「やっとスタートラインに立てた。でもまだこれから」福井翔大の挑戦 | ラグビージャパン365

「やっとスタートラインに立てた。でもまだこれから」福井翔大の挑戦

2021/09/30

文●編集部


30日、ラグビー日本代表のトレーニングスコッド、NDSとして招集された福井翔大(FL・パナソニック)がオンライン会見を行った。東福岡高校卒業後、大学進学ではなく、プロとしてパナソニックに入団。トップレベルの環境に身をおいて、昨シーズン、しっかりとパフォーマンスを発揮した。

ダイナミックなプレースタイルとは対照的に、合宿に参加して、これまでテレビでみていた代表選手たちを前に、「胃がキリキリするほど」緊張をしているという。それでもがむしゃらに、今できることを100%出したいと強い決意でチャレンジする。

「目標としていた人たちがいざ目の前に現れて萎縮しているかな」

――今回合宿に招集されたことについて


チャレンジをしようというのがまずありました。候補とは違う立場で呼ばれているので、自分がどこまで通用するのか試してみたい気持ちがあります。


オフシーズン中にチームマネージャーから連絡がありました。


緊張感ありますけど周りのみなさんがやさしくて、ストレスはないですが、ビッグネームというか、目標としていた人たちがいざ目の前に現れて萎縮しているかなと思います。ラグビーになったら関係なくやっていきたいです。


――今どんな選手を目指している?


具体的にないですが、ラグビーやり始めて漠然と日本代表でワールドカップ(W杯)に出ることをずっと目標にやってきたので、今、やっとスタートラインに立てたかなと思っています。


――パナソニックではチームの世界のトップ選手と一緒にやっていると思うが、日本代表のイメージはまた違う?


僕が慣れていないのもありますが、違うチームにイチから入ってポジション争いをしていくというのは緊張があります。すごい、内蔵が痛い感じがします。胃がキリキリします。(目標としている選手は)リーチ マイケルさんも姫野さんも、結局全員になってしますが、その辺の選手に(緊張している)。


――自分の中で張り切っていることは?


とりあえず、100%で、当たり前ですが、やれるところまでやり続けるというのは、頑張るしかないなと思います。


――秋のツアーをイメージしている?


そんなことよりも、その日やらないといけないことだとかを練習だとかでやっていく感じです。

――合宿参加前に、パナソニックの先輩から何か言われたりした?


(自分の)キャラクターもありますが、ジャパンは甘くないぞとずっと言われていて、励ましは一つもなかったです(苦笑)。(誰に?)松田さんと坂手さんです


――大学に行かず、パナソニックに入団し、代表の合宿に招集されたということで、自分が目指していた場所にたどり着いた感じがある?


僕自身、どっちが正解とかそんなんじゃないですが、僕ら世代で候補として一番早く呼んでもらったので、(結果的に)こっちの選択がよかったのかなと思います。

――これまででどこが成長した?


正直これっというのはあまりないですが、社会人やプロとやってきていい意味で慣れてきた感じはあります。


――チームではFLとして出場しています。NO8で出たいとか、ありますか?


特にもうこだわりはないですし、やれといわれればなんでもやるつもりです。試合に出していただればいつでも。チャンスがあったら全部やっていきたい。


――自分より若いワーナー選手もいます


まず僕の個性が一個なくなったてしまったなと。本当にでかいなということです。ラグビーやっていないので何ともいえないが、いっしょに頑張っていきたいな。僕も一応、先輩になるので、お互いメンタルでもラグビーでもサポートできたらなと思います。


「この場にいるだけでいろんな考えもきけるし、いろんなプレーが見れる」

――こういうのを持ち帰りたいとかありますか?


今回の合宿で、これというのがいまいち決まっていない。ただ、練習を全力でやるとか、何事も自分らしくいこうと思っています。


――早めに日本代表の練習を経験することは?


本当に、経験する、この場にいるっていうだけで、いろんな考えも聞けますし、いろんなプレーが見える。ラグビー以外でも、こういう人はこういう行動すると見れるのでいい経験。徳永さんは一緒の部屋ですが、ずっとストレッチしているし意識は高いなと思います。


――パナソニックでは、ポーコック選手やとかいろんなインターナショナルな選手とやっているし体を当てているが、リーチ、姫野選手が目の前にいると緊張する?


「おー、あの人やー」となります。グラウンドでは顔とかあまり見ないので正直なんとも思わない。冷静な時に見たら「おー!」となりますね。試合では別になんとも思わないですが。

――大学行った選手よりもはやく代表に選ばれたかった?


そこで差をつけたいなという気持ちはありました。まだここからなので。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ