速報・サクラセブンズ、ワールドカップで地元・南アとブラジルを撃破しチャレンジトーナメント決勝進出 | ラグビージャパン365

速報・サクラセブンズ、ワールドカップで地元・南アとブラジルを撃破しチャレンジトーナメント決勝進出

2022/09/11

文●大友信彦


南アフリカで開かれているRWC7sに出場しているサクラセブンズこと女子7人制日本代表は、DAY1の1回戦でフィジーに7-36で敗れたものの、DAY2はチャレンジトーナメント(9位以下トーナメント)初戦で地元・南アフリカに14-12で競り勝ち、準決勝ではブラジルを19-10で撃破。チャレンジトーナメント決勝に進んだ。

ブラジル戦後のコメント 平野優芽主将

平野優芽

平野優芽



――前に出るファイヤーディフェンスが素晴らしく機能しています。


「相手は身体が大きくて足が速いので、スペースを与えてしまうと一発でトライまで行かれてしまうので、とにかくスプリントして前に出て止める、それをずっとやってきた。今回ブラジルも格上だったけど、それができた。最後の1on1のところが課題ではあるけれど、チームで思い切り出ることをやっていこうと話している。それをやりきれたのはよかった」


――チャレンジトーナメント決勝の相手はポーランドです


「この前のチャレンジャーシリーズでは私たちが勝ちましたが、あの試合ではポーランドの良さが全然出なかったし、今度は向こうがリベンジのつもりでくる。私たちも受けてしまわないように、こちらから向かっていく。もうひとつ勝てば、ワールドカップセブンズの(男女を通じて)最高順位になるし、目の前の試合を戦い抜きたい」

中村知春選手兼コーチ

中村知春

中村知春


――昨日は厳しい結果でしたが、きょうは2試合素晴らしい出来でした。


「(負けたショックを)引きずらないのがこのチームの良さかな。あれだけ準備して臨んだのに勝てなかった、『仕方ないね、じゃあ次』という切り替えの巧さは、過去のチームとは違った、平野キャプテンなど中堅の選手の経験値が生きていると思う。私ですか? 私は平野についていって、うしろから支える役目に専念しています」



――チャレンジトーナメント決勝の相手はポーランドです


「これも、うまくいかないことというか、私たちはスペインが上がってきてほしいと内心思っていたんですが……ポーランドはリベンジに燃えてるでしょうから。とにかく私たちはできることをやるだけです。このチームは淡々としているので、割り切って試合に臨みます」

大谷芽生

大谷芽生


――前回のサンフランシスコ大会でもここまでは来ました。もうひとつ勝って、日本の最高順位をという思いは強いですか。


「そこが、淡々としているのがこのチームのいいところなので、あまり大げさに考えず、地に足つけて、良い準備をして決勝に備えます」


原わか花

――チャレンジトーナメントの2試合、素晴らしい内容でした。

原わか花

原わか花


「ありがとうございます。平野キャプテンからも『目標のベスト8には届かなかったけれど、その中で最高の順位を目指して切り替えていこう』という話があって、フィジー戦も悪かっただけじゃない、いいところもあったし、自分たちの頑張りで9位に向かっていこうという前向きな気持ちできょうの試合に臨みました」


――今日も素晴らしい走りでトライをあげました。身体キレてますね。


「こちらにきてからも調子がよくて、身体も動いています。今シーズンは『気持ちと身体は120%で、でも頭は冷静に』というマインドで試合に臨んでいて、そのバランスがうまくとれるようになっていると思います」



「フィジー戦はアタックする時間が短くて、相手に足の速い選手が多くて、なかなか自分たちの形を作れなかったけれど、きょうの2試合は仲間たちが私を信用して良いパスを放ってくれたし、パスをもらったら走るのが私の仕事ですから」


――お客さんもたくさん入っていますね。


「これだけ観客がたくさん入ったところで試合をするのは初めてです。会場の雰囲気を楽しんで戦えました。トライを決めたときや、DFでボールを取り返したときの会場の声援がすごくて、私たちの力になっています。あすの決勝も声援を楽しんで、自分たちの力に変えて戦っていきたい」

須田倫代

――大観衆の中での試合が続いていますが、楽しめていますか、緊張しましたか?


「最初は緊張したんですが、緊張していたらやってきたこと、自分が持っているものも出ないと思って、楽しもうという方に変えました。最初のフィジー戦は、正直スタジアムの大きさ、観客の多さに圧倒されてしまったのですが、それを楽しもう、悪い緊張にならないようにしようと。今日の2試合は楽しめています」


――スタジアムの雰囲気はいかがですか。


「最初に入った瞬間、スタジアムがでかすぎて『こんなでかいところで?』と、取り乱した、というのかな? 違う? コーフンしてしまいました」


サクラセブンズここまでの試合結果

大竹風美子

大竹風美子



DAY1 1回戦 日本7-36フィジー
T:平野優芽、C:大黒田裕芽


大黒田裕芽

大黒田裕芽



DAY2:日本14-12南アフリカ
T:原わか花、中村知春、C:大黒田裕芽2

日本19-10ブラジル
T:平野優芽、原わか花2、C:平野、須田

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ