ウルフパック、フォースに勝利し3連勝・収穫と課題 | ラグビージャパン365

ウルフパック、フォースに勝利し3連勝・収穫と課題

2019/04/28

文●編集部


27日、ラグビー日本代表候補選手で構成されたチーム「ウルフパック」が、2017年までスーパーラグビーに参戦していたオーストラリア・ウエスタンフォースと強化試合を行った。10番には、松田力也(パナソニック)が入り、ケガをした松島幸太朗に代わり、FBには野口竜司ら若い選手を起用した。

一方、ウエスタン・フォースはサモア代表キャップをもつSOアラティム、CTBタエフ、さらにセブンズ・フィジー代表のWTBダクカワといった選手が出場した。

先発のSO松田のPGでフォースにプレッシャーをかけた

先発のSO松田のPGでフォースにプレッシャーをかけた

前半から、ウルフパックがペースを掴み、前半20分までに20-0と大きくリード。一時は10点差まで追い上げられるも、SO松田の正確なPGで得点を積み重ね、36分にはNO8マフィが2試合連続となるトライで30-10と20点差をつけて前半を終える。

マフィは2試合連続のトライ。インパクトあるプレーを見せた

マフィは2試合連続のトライ。インパクトあるプレーを見せた

 

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ