初キャップ・初トライ姫野和樹「代表のラグビーが考えずに落とし込めている」 | Rugby Japan 365

初キャップ・初トライ姫野和樹「代表のラグビーが考えずに落とし込めている」

2017/11/04

文●編集部


ラグビー日本代表は、日産スタジアムで世界トップ4のオーストラリア代表(ワラビーズ)と対戦。前半を3−35と大差での後半。ジャパンは粘りを見せ2トライ。それでも試合時間残り10分を切り得点は23−63。この日一番の盛り上がりは試合終了のホーンがなる直前とそして直後のプレーだった。この試合で初キャップを獲得したLO姫野和樹の初トライにつながる一連の攻防だった。

――初キャップでした。


桜のジャージーを背負うということは子どものころから夢だったので、桜のジャージーを着る責任と誇りをしっかり持って試合に臨もうと思いました。まあ、素直に楽しかったなと思います!

――初トライの場面を振り返ると


本当にがむしゃらにやろうと、自分にやれることをやり続けようと思っていた。自分のやれることボールキャリ-、ボール持って走ることは80分間継続できた、アピールできた。その積み重ねがトライのシーンにつながったと思います。

相手のDFが少し高かったので、僕が自由に動けるスペースがあった。下に来られていたらあのトライなかったと思う。リーチさんのいいサポートがあって、タックルを外すことがあって、ターンして前が空いて飛び込んだ。

 

――この試合でできたことできなかったこと。


ランの部分、自分の中で手応えを感じました。できなかったことはボールセキュリティー、ノックオンしてしまったので反省したいと思います。DFの部分ももっと圧力かけていかないといけないと思いました。それはチームとしても個人として改善していかないといけない。


――前半からノックオンがありました。メンタルは?


前半、タックルを外して前に出られた。ただ、ボールを落としてしまう場面がたくさんあった。けどファーストキャップだったので、のびのびやろうと。世界選抜戦では自分のプレーがあまりできなかった。

それは代表来て1週間、代表のラグビーを頭の中の整理をしながらやっていた。頭の中がパンパンで精一杯になってしまった結果、自分の強みを出すことができなかったという反省も踏まえて、今日は思いっきり自分のプレーをやろう決めて試合に臨んだ結果が、ランのプレーに出たんじゃないかなと思います。


――のびのびできた?


周りのリーチさんとかマフィさん、布巻さんがサポートして思いっきりやってくれて、そこは本当に自分の負担が少し減って、代表のラグビーも2週間経って、代表のラグビーが考えずに落とし込めているので、そこは本当に良かった。



――代表定着に向けて


ディフェンスに課題が残った。弱みのままにしてはいけない。もっともっとこれから フランス、トンガと試合をしますが、成長できるようにやっていきたい。またこれからアタックの部分、もっと磨いていってチームの武器になれるようにやっていきたい。


SCENE−ファーストトライ

 

 

 

 

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ