サモア戦メンバー発表!「あくまでも自分たちにフォーカス。いいパフォーマンスをすればいい結果がついてくる」ジェイミー・ジョセフHC | ラグビージャパン365

サモア戦メンバー発表!「あくまでも自分たちにフォーカス。いいパフォーマンスをすればいい結果がついてくる」ジェイミー・ジョセフHC

2019/10/04

文●編集部


4日、ラグビー日本代表は6日に行われるサモア代表戦の試合登録メンバーを発表した。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは「自分たちだけにフォーカス。サモア戦はベスト8入りするためのストーリーの一つ」として、「選手たちは貪欲で、やる気まんまん。」と話した。また、セレクションについては、「経験者を後半から出場させること」「スコッド全員を出すことでその先のことも考える」としながらも、「サモアはスコッドランドに負けて、さらに、出場停止の選手がいて、結束力が高まっている。これまで以上にタフな試合になるだろう」と、全く隙を見せない。

ラグビー日本代表・サモア戦メンバー カッコ内の数字は代表スコッド

1 稲垣啓太(28)
2 堀江翔太(61)
3 ヴァル・アサエリ愛(8)
4 ヴィンピー・ファンデルバルト(12)
5 ジェームス・ムーア(2)
6 リーチ・マイケル(62)
7 ピーター・ラブスカフニ(2)
8 姫野和樹(12)
9 流大(18)
10 田村優(57)
11 レメキ・ロマノラヴァ(11)
12 中村亮土(18)
13 ラファエレ・ティモシー(17)
14 松島幸太朗(33)
15 ウィリアム・トゥポウ(9)
16 坂手淳史(16)
17 中島イシレリ(2)
18 具智元(7)
19 トンプソン・ルーク(66)
20 ツイヘンドリック(44)
21 田中史朗(70)
22 松田力也(19)
23 山中亮平(13)

サモアは結束力が高まっている。かなりフィジカルな試合になる

――メンバー選考と意気込み


ジョセフHC テストマッチは非常に接戦が多くなっている。だからこそ、後半、ベンチで強い、いい選手が揃っていること大事。ここ1~2年で、層を深く強化してきたが、経験者が試合を締めることが大事ということで、こういったベンチ構成になっています。田中は3回W杯出場して経験値の高い選手です。堀江もアイルランド戦で非常にいいプレーをして80分プレーしました。彼も(今回)ベンチから経験をもたらしてくれるということなので、そういう意味でバランスを取りました。サモアも今大会、真っ向勝負、切羽詰まった状態なので、思いっきりかかってくる。

ラピースがキャプテンですが、前回、リーチをベンチにしたのは、プレーのところをしっかりしないといけない。彼にのしかかるプレッシャーを軽減した。ラピースがゲームキャプテンやると2点、こちらの利点になることがあります。彼は非常にフィールド内でいい働きをしてくれています、チームをよくひっぱってくれています。リーチがチームのキャプテンなのは間違いないですが、彼の負担を軽減することによって、彼がラグビーに専念できることは、この大会で重要なことだと思います。

前回、サモアはスコットランドに負けて、かなりつらい思いをしていて、選手のサスペンションが出てしまい、そうなるとチームが苦しいとき、より結束力高まると思っているので、真っ向勝負で、かなりフィジカルな試合になると思っています。

スコット全員を見て、どういう組み合わせでどういう力が発揮できるのか見定めたい

――坂手が先発、ナキ、トモ(トンプソン)がメンバー外です


ジョセフHC トモは前回ちょっと負傷(※首のようです)しました。そこで変更が必要になりました。LOのポジションは、各選手が持っている持ち味が違います。そこも競争率を高くしたい。今回、ウヴェはビッグでフィジカルな選手ですが、膝もいい調子になりましたし、久々にいいコンディショニングでいいトレーンニングをしているので、今回メンバー入りしました。

トモの力量、実力わかっています。彼は戦っているときに非常にいいパフォーマンスをしてくれています。目標を達成するためには、サモア以降のことも考えないといけないので、それに向けてポジション争いをさせることで、スコッド全員が貪欲な気持ちで取り組んでくれることが望ましい。(ポジション争いが激しくなることで)セレクションに関して、コーチ陣にプレッシャーがかかることはあるが、それは全く問題ない。

ナキに関して、ケガは試合当日、思ったより深刻ではありませんでしたが、今回はヘンドリックを入れることによって、全員を見てみて、この先の試合で、どういう組み合わせで、どういう実力があるかを見定めたい。

選手は貪欲で、やる気満々。いいプレーをしてほしいと思っているだけ。

――今大会、タイトファイブの調子の良いが・・・


一貫した準備をするということが鍵になっていると思うが、我々は今回の大会は、完全に1週間、準備をもうけることができ、特別なことをしているわけではないが、しっかりとしたリカバリーができています。徐々にインテンシティーを上げた練習ができていて、そこも変える必要はないと思います。一貫した準備が一貫したパフォーマンスを出せると思っています。一貫性が出ないときはケガ人やその他の外的要素があると思います。基本やることやっているから一貫性が出ていると思います。


――大きな勝利の後、一貫性が大事で準備してきたと思いますが、今週の様子は?


選手たちもしっかり理解していますし、大きな試合の後、もう一回、立ち上がって、心身ともにしっかりと挑まないといけないことがある。次の試合は、よりタフな試合になると思います。特にメンタル的に。連戦の中で どういう試合をしてしまうか、日本代表は過去の成績から、(大きな試合の後、負けてしまうというような)ネガティブな印象を抱かれてしまうこともあると思います。

ですが、我々はあくまでも目標を高く設定していて、トップ8に入ることです。あくまでもトップ8へのステップだと思います。そこに達成するまでの計画があります。それは変わることはない。今週は新たなチャレンジ、それがサモア戦になるだけです。選手たちは貪欲で、やる気まんまんです。いいプレーしてほしいと思っているだけです。


ボーナスポイントにはフォーカスしていない。しっかりパフォーマンスをすれば良い成果がついてくる

――サモアは、ディシプリンに難がありますが、どういうアタックが有効か? 


どういうふうに相手を責めるのか、2日前に戦術的なことを話すのはちょっと控えたいと思います。あくまでも我々は自分たちにフォーカスしているわけですし、自分たちがどういう戦いをするかは自分たちが一番よくわかっていますし、過去2戦でみなさんもご覧いただけたと思います。

相手が変わるだけで、我々は変わりません。で、しっかりと(自分たちに)フォーカスして、いいパフォーマンスすればいい結果がついてくる。サモアが規律を守れないことについて、いろんな記事が出ていますが。サモアの問題です。我々は規律を持って戦える、何かあってもその状況に対して、臨機応変に戦えるチームだと思います。


――ボーナスポイントに対する考え方を教えてください。


そこはフォーカスしていませんし、BPのことは考えていません。まずいいパフォーマンスをすることだけにしか焦点を当てていません。しっかり相手にプレッシャーをかけて、勝機をつくっていくだけです。チームとしてそういう話しかしていません。しっかりパフォーマンスすれば、いい成果がついてくると思っています。そうでなければきつい試合になると思います。過去のワールドカップを考えると、BPを考えながら入る試合はなかったと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ