「みんなで合宿をできる時間は少ない、その時間を大事にして本番に向けピークを持っていきたい」立川理道。 | Rugby Japan 365

「みんなで合宿をできる時間は少ない、その時間を大事にして本番に向けピークを持っていきたい」立川理道。

2018/09/27

文●編集部


9月24日から行われていたNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)/RWCTS(ラグビーワールドカップトレーニングスコッド)和歌山キャンプは27日午前中をもって終了した。キャンプに参加したCTB立川理道が取材に応じた。

「僕の感覚でいうと、もう1年しかない」

――今回はまったくボールを使わない合宿でした。


しんどかったですけど、チームがやろうとしている重要なことの一つなので、しっかりフィットネスをつけて次につなげていきたいなと思います。


――これだけ強度の高い練習だとリフレッシュも必要だと思います。


ホテルに温泉もあったので、チームメイトと一緒に入ったりとか、食事を一緒にとったりとかして、そういった時間がすごくリフレッシュになりました。


――トレーニング中、選手間で鼓舞するような声がよく聞こえてきました。


そうですね。昨日のミーティングや今日のミーティングの中でもお互いを知って、結束を高め合おうというのがあったので、そういうことをチームで意識してやったと思います。


――W杯まで1年を切って、今、どのように思いますか?


僕の感覚でいうと、もう1年しかない。こうしてみんなで合宿をできる時間は少ないと思うので、その時間をしっかり大事にして、本番に向けてピークを持って行きたいなと思います。


――今回の合宿は、身体的トレーニングはもちろんメンタル的な意味合いが大きかったのか。


そうですね。6月のレビューのところでもメンタルの部分で少し受けに回ったイタリア代表との2戦目に負けてしまった。そういうところもレビューであったので、しんどいとき、苦しい時間帯でもみんなで鼓舞しあって、メンタル、マインドセットをしっかり持っていこうというの練習にも出ていたんじゃないかと思います。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ