「やっと代表で練習できる」代表合宿初招集・武井日向「一日一日を無駄にしない」 | ラグビージャパン365

「やっと代表で練習できる」代表合宿初招集・武井日向「一日一日を無駄にしない」

2021/10/01

文●編集部


30日、日本代表合宿に初めて招集された武井日向(HO・リコー)がオンライン会見に応じた。トレーニングスコッドとしてだが、チャンスは代表候補選手と同じ。アイルランド、スコットランドとの対戦を控えているヨーロッパツアーについて質問されると、「行きたいという気持ちがある」と答えた。


リコーのヘッドコーチであるヒューイ(ピーター ヒューワット)から今回代表に選ばれたということと、おめでとうと言われました。リコーからも最大のサポートをしてくれるということを話していただき、チームにも感謝していますし、やっと代表で練習できる、スタートラインに立てたということで素直に嬉しく思いましたし誇りに思います。

――どこが評価された?

まだ実際にコーチにもあっていないので、そういう話をされていないですが、トップリーグの試合を観ていただいて今回招集していただけたと思うので、今後聞いていって、自分の伸ばしていかなければならないことを明確にしていきたい。


――今日はフィットネステストをやったそうですが


まだはじまって2日目なので、実際練習がどういうものかわからないですけど、坂手(淳史)さんが一緒の部屋なので、聞いたり話したり、良くしていただいて、これからどんな感じなのかというのは楽しみな部分であります。


――代表の練習の雰囲気はどうですか


皆さんやさしい、いい人が多くてコミュニケーションもとれていますし、楽しい感じです。やる時はすごくやる雰囲気で、そういう部分はやっぱりすごいなと思いました。自分たちのスタンダードをしっかりやろうという、スイッチを入れる部分ですね。


――今後テストマッチに出場するなど、目標を達成するためには


自分の持ち味のフィールドプレーだったりまだまだ伸ばしていかないといけない。セットプレーだったり、一つひとつ積み上げていって、信頼される選手になることがまず大事。1日1日無駄にせず、持ち味を発揮することが、これから先につながっていくと思うので、この合宿を1日1日、過ごしていきたい。

――NDSのメンバーでもいいアピールをしたら代表入ったりツアーにも連れて行くと藤井雄一郎(ナショナルチームディレクター)が話をされていましたが、そのことについてはなにか伝えられていますか。


その部分もNDSメンバーとジェイミー、何人のコーチでLINEミーティングがあったので、立ち位置などは話をされました。ジェイミーからは「合宿でしっかりアピールできれば、次に繋がるし、しっかりやってほしい」と言われました。(ヨーロッパツアーには?)行きたいという気持ちがあります。


――長谷川慎さんのスクラムは未知数?


練習自体始まっていないし、慎さんにどんなスクラムを組むという話をされましたが、これからやっていく中で、どんどん、課題だったりわからないところが増えていくと思うので、コミュニケーション取りながら成長していきたい。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ