスト8進出を果たした筑波。対する東海大はここまでけが人が多くベストメンバーが揃うことがなかった今シーズン。キャプテン・眞野泰地をはじめこの選手権にむけて戻ってきた。

東海・眞野泰地キャプテン

東海・眞野泰地キャプテン

キャプテンの杉山の速い展開に合わせスピーディーなアタックをする筑波。何度もゴール前まで攻め込む時間帯が続くが、トップリーグ・神戸製鋼コベルコスティーラーズに出稽古にいき調整をしてきた東海大は、ゴール前のここぞという場面でしぶとく守りきりトライを許さない。

前半19分、PR中野幹のトライで東海大が先制

前半19分、PR中野幹のトライで東海大が先制

 

 

筑波SO山田雅也の突破。筑波は前半42分に山田のPGで3点を返す。

筑波SO山田雅也の突破。筑波は前半42分に山田のPGで3点を返す。

 

後半12分、CTB眞野のキックを追ったSO丸山が筑波大SH杉山主将のタックルを受けながら右隅へ飛び込みトライ

後半12分、CTB眞野のキックを追ったSO丸山が筑波大SH杉山主将のタックルを受けながら右隅へ飛び込みトライ

後半13分、敵陣10m付近で相手ボールをターンオーバーした東海大。CTB眞野泰地が右サイドのスペースへグラバーキック。反応したSO丸山凛太朗がボールをキャッチし、右隅にトライ。直後のコンバージョンキックも落ち着いて決めリードを広げる。

筑波大のタックルを受けながら前進する東海大WTB望月

筑波大のタックルを受けながら前進する東海大WTB望月

 

筑波大DFを引きずりながらゴールに迫る東海大CTB眞野主将。負傷の癒えた目の周りをガードするゴーグルを着用してプレーしたが「曇ってよく見えなかった」と苦笑。

筑波大DFを引きずりながらゴールに迫る東海大CTB眞野主将。負傷の癒えた目の周りをガードするゴーグルを着用してプレーしたが「曇ってよく見えなかった」と苦笑。

 

後半33分、東海大SO丸山がDGを狙うが失敗

後半33分、東海大SO丸山がDGを狙うが失敗

 

後半37分、東海大がラインアウトモールを押しきり16黒田がトライ

後半37分、東海大がラインアウトモールを押しきり16黒田がトライ

後半終了間際の76分には、真骨頂であるドライビングモールを押し込みトライ。勝負を決めた。

後半39分、自陣から東海大FLレキマの突破からボールを繋ぎ、WTB林がトライ

後半39分、自陣から東海大FLレキマの突破からボールを繋ぎ、WTB林がトライ

80分にもFLレキマ・ナサミラの突破からWTB林隆弘がトライを決め試合終了。24-3で東海大が勝利し、2年ぶりのベスト4進出を決めた。相手は、昨年3回戦で対戦し敗れた明治大学だ。


HIGHLIGHT

「今日は一試合通じて粘り強くできた」東海大学・木村季由監督

選手権の初戦ということで、緊張感もある中で、今日のテーマは、我慢強く80分間、FWもBKも、アタックもディフェンスも一人ひとりがワークし続ける。もう一つは自分たちの強みをゲームの中で出していこうということを軸にゲームにのぞみました。

同志社大学戦で筑波さんは展開力という自分たち強みを全員が理解して、隙のないチームだなという印象がありましたので我々としても緊張感持ってのぞみました。反則等もありましたが、今日は一試合通じて粘り強くできたと思います。まだまだ課題はありますが次に向けて成長できた。

SO丸山凛太朗

SO丸山凛太朗

――10番丸山選手、12番真野選手というポジションが今日は機能していた。ポジショニングについては?


リーグ戦を終えて全体のポジション見ながら、後半やっていましたので、ケガから戻ってきたメンバーも多くいたので、コンビネーション含め時間をかけてトレーニングしてきました。実践の中でいろいろな部分の調整が必要になってくるとは思いますが、この2人の組み合わせは、キャプテンも視野広くできるし、攻撃的かつディフェンスシブな布陣になったと思います。

――ディフェンスについて


筑波さんの強みはバックスリーのカウンターアタック。ブレイクダウンで筑波さんのリズムのキャプテン杉山君がいいテンポで捌きだすと、BKがスピーディーになってしまうので、そういう場状況を作らせない。とにかく、タックラーとアシストタックラーは仕事をする。そのうえで、リズムをくずすようにブレイクダウンでしっかりファイトしていこう。ブレイクダウンも相手の強みなので、そこは真っ向勝負しようと話をしました。

ちょっとペナルティーがありましたし、注意も受けましたがあれくらいは許容範囲だと思います。あのくらいいかないと。よく意識できていたと思います。

――キックパスについて


キックに関しては相手に単純に渡すのではなく、一発的なプレーは選手権ではいらないということを全員で認識していた。そういう意味では我慢強く、いい状況でけれていたので良かった。

――リザーブでFWを1枚多く入れた意図は?


FWでプレッシャーかけたいということと、特徴がそれぞれ違う。欲張りの選択をしながら、全部活かしたいということを考えたら、ああ(いう起用に)なりました。ユーティリティBKということでBK対応ができるFWもいましたし。

東海大学 眞野泰地キャプテン

自分たちのやるべきこと、80分間やり続けるということで試合に臨んだ。ペナルティーやFWのセットプレーで安定しない部分があり少し後手に回る場面がありました。自分たちで大切にしているディフェンスでのハードワークが最後勝ち切れた要因。本日の反省をいかして、筑波大の思いも背負って戦っていきたい。

――後半攻め込まれていた時間帯はどんなことを考えていた?


あの時間帯、あの点差で、あそこで筑波が取り切るか、自分たちが守るきるか。ゲーム流れで重要でしたし、トライ1本で(試合が)決まるということはわかっていたので、そこでハードワークしないと、後々、絶対取り返せないことになる。全員に、とにかくハードワーク、早いセット、特にBKは走り続けるということを意識して 声かけ続けました。


――ディフェンス練習から今日うまくいった


何がうまくいったというよりも、一人ひとりの意識があがったということがディフェンスの質が向上した要因だと思います。選手権という「負けたら終わり」の状況下で、一人ひとりがジャージー着ている責任、試合に出れない選手たちがいるということを自覚してプレーすることがディフェンスの良さにつながった。

――準決勝に向けて


木村監督 どういう相手かわかりませんが、相手の対策練ってやる試合ではないと思います。多少はありますが重きを置くべきところは自分たちのやるべきこと、そういう準備してもう一段階、成長したい。

眞野キャプテン チームとしての反省はありますが、強みの部分、覚悟とつながりだと思うのでそれをとにかく体現して、決勝にいくことしか考えていない。いい準備して次の試合に臨みたい。

筑波大学 嶋﨑達也監督

東海さんの壁を崩すことができなかった。後半、こちらが持ち込みたい形にならなかった。本当に東海さんは強かったです。僕ら1年間やってくれた選手たちを誇りに思います。


――FB松永選手は途中負傷交代?


そうですね。東海にとっては脅威になる選手でしょうし、できればグラウンドにいてほしかった。フィットネスまだあった状況でしたし。 


――島田選手は?


同志社戦の後、少し痛いくらいだったのですが、月曜日に朝起きると動かない状況で1月2日にギリギリ間に合うかというキックも蹴れない状況だったので外しました。彼が入ると相手にとっては嫌なオプションが一つ加わるという感じでしょう。ただ対抗戦からチームとしてボールつなぐことをやっていたので、今回の先発メンバーもやってくれるという思いあった。

筑波大FB松永は東海大DFから徹底マークを受けた

筑波大FB松永は東海大DFから徹底マークを受けた

――監督1年目にチャレンジしたこと


長い間ヘッドコーチをやらせていただいていたので、そこまで新しいことは多くないのですが、リーダー、4年生、大学院生のコーチとの情報共有はしました。ただ4年生がチームとして同じ思い作ってくれた。

筑波大学 杉山優平キャプテン

自分たちが準備してきたことを出し切ったんですけど、その上で東海大の圧倒的なディフェンスでワントライも奪えず。崩せなかった最後の壁。その結果がこの勝敗になったと思います。


――後半、攻撃した時間帯が多かったがトライを取り切れなかったのは?


敵陣に入ったらテンポアップして崩そうと話をしていました。特に相手のチームはポッドで、ディフェンスも内側が結構ひろかったので近いところを攻めようと試みました。相手もそこはうまく対応して、内側で崩しきれず、ノックオンとか自分たちのミスで終わってしまった。


――正面でのPGではなくトライを狙った点


ずっと敵陣でアタックしていたのでそこを取り切らないと。ショットで終わってしまうと逃げじゃないですけど気持ちの部分で、取り切らないと次がないということで勝負しました。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ