代表復帰!流大「今は、2023年が最大のターゲット」 | ラグビージャパン365

代表復帰!流大「今は、2023年が最大のターゲット」

2021/09/29

文●編集部


29日、ラグビー日本代表は10月のオーストラリア戦を皮切りにおこなわれるテストマッチにむけた準備のため宮崎合宿を開始。2019年のワールドカップ(W杯)に出場し、チームのリーダーグループとして戦った流大(SH・サントリー)選手。春のツアーは自ら辞退した。その背景にあったものとは。また代表から離れていた期間のことや、再び代表復帰を決意した背景についてオンライン取材で語った。

「2020年のテストマッチが中止して、どこを目指していいかわからなくなった時期があった」

――久しぶりの代表活動です


W杯が終わった後と次の年まではモチベーション高くやっていましたが、2020年、夏と秋のテストマッチが中止になって、すごく残念でしたし準備したものがなくなって、次どこを目指していいかわからなくなった時期があった。ジェイミーにも相談させてもらって、前回のツアーは辞退させていただきました。



――ジェイミーとはどんな話を?


僕の中では体も心も100%でないと代表に参加すべきではないというポリシーがあったので、今回モチベーション的に少し難しいと話しました。ジェイミーも何人かそういう選手がいると把握していました。

アイルランド戦、ライオンズ戦に向けては急ピッチでチーム作りあげないといけないので、可能なら(代表に)来てほしいというのと、ライオンズ戦は大きな経験になるので、チャレンジしてもいいのでは?と言われました。

その日はそれで終わって、考え直す期間を与えてくれました。1週間後に、ライオンズ戦の重要性はラグビー選手である限り理解をしていました。もう(対戦することは)一生ないとも思いましたが、それよりも自分のメンタルのケアと自分自身が100%の状態でないと(代表には)行けないと伝え、(ジェイミーから)「また戻ってきてくれることを楽しみにしている」と言われました。


――代表への招集を辞退することで、次回招集されないかもというような不安はなかった?


今回選ばれるかどうかわかっていなかったですが、不安というか、(辞退したこと)それは自分が下した決断で、全てを受け入れて、次できることを頑張ろうという気持ちでいました。



――このオフでどうリフレッシュしたか?


実家に帰ってゆっくりした時間を過ごしたのと、新しい趣味を見つけて、ゴルフを楽しむことができました。



――ラグビーから離れたというより、体を休ませたという感じですか?


どっちかというと体はそこまで追い込まれた状態ではなかったです。メンタルも追い込まれていたわけではなく、100%じゃなかったというのが理由でした。今までは代表に行くとき、ワクワク感とか日本のためにという感情が芽生えていました。

トップリーグ期間中はその感情少し薄れていました。正直、トップリーグのファイナルが終わってからラグビーから距離を取りました。実際、サンウルブズとの試合はリアルタイムで見ましたが、ライオンズ、アイルランドの試合は後々見返した感じです。


――そういう心境の中で見た6月のテストマッチはどんな印象でしたか?


9番のポジションで出ていた選手は僕の中ではみんなよかったと思います。(齋藤)直人も(茂野)海人さんも出来ることやったと思います。トライの取られ方が簡単だったので、ディフェンスのオーガナイズのところはどうだったのかなと気になりましたが、ボールのテンポとか、キックで多少ミスがあったりしたが、チームの戦術にあったことができていたと思います。


――後輩のSH齋藤直人がいいプレーをしていました。


もちろん、本当に能力があることをわかっていたし、一緒にプレーしていて素晴らしい選手だとわかっていたので、あれくらいプレーするのが普通だと思っていました。これからライバルになりますが、一緒に頑張っていきたいなという気持ちがあります


――ライオンズ戦、アイルランド戦の戦いをみたことが代表に戻るきっかけとなった?


どの試合が(きっかけになった)ということはないですが、オフをいただいて、もちろん、代表が活躍している姿とか、代表がああやって敵地でアイルランドを追い詰めたり、ライオンズにも食い下がったり下姿を見ると、もう一度やりたいなという気持ちが(徐々に)芽生えてきました。


――オフの期間、林大成選手や木村選手らと色々と活動をされていました。また子どもたちに向けたイベントも行っていましたがそういったものも(代表に)戻る力となった?


姫野(和樹)といっしょにやったオンラインイベントで、本当は2年前から、福岡でやろうと思っていたイベントが(今回やりました)。参加者も多かったですし、キラキラした子どもたちがいるのがわかりました。実際にやってみて良かったし、子どもたちと過ごすことでパワーをもらえました。


「何も保証されていない。もう1回チャレンジしたい」

――秋のシリーズでフォーカスをあてたいこと、ポジション争いは?


まず経験の部分では他の選手と比べて少しあるかなと思いますが、ポジション争いに関していえば、テストマッチからも離れてアドバンテージは全くないと思っています。何も保証されていないのでもう1回チャレンジしたい。新しい選手もたくさんいるので、オフフィールドでもコミュニケーションとっていい方向に向かっていきたい。



――新たな目標が見つかった?


ラグビーから離れたところで、チャンスがあれば代表に行きたいという思いが芽生えて、トップリーグも最終的には負けていましたが充実したシーズンをおくれたので、また新たに代表で頑張りたいというのと、また今回、代表に来たからには2023年のワールドカップが最大のターゲットなので、そこがモチベーションになっています。

徐々に(モチベーションは沸いてきました)。藤井(雄一郎)さんと連絡取ったりしたときに、またジェイミーがこういうこと言っていると言われたときにまた頑張りたいと思いました。6月の末か7月頃に(また代表に行きたいと)思いました。


――海外挑戦という気持ちはあったのでしょうか?


今はないです。2019年の後は少しあったが、海外への希望は、今はないです。


――久しぶり代表でワクワク感はありますか。


今日、初めて全員が揃い、新しい選手にも会えました。日本代表のウェアを毎回配られるのですが、その度に嬉しい気持ちになります。明日フィットネス測定があって、今日は緊張で寝られないと思いますが、そういうのも楽しんでいきたいですね。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ