ジェイミー・ジョセフHC記者会見「目標はより明確になった。課題は選手層の厚み」 | ラグビージャパン365

ジェイミー・ジョセフHC記者会見「目標はより明確になった。課題は選手層の厚み」

2020/12/16

文●編集部


14日、フランスで行われた組分け抽選会の結果、ラグビーワールドカップ2023フランス大会で15人制ラグビー男子日本代表は、イングランド、アルゼンチンと同組にあることが決まった。一夜明けて、ジェイミー・ジョセフHCと藤井雄一郎強化委員長がオンラインで会見を行った。

スコッド発表は2021年4月25日から―ライオンズ戦の前に1試合、あとに2試合、4試合はやりたい 藤井雄一郎強化委員長

日本はイングランド、アルゼンチンと同じ組ということで、相手も決まって本当に興奮しているし待ち遠しい。日本はずっと狙える立場の方が本領発揮すると思うので僕らの中ではいい相手。エディー・ジョーンズのイングランドに関しては、みんないろんな気持ちをもって戦っていけるので良いプールに入った。

スコッドは、トップリーグのセカンドステージが4月25日に終わるのですぐに発表します。プレーオフに行かない選手はフィットネス合宿をスタートします。プレーオフがおわったら全員集まってライオンズ戦にむけて合宿が始まる予定です。

現在交渉中だが、ライオンズ戦前に1試合やりたいのと、帰ってきてから2試合か、帰ってくる前にどこかの国で2試合組みたいと調整しています。今、ティア1のチームにアプローチしています。Band1のチームとより多く試合をしたい。岩渕専務理事にお願いをしていることです。

コロナの状況でどうなるかわからないですが、最低4試合はやりたい。
来月からトップリーグが開幕、ジェイミーも1月の終わり頃から来日していろんなチームをまわりながら新しい選手を発掘、視察しようとしています。


「選手たちをラグビーに戻すこと」日本代表 ジェイミー・ジョセフHC

まず、抽選会がおわって非常にエキサイティングな気持ちになりました、それは2023年 の対戦相手が具体的に決まったからです。特にイングランドについては、エディー・ジョーンズHCと日本との関係性を考えると選手たちも含め楽しみの対戦になるだろうと思います。

ディア1の2カ国、アルゼンチン、イングランドはオールブラックスに勝利しているチームで、我々にとっては大きなチャレンジングになる。とても楽しみのあるプールだと思いました。

2020年、ほとんどテストマッチできない、ラグビーがない状態で、スポーツの世界が変わった1年だったと思います。選手たちは十分すぎるほど休むことになりました。ですが我々の手でコントロールできることではないので、そこに執着せず、2023年をこれからを楽しみにできること、まずは6月のライオンズ戦をみていきたい。今の時点で 何も決定していませんが、来年テストマッチができると信じて、期待して、テストマッチが必要であるという思いです。

スコッドはたくさんの選手がラグビーできない状態でした。その中で松島(幸太朗)選手がフランスで大活躍していることは、他の選手が世界でも活躍できるという自信をもつきっかけになってくれている。選手が他の大会で活躍するのはみていていい材料になると思います。

個人的に思うのは、日本が懐かしい。日本の皆様に早く会いたいということです。選手たちとはメールやZOOMでやりとりしていましたが直接会うことが一番です。1月下旬に日本に戻ることが待ち遠しいです。


――抽選を待っている時の心境


昨日の抽選会は時差の関係もあって、深夜2時頃でした。そういった意味では疲れもありましたがエキサイティングな気持ちも多かった。相手がわからないよりわかったほうが具体的になります。昨年のワールドカップでの成功で皆さんも次のワールドカップに期待しているので皆さんもエキサイティングだと思います。

2つのパワフルなチームと対戦するのですが、ともにセットピースが強く、体も大きいしフィジカルなチームなので我々にとっては大きな挑戦になると思いますが、3年間準備できる時間があります。これまでやってきたラグビーが彼らと全く違うので、我々が何をしてくるかわからないという意味では相手にとってもイーブンだと思います。

日本も最近までティア2でした。どこがあがっても成長しているチームだと思います。どのチームがきてもリスペクトして臨みたい。


ライオンズ戦以外はまだ未定、決まってくればより具体的なスタートがきれる

――日本の選手の状態は?大学生で気になる選手はいましたか?


大学ラグビーは見ていますが、大学生選手について具体的に申し上げる立場ではない。すごく覚えているのは2016年、姫野が帝京大学でプレーしているところが記憶に残っています。

今現在プレーしている選手が2023年の舞台に立っていてもおかしくない。試合を見ることはできていますがまだ具体的な選手を申し上げる段階ではないですがとても楽しみであることは間違いないです。


――代表の活動ができない。活動はトップリーグが終わってから実施するのか。ショートキャンプもあるのか


ワールドカップ終了後、どういう準備するかは想定していましたが、コロナが起きてラグビーだけでなく、スポーツ全体が止まってしまいました。今大事なことは選手をラグビーに戻していくこと。トップリーグが待っているし、ライオンズの試合もあります。1試合のみなので他のテストマッチとは位置づけが異なります。ただ日本代表がライオンズと対戦することができる事自体、素晴らしい機会ですし、一度きりの貴重な機会だと思っています。

藤井さんもおっしゃっていましたが、他の試合も決まっていけば、より具体的になスタートがきれると思いますし、ますますやることがでてきます。

――これだけ早い段階で抽選で相手を見据えた選手選考になるのか


自分たちのやっていることは全てワールドカップにつながっています。最初にやらなければならないのは、選手たちをラグビーに戻すこと。元のフォームに戻すことだと思います。

新人も入ってくると思いますし、ワールドカップが終わって予期せぬコロナがあって、
一回リセットになってしまった。時間が立つにつれてどんどん相手を見据えたものに自ずとなってくると思います。

2019年の準備でも同じことが言えます。自分が就任当初も自分の知らない選手がたくさんいましたが選手を選んでジョージア、ウェールズと対戦して、その時の状態では良い成果がでたヨーロッパ遠征でした。

同じアプローチが今回も始まります。トップリーグが始まって、チャンスと思ってアピールする選手がいて、我々が評価して始まります。その中で経験のある選手がいて、トモ(トンプソン・ルーク)のように、堀江、リーチ、姫野など活躍してくれると思います。

対イングランド、アルゼンチン向け強化したい部分は、スクラム、ラインアウトそしてディフェンス

――どういうところを強化したいか 

我々のラグビースタイルは本当にフリーフロー。スピードがあって非常にスキルフルで日本人の良さを活かしていくことは今後も変わらない。ただ、相手が変わってきます。イングランド、アルゼンチンはセットピースが強く、体が大きくフィジカルなゲームしてくるところがこれまでと違ってくる。

今思い浮かぶのは、スクラム、ラインアウトをもっと強化しなければならないし、ディフェンスも、もっとやっていかなければならない。相手も我々に我々にあわせた準備をしてくるし、隙を狙ってくるし、責められる部分をやってくると思います。そこを見据えて選手選考や強化は適切なものをやっていかないといけない。

一方で、2019年の戦いまで我々が出来ることが一定度示すことができたと思います。南アフリカとの試合でもそうです。そういったことを足がかりにこれからの3年間の準備をかんがえていかないといけない。

目標は「まずはベスト8」

――選手の強化といことではスーパーラグビー・サンウルブズの役割が大きかったが、それがなくなった今、どうカバーしていこうと考えていますか


サンウルブズはたしかに選手強化という点において大きく寄与していました。同等のものが準備に対して必要なものだと思います。ただ、スーパーラグビーは毎年変わっているものでこの状況では戻ることはないと思います。

トップリーグだけでは十分ではないので、スーパーラグビーと同等の大会に絶対に出場することが必要。テストマッチについては国際的に伸ばすとか、ラグビーのカレンダーはいろいろなオプションを今検討しています。




――ワールドカップにおける目標


ワールドカップに参加するチームは当然、どのチームもプレーオフ突破(ベスト8)をまず狙っていきます。バンド1、2は特にそうです。プレーオフに上がったあと、次の試合で勝つべくために戦略を考えていく。日本も昨年の成績からそこを狙っても何らおかしくないチームになりました。

イングランド、アルゼンチンに勝てるチームをこれから作り出さないと行けない。ニュージーランドや南アフリカのようなチームではないのので相手に点差をつけるのではなく、タイトなゲーム。接戦で勝つとなっていくと思う。この理解を持つことが一つのポイントになる。そこを加味して、まずはゴールはトップ8です。

2019年を振り返って、一番の課題は「選手層の厚み」

――アルゼンチンというチームについて


彼らに限らず、代表チームは自分の国のために戦います。昨年の我々もホームでワールドカップが開催され、すぐそばに支えてくれる感情や情熱があって、それが大成功の要因の一つになりました。アルゼンチンは特に大きな情熱があり、お互いのために戦ってオールブラックスにも勝利しました。そういうチームと戦う。そういう部分は本当に大きな要素だと思います。


まずはプレーオフ突破を見据えていくことがよいだろうと思っています。




――FWでアピールしてほしい選手



昨年のワールドカップを戦う中で一つ思ったことはワールドカップに出てくるチームは準備万端で出てくるとということ。日本ラグビーの一番の課題は選手層の厚みだと思う。ポジションでいうとセカンドローで、テストマッチが戦える選手をどれだけ抱えることができるかだと思います。


昨年の戦いや準備を振り返ると決してパーフェクトの状態ではなかった。幸い大きな怪我がなかったことはラッキーだったお言えるかもしれませんが、大会期間中でいろんなことがたくさんあって、スコッドがローテーションしながらもでもギュッとまとまったスコッドでないといけないので、ポジション問わず、全体的に2023年にむけて厚みをつけていきたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ