下川甲嗣「1つ1つ吸収してレベルアップ」スコッド入りへアピール | ラグビージャパン365

下川甲嗣「1つ1つ吸収してレベルアップ」スコッド入りへアピール

2022/09/06

文●編集部


5日、大分合宿を開始したジェイミージャパン。怪我により6月・7月の夏ツアーに参加できなかった下川甲嗣(東京サントリーサンゴリアス・0キャップ)は練習を終え、「本当に1つ1つという感じで吸収してレベルアップしたい」と意気込みを話した。

――初の日本代表合宿


すごいタフだなと感じています。チームのことを一番わかっていてリスペクトしているリーチさんにスキルや合宿でのスケジューリングとか、自分の管理のこととか、いろいろ教えてもらって、吸収していることが多いです。

長い合宿でどう準備していくかにフォーカスしています。初めての選出だったので、このチームの決まりごとにコミットしないといけないと思っています。スキルもそうですが、グラウンド外でもどういうリズムでいくかを覚えようと思っています。


――多くの人が初めて


大半は初めましてです。松島(幸太朗)さんとはクラブハウスで挨拶しただけです。オーラを感じます。



――3月にケガして、5月の代表候補に名前があって、今回呼ばれたが?


最後まで出られなかったが、出られた部分で評価されたのは嬉しかったし、自信につながります。(新人賞は)あまり意識していなかったです。今回、(社会人)2シーズン目でしたが、初めてのシーズンはコンタクトで差を感じましたが、慣れた部分やトレーニングで強くなったのが大きかったです。


――どこが評価されたと思っている。


バックローとして、自分の持ち味は運動量だと思うので、そこを評価してくれたのかなと思います。チームでは外側メインだったが、大学では内側もやっていたのでマルチに評価してくれたのかもしれません。


――ここからワールドカップに向けて


1つ1つ階段を上がっていきたいです。本当に1つ1つという感じで。吸収してレベルアップしたいです。遅れを感じているので、次のトレーニングには対応したいです。まずこの合宿で自分の持ち味を全面に出してできることをアピールして、それでもしダメだったら、次(を考えたい)。



記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ