ジェイミージャパン、ウルグアイ戦試合登録メンバー発表!「ここからの18ヶ月、自分たちのラグビーを証明することが自分たちの挑戦になる」 | ラグビージャパン365

ジェイミージャパン、ウルグアイ戦試合登録メンバー発表!「ここからの18ヶ月、自分たちのラグビーを証明することが自分たちの挑戦になる」

2022/06/16

文●編集部


6月18日に行われるウルグアイ代表と対戦するラグビー日本代表の試合登録メンバーが発表された。ジェイミー・ジョセフHCは当日ゲームには行くものの、堀川隆延HCらNDSのコーチ陣に試合の指揮を託す。日本代表へ引き上げる要因について質問されると、特定の選手をあげることなく全員のパフォーマンスに注目するとし、「ここからの18ヶ月、自分たちのラグビーを証明することが自分たちの挑戦になる。」と意気込みを話した。


――当日、指揮を執るのか?


(当日)ゲームには行きます。選手のパフォーマンスを観察します。(ゲームは)堀川、ソアカイ、斉藤のコーチ陣に任せます。選手の選出は自分がやりました。良い試合をすることを楽しみにしています。

辻雄康

辻雄康




――LO辻雄康に関して


この2つのチームに関してヘッドコーチとしてはワンチーム、一つの家族だと思います。ウルグアイ代表戦で選手をしっかり育成することができますし、いい経験を積ませることができます。LO辻は別府でスタートして、代表メンバーのケガもあり、彼のパフォーマンスを見た上で宮崎に呼びました。一度も(一緒に)仕事をしていなかったこともあり興味を持ちました。PR北川賢吾も同じ状況で、(代表チームの)ケガやパフォーマンスでチャンスを与えました。




――ウルグアイ代表戦で見たいポジションは?


全員を見ています。テストマッチでプレッシャーに耐えることができるか見ていきます。違うチームから来て、違う形で準備してきて、準備の部分もしっかりできているか見ていきたい。1週間しか準備期間はなかったが、どうできるかチャレンジだし楽しみにしています。

ジェイミー・ジョセフHC

ジェイミー・ジョセフHC



――2つのチームを同時期に動かすことは大変なのでは?


スターティングポイントとしては2年半で6試合しかできなかったことがまずあります。その中で選手を育成することは難しかった。チームを加速するために、選手を育成するためにも、協会としても今回の取り組みは良かった。2016年はサンウルブズ、日本代表、NDSを見て、責任もあって自分も選手を選考して、W杯で最高の準備をしてW杯のパフォーマンスにつながった。パンデミックで難しかった部分もありますが、今回の選考では堀川隆延HCもいい仕事をしてくれたと思います。

――宮崎から選手が外れて、別府からも合流する?


何人かは宮崎に来ることになりそうです。宮崎にも40人くらいいるので、そこまでサポートはいると思っていません。NDSで2試合、宮崎で3試合ありますが、行き来の動きはあると思います。経験ある選手もいますし、田村、ヴィンピー、ラファエレ、ゲイツもいる。この試合を通してどうパフォーマンスするか楽しみです。フランス代表戦後は2ヶ月後の休みを与えて、9月に大きなスコッドを招集して、9月のキャンペーンに向かっていきたい。




――トンガ戦の先発は日本代表に近いと堀川HCが話していました。今回も先発が日本代表に近いメンバーなのか?


たくさんの理由があるが、スタートでしっかりインパクトを出す選手、リザーブからも上がって試合にインパクトを与えて、接戦で良い仕事をして勝ち取る選手も探しています。バラエティーに富んだ選手たちということで、決まった選手を考えておらず、今回の選出を決めています


――どんな活躍したら宮崎に引き上げられる?


スタンダードという意味ではいいパフォーマンスを見たいと思っています。今のチームに33名いるので、そこまで多くの人数はいらない。あなたは次の試合を見ているが、私は(5月から見て)次の18ヶ月間、考えています。これからたくさん試合があるがW杯につなげていかないといけない。2年半で6試合しかしていない。チームとして遅れを取っている。その解決策として若い選手を使っていき、テストマッチのプレッシャーで耐えられるパフォーマンスをしてもらい、経験のある選手はベストじゃないパフォーマンスが間違っていると証明したい。ここからの18ヶ月、自分たちのラグビーを証明することが自分たちの挑戦になる。

――ノンキャップのWTB竹山、WTB根塚、久しぶりの代表キャップ獲得となる選手への期待、評価は?


すべての選手にいいパフォーマンスをしてほしい。テストマッチの中でいいパフォーマンスができるか、選手層を厚くするためには重要です。試合の中で、自分の仕事をクリアして達成できるか。それがチームとして個人として成功できるかを見ていきたい。

別府のメンバーには日本代表としてしっかり戦ってもらいたい。SH小川高廣は過去5年間、田中史朗、流大らがSHとして出ていて、田中は(代表を)引退したが、彼にチャンスが回ってきた。今週土曜日、(個々の選手が)どんなパフォーマンスをするか見たい。

ウルグアイ戦日本代表試合登録メンバー カッコの数はキャップ数

1 三浦 昌悟(7)
2 堀越 康介(4)
3 淺岡 俊亮(-)
4 ヴィンピー・ファンデルヴァルト(18)
5 大戸 裕矢(4)
6 飯野 晃司(-)
7 山本 浩輝(5)
8 テビタ・タタフ(9)
9 小川 高廣(2)
10 田村 優 ◎(68)
11 根塚 洸雅(-)
12 ラファエレ ティモシー(27)
13 シェーン・ゲイツ(1)
14 竹山 晃暉(-)
15 尾﨑 晟也(3)
16 日野 剛志(4)
17 海士 広大(-)
18 竹内 柊平(-)
19 秋山 大地(-)
20 シオネ・ラベマイ(-)
21 茂野 海人(13)
22 立川 理道(55)
23 メイン 平(-)

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ