フィジーに快勝!宮崎合宿の成果、チームの成長を見せたジェイミージャパン | ラグビージャパン365

フィジーに快勝!宮崎合宿の成果、チームの成長を見せたジェイミージャパン

2019/07/27

文●編集部


ラグビーワールドカップ日本大会に向け重要なテストマッチ3連戦の初戦、フィジー代表と戦った日本代表。30度を超える灼熱の厳しい環境の中、釜石鵜住居復興スタジアムに訪れた13,135人の観衆を前に素晴らしい戦いを見せ、前半だけで4トライを決め、34-21で快勝。対フィジー代表には8年ぶりの勝利を果たし、ベスト8入りに大きな期待を膨らませるチームの成長を感じさせた。ジェイミー・ジョセフHC、ピーター・ラブスカフニゲームキャプテンが試合を振り返った。

「宮崎合宿の成果が出た。強度も強く、集中力もあった」日本代表ジェイミー・ジョセフHC

とにかくグランドもファンも素晴らしかったです。釜石の人たちが(試合ができる環境を)大変苦労して作り上げてくれたのだと思うので、(釜石の)皆さんのためにも良い試合をしたかった。選手たちはこの試合の為に準備してきました。

会場内外で大いにもりあがった

会場内外で大いにもりあがった

宮崎で長期間合宿をしてフィットネスを上げてきました。その成果が出たのでとてもハッピーです。強度も高く、集中力もありました。スタッツを見ると少しミスもあったが、前半フィジーにプレッシャーをかけることができ、ポゼッションも良かった。また、早い時間帯でラピースをケガで失ったのは残念でしたが、リーチが入ってチームを引っ張り、その後もボールを動かし続け、キックも使いフィジカルもよく戦えました。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ