「10番としては足りない部分があった」SO山沢拓也 | ラグビージャパン365

「10番としては足りない部分があった」SO山沢拓也

2019/04/28

文●編集部


前半そして、後半の途中まで優勢に試合を運んでいた「ウルフパック」しかし、フォースに勢いをつけさせてしまうと中々打開がはかれずにいた。そのいやな流れを断ち切ったのは、投入されたばかりのSO山沢拓也(パナソニック)のスペシャルプレーだった。

(トライについて)チームとしても勢いにのれていない時間帯だったので、トライをとることでチームに勢いを戻せたのは良かったです。サッカーやっていたのが活きたのかなと思います。スピードを落とさずにいかにドリブルをするかということだと思うので、相手に追いつかれることなく、しっかりとキックできたで良かった。

そんなに練習はしていないですけど、ちょっとしたボールをキックしているときにボールの転がりとか、どうキックしたらどう転がるのかということはふとした時に感じています。

――代表争いが佳境に入ってきたと思いますが


インパクトを与えるという点では良かったと思いますがそのあとのゲームの動かし方が10番としては足りない部分があった。アタックで、自分がトライをとったことでチームに勢いがついたかと思うのですが、アタックをしていく中で、トライをとりきれるようなアタックができなかった。ディフェンスでは抜かれてしまいました。(試合の)最後のところも、みんなは(ボールを)出して終えると思っていたところ、攻めようという意識があって、まわりとの意識の誤差が生まれました。そういうところが準備不足だったかなと思いました。

自分も(ボールを)出せばいいのか、わからない状況で何をすればいいのか迷ってしまいました。そこは試合前に確認しておくべきでした。これから大事な試合になればなるほど、重要になると思います。今日は練習試合だったのでそういうプレーだったんですけれど、試合によっては「勝利を大事」にするのか、自分たちのプレーを優先するのか、しっかり頭に入れてプレーできたらと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ