なんとしても勝利したかった初戦に惜敗したジェイミージャパン「プレッシャーの中でも規律を保つ」 | Rugby Japan 365

なんとしても勝利したかった初戦に惜敗したジェイミージャパン「プレッシャーの中でも規律を保つ」

2018/10/28

文●編集部


26日、花園ラグビー場で世界選抜に惜敗したジェイミージャパンことラグビー日本代表。前半の大差から足の止まりはじめた相手を後半追い詰める戦いは、ここまで積み上げてきた成果といえる戦いだった。とはいえ短期間でコンバインドされたチームを相手に、是が非でも勝利したかった初戦。オールブラックス戦、イングランド戦に向けてみえてきた課題とは。

今日の選手たちの懸命な戦いを誇りに思います。非常に体格の大きいパワフルな世界選抜だったが、ジャパンはしっかりしたアティチュード(姿勢)と意気込みで戦えていた。それをしっかりと来週のオールブラックス戦でも引き続き表していきたい。

そして我々の試合に対するマインドセット(心構え)も正確なものだった。しかし、プレッシャーをかけたにもかかわらず点数につなげることができなかったのは、相手がパワフルなプレーをしてきたこともあり、勢いをなかなか止めることができなかった部分もあるが、ディフェンスはうまくいっていた。

 

スタッツを見ても前半、後半ともに日本の方がアタックでゲインしていたという数字が出ている。そういう意味でもディフェンスは機能していた。しかし個人個人のパワフルな面は向上しなければいけない。やはり早い球出しがBKにチャンスを与える。結果的には負けてしまったが、やってきたことが機能し始めている試合だったと思います。

2つの重要課題を早急に修正しなければならない。1つは規律を守ること。11回のペナルティーをしてしまった。これだけペナルティーをしてしまうとテストマッチでは勝つことができない。2つ目はセットプレー。プレッシャーをかけられたスクラムもあった。こちらも修正に取り掛からなければならない。プレッシャーがあるのは事実ではあるが、その修正は時間をかけて行う必要がある。1週間あるのでそのような部分の修正にかかりたい。

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ