「チームは間違いなくいい方向へいっている」PR稲垣啓太 | ラグビージャパン365

「チームは間違いなくいい方向へいっている」PR稲垣啓太

2019/04/28

文●編集部


「もう競争感はある。練習でも激しく言い合うこともある」。佳境に入ったワールドカップスコッドをかけたポジション争い。「競争や緊張感はチームを急激に成長させる。」2015年での経験を踏まえて、PR稲垣啓太はそう話した。彼がみるジェイミージャパンの現在地は。

これからオーストラリアへ遠征し、試合の内容がより重要になってくるので、よりディテールにこだわっていきたい。次、キャンベラに行ったときに準備する期間が短く、前回、NZに行ってハリケーンズと対戦したときも短く、うまく行かなかった反省もいかしてやっていきたい。

(スクラムを)組んで、押されていないけどペナルティーを取られてしまうのはもどかしい部分がありました。何が悪かったのかというのは、試合が終わってから明確になっていますし、もう少し早めに修正はできたかなと思います。(試合中に)組んだときに、これは押せるという感覚になった瞬間がありました。2番、3番のコミュニケーションですね。相手がバインドしたときに体重をかける組み方をしていたので、そこに対してどうアプローチしていくのか。僕たちも体重をかけるのか、かけすぎなので、レフェリーにアピールするのか、そこは明確にしていきたい。

「チームが順調であることは、選手たちが一番感じている」

――2月から基礎トレーニングを積み上げてきてあと5ヶ月でワールドカップとなります。チームとしては順調なのか?


チームとしては順調に来ていると思います。その印象は、選手たちが一番感じていると思います。今何人かケガ人もいて、戦線にもどってきていない選手もいますが、それほど重症ではないと思っています。そういった状況でないと見れないことをチームに伝えてくれたら、僕もそういう経験ありますが、チームにとっては良いことで、全員がプラスに捉えていると思います。

チームとしては間違いなくいい方向に向かっています。そう感じる一番の理由は「上のスタッフとのコミュニケーションが深くなっている」ということです。前回の試合ではハーフタイムでスタッフ陣が意図的にロッカールームに入ってこなかった。それに対して、「なんで?」となるのではなく、その意図をリーダー陣がすぐに汲み取って、これとこれ、選手でドライブしていこう。とそういったことを選手たちの中で浸透していくスピードが高くなったなと思います。

前回大会の時もこの時期から急激にチームが伸びていったなと思います。チームとして選手一人ひとりが何をやらなければならないのか、そこを考えることができればチームとしての伸びしろが大きくなっていくと思います。

――「選手たちでドライブしていこう」というのは


コーチ陣がいろいろなプランや戦術を授けてくれるのですが、プレーをするのも、試合の時も対応するのは選手なわけで、選手が状況を理解して、選手同士でコーチングしていくという意味ですね。

――2015年を経験したからこそ感じる、これから大会までチームがどう成長していくのかとか、イメージを伝えたりすることはありますか?


選手によっても、過ごし方がかわってくる。OFFのときには外にでたいという選手もいれば、家でゆっくりしたいという選手もいます。ワールドカップ経験者の話を聞いて、ワールドカップを知っている状態と知らない状態で入るのとでは全く違うと思うのでそこはいつか話をしたいなとは思っています。

これからチームがのびていくかいかないかは、本番が近づくにつれて緊張感がどんどん高まっていったり、ケガをしたら終わりだし、競争感が高まることが大きいと感じています。

▼こちらもあわせて読みたい!

しっかりと戦える体へ戻していく――ワールドカップに向け始動・稲垣啓太「まずは自分自身から」

「6月の最終戦でゼロに抑えられたことは最大の成果」PR稲垣啓太「セットピースはこの1ヶ月で大きく安定した」

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ