中野将伍(CTB・東京サントリーサンゴリアス)代表生き残りのためフィットネスもスピードも強化 | ラグビージャパン365

中野将伍(CTB・東京サントリーサンゴリアス)代表生き残りのためフィットネスもスピードも強化

2021/10/09

文●編集部


ラグビー日本代表・宮崎合宿にNDSとして招集された中野将伍(CTB・東京サントリーサンゴリアス)は、オンライン取材で「オフロードで勝負していきたい。ケレヴィのように世界で通用する選手になるには、もっとスピードもディフェンスも重要」と話した。代表生き残りをかけて挑戦は続く。

遠征メンバーに!毎回の練習で力を出し切る

――現在の目標は


遠征メンバーに選ばれるように頑張りたい。そのためには毎回の練習でパフォーマンスに波がないようにいいパフォーマンスをして、毎回の練習で力を出し切ることが大事だと思っています。今までやっていたCTBで勝負したい気持ちもありますが、昨季のトップリーグでWTBもやって両方経験して2つポジションできるのは引き出しにもなりますし、いいパフォーマンスを出せばプラスにつながりますし、どっちで出てもいいパフォーマンスを出せる選手になりたい。


――サントリー同期のSH齋藤が6月に初キャップを取りました。


話とか特にそんなにしてないが、もちろん、(日本代表は)自分自身も目指しているところでありますし、同じチームCTBで中村亮土さんも出ていたのでもっと頑張ろうと思いました。


――自分の強み、課題は


自分の強みであるフィジカルを活かした突破力だったり、オフロードパスでは勝負していきたい。ケレヴィや世界で通用する選手になるには、もっとスピードも重要だし、ディフェンス力も重要なので、もっとレベルアップしていきたい。


――コーチ陣からはWTB、CTBのポジションはいわれている?


特に言われていない。


――トップリーグが終わってから何をしていましたか?


トップリーグ決勝で少し脳震盪してしまって、それをまず1回、治して、もう1回フィットネスや体作り、スピードトレーニングをしっかりやっていました。トップリーグを経験してのオフがはじめてだったので、サントリーのS&Cコーチとフィットネスやスピードメニューを多く取り組んでいました。数値的にはわからないが、フィットネスもスピードも感覚的にはよくなってきていると思います。


――春の代表に参加できず悔しかった?


行けなかったことは悔しかったが、怪我を治して、次の新リーグに向けて活躍することを目標にして、1ヶ月くらいで治ってからトレーニングしていました。


――アピールしてツアーに参加したい?


練習で自分のパフォーマンスを常に出せばいい結果につながるんじゃないかなと思います。毎回アピールしたい。もちろん、早く試合に出たい気持ちがありますし、そのためにはパフォーマンスを出し続けて、同じポジションの選手との競争に勝つことが大事です。


――次のW杯への思いは


もちろん、そこを目標に向かってやっているところですね。目の前のチャンスからつかんでいこうとやっています。チャンスがあればどんどんチャレンジしたい。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ