ウルグアイ戦前日練習レポート・日野剛志、小川高廣、メイン平 | ラグビージャパン365

ウルグアイ戦前日練習レポート・日野剛志、小川高廣、メイン平

2022/06/17

文●編集部


ラグビー日本代表は17日、秩父宮ラグビー場でウルグアイ戦とのテストマッチ前日練習(キャプテンズラン)を行った。試合開始は15時だが、15時30分から15分ほど練習をメディアに公開。練習終了後、SH小川高廣(ブレイブルーパス)、HO日野剛志(静岡ブルーレヴズ)、FBメイン平(ブラックラムズ)の3選手が取材に応じた。

「ラストチャンスだと思って与えられた役割を果たす」HO日野剛志

日野剛志

日野剛志


2週間別府で合宿し、いろんな世代のいろんな選手があつまっている中で、グラウンド内外で一緒に過ごせたので、結束が高まっていますし、すごく内容の濃い合宿ができた。久しぶりの代表での試合で、ラストチャンスだと思って、与えられた役割を果たしたい。リザーブの中でも経験のある方なので、いっしょにでるリザーブの選手で盛り上げながらインパクトを残したい。

――アピールポイントは?


お客さんも楽しみにしている久しぶりにテストマッチなので、選手たちも楽しみにしている。W杯に向けて一戦一戦無駄にできないので、僕たちは真剣勝負ですが、選手だけでなく、ファンと会場一体となって全員でW杯につながる試合にしたい。いっしょに楽しみたい。サバイバルなので、一瞬一瞬プレーを見逃さず楽しんでほしい。

――W杯への思いは


人一倍あります。2019年、約4ヶ月、フランスのトゥールーズでプレーさせてもらって、そのトゥールーズで日本代表がW杯で試合をすることが決まっている。自称 ”トゥールーズで一番有名な日本人” なので、僕が出ればトゥールーズのフランス人は日本代表を応援してくれる自信がある。凱旋の場で、僕のとってそうなれば最高ですが、日本代表がW杯の目標を達成するのに貢献できるのが一番。自分の夢はありますが、日本代表がW杯で結果を出すことにしっかりフォーカスして貢献できるように頑張りたい。



――2チーム制でやっている良さ、難しさは?


いい刺激になります。ハッキリ分けられて、別府に来たメンバーはハングリーさを求められて、試合に出てアピールする立場にあると明確になっている。先週の試合で活躍した辻選手はすぐに宮崎に合流した。結果を出せば見てくれる。目指すべきところにいけると辻選手が示してくれた。メリハリがすごくある。なんとなく大所帯の方がハングリーさ、モチベーションアップにつながっている。

年齢といい、ラストチャンスだと思っているので、出場するチャンスがまわってきたので、いつ来てもいいと準備していたのであとはグラウンドで出すだけかなと思います。



――リーダーシップも求められる?


特にNDSでは、周りを見渡すとすごく若い選手が増えたという印象です。田村キャプテン、立川選手という経験ある選手といっしょに若手選手を引っ張っていく、日本代表の振るまいとか(教えている)。初代表の選手もいたので上の選手からコミュニケーションして、一刻も早く一つになることが求められていたので、今は一つのチーム、絆というか、ずっと合宿しているようなチームになった。

経験ある選手がNDS、代表候補でプレーするのも意味があるかなと思います。若手だけでなく、経験ある選手もハングリーさが求められている。チームを一つにすることと、結果も求められていると感じている。ジョセフHCの期待をいい意味でプレッシャーにして応えたい。

――2年前ケガしてまた代表の舞台に戻ってきました


アキレス腱を切ってしまい、難しいリハビリ期間があったが、リーグワンでしっかりアピールできて、また呼んでいただいて、桜のジャージーを着てプレーするチャンスをいただけたことは光栄ですし、その期待に応えたい。


――選手会長にもなりました


一個人の選手としての活動ですが、選手会を背負って立つ者としては、一選手として代表活動に参加できることは光栄です。グラウンド外でもラグビー界の未来のため、協会 リーグ、選手会、チームが一丸となって、未来の子どもたちのためにラグビー選手の価値を高める活動をしていきたい。

「出るからには言い訳なしで最高のパフォーマンスを」SH小川高廣


合宿が始まってからコントロールしてやって、この試合に間に合うようにやってきたという感じです。試合に出るからには言い訳なしで、あと1日あるので準備して最高のパフォーマンスを出せるようにやっていきたい。


――W杯に向けての意気込みを


あまり先のことは全然考えていないが、今、2週間しっかり準備したことを明日の試合で自分の役割を果たすことに集中したい。明日の試合は暑い試合になると思うのでゲームコントロールでキックの使い分けを優さんと自分でやらなければいけないのでそこを見てほしい。


――何を意識したい


経験豊富な選手もいるが若いチームなのでどれだけ今の代表がやろうとしているラグビーができるか。その中で一人ひとりが自分を出すことが大事。代表は意識しないといけないが、コンディションで苦労しているので、自分の仕事ができるかにプレッシャーを感じている。足を引っ張らないようにしたい。


――どこの調子が悪い?


リーグワンの後半から試合に出たり出なかったりと足の状態が良くない。




――代表への思いは?


チャンスがあればくらいで、まずは自分のチームでレギュラーをとらないといけない。そこまで意識していないが、自分のできることを発揮できるようしていました


――ジョセフHCも期待していました。


プレッシャーをかけてもらっていると思って頑張りたい。

――宮崎合宿ではSH流が離脱している。小川選手への期待もかかるが?


大のこともありますが、あまり気にしていませんが、明日に集中していきたい。


――SHとして誰にボールもたせたい?


(根塚)洸雅にトライ取らしたいですね! やっぱベスト15にいっしょに選ばれたので一緒に頑張りたい。

「ポジションも複数できるのでユーティリティーBKとしてアピールしたい」WTB/CTB メイン平

――今の状態は


僕自身、初めての代表活動で、一つ自分の夢でもあったので、ワクワクしていますし、コンディションもシーズン終わって少し空いていましたが、この2週間で仕上げることができたかなと思います。スピードだったり、コンタクトの部分は激しかった。コンタクトの部分は戻ったかなと思います。


――リザーブでメンバー入りをしました


夢でもあった日本代表の第一歩ということで少し緊張もありますが、このレベルの高い舞台で自分の強みをどれだけ発揮できるかがチャレンジになると思います。僕はランが得意なので、ボールキャリーの部分でアピールしたい。ポジションも複数できるのでユーティリティーBKとしてアピールしたい。

――W杯に向けての意気込みは


しっかり明日は、自分の強みを発揮して、もし次の合宿に呼ばれることがあったら、自分のベストを尽くすだけなので、頑張りたい。


――宮崎ラグビースクールの先輩であるPR竹内選手と一緒に代表入り


すごく嬉しいですし、小さい頃からラグビーやっていたのですこし不思議な感じがするが嬉しいですね。


――トンガサムライXVと気持ちは違う?


僕はあまり考えたりしないので、自分のことだけに集中するようにしているのであまり変わらないです。トンガ戦は出場時間はあまり長くなかったので、改善するポイントは見つかっていないので、FBで出られたことは自分のいい財産になったと思います。


――ポジションは?

メインはWTBで、15番、13番もカバーして、と言われています。


――リーグワンの経験は?


ブラックラムズはケガ人が多くて、いろんなポジションを任されることが多かったので、臨機応変にいろんなポジションができるようになったかなと思います。


――ジョセフCHはテストマッチのプレッシャーでプレーできるかと見たいと話している


ジェイミーさんもそう言っていますが、自分たちのやることは変わらないので、いつも通り、自分らしく、自分のルーティーンでやっていきたい。


――先発で出たかった?


出られたら何でもいいかなと思います。




――オフもありました


直前で合宿呼ばれた側なので、正直何もしていなかったので焦りました。そんなに空いている訳でもなかったので、ちょっとやったら戻ってきました。


――辻選手は宮崎合宿に合流しました


辻選手がトンガ戦頑張っていたので、試合でいいパフォーマンスすれば宮崎に呼ばれると辻選手を通してわかったので、自分も呼ばれるようにパフォーマンスしたい。(宮崎は)地元なのでもちろん行きたいですね!

ウルグアイ戦試合登録メンバー

1.三浦昌悟

1.三浦昌悟

2.堀越康介

2.堀越康介

3.淺岡俊亮

3.淺岡俊亮

4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト

4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト

5.大戸裕矢

5.大戸裕矢

6.飯野晃司

6.飯野晃司

7.山本浩輝

7.山本浩輝

8.テビタ・タタフ

8.テビタ・タタフ

9.小川高廣

9.小川高廣

10.田村優

10.田村優

11.根塚洸雅

11.根塚洸雅

12.ラファエレティモシー

12.ラファエレティモシー

13.シェーン・ゲイツ

13.シェーン・ゲイツ

14.竹山晃暉

14.竹山晃暉

15.尾崎晟也

15.尾崎晟也

16.日野剛志

17.海士広大

17.海士広大

18.竹内柊平

18.竹内柊平

19.秋山大地

19.秋山大地

20.シオネ・ラベマイ

20.シオネ・ラベマイ

21.茂野海人

21.茂野海人

22.立川理道

22.立川理道

23.メイン平

23.メイン平

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ