坂手淳史キャプテン「もう一度作り直す。下を向く必要はない」 | ラグビージャパン365

坂手淳史キャプテン「もう一度作り直す。下を向く必要はない」

2022/11/13

文●編集部


13日、ラグビー日本代表は「リポビタンDツアー2022」イングランド代表と対戦し13-52で敗れた。試合後の記者会見でHO坂手淳史キャプテンは「ダメなところは明確。前半はスクラムペナルティ、すぐに修正しないと。もう一週間あるので、しっかり修正して(フランス戦に)臨みたい」と話した。



最終のスコアに関してはすごく悔しいですし、悔しい思いはすごく大きいです。ただ、ダメなところ明確ですし、前半についてはスクラムのペナルティのところが、ゲームでボールを動かせてしまった部分で流れは渡してしまった。すぐ修正しないと。もう一週間あるんで、しっかり修正して、挑みたいと思ってますし。 沈みすぎてもなと思うのでしっかりと前向いていきたい。



今日のスクラムに関しては距離のところ、相手との距離のところで、まあ少し広かった。そのスクラムの距離だよっていうのを示していたので、その距離の中で一番のこっちは三番がコラプシングっていうところでとられていました。

スクラムの細かい話をすると長くなっちゃいそうなんですけど、確かに足の位置だったりとか、自分たちのディテールだったりとかっていうところで修正可能な部分だったので、それを早く修正しないといけなかったなあというふうに思っています。そこのアジャストに関しては遅すぎた。



ひじに関しては、そこでペナルティーを取られていたので、相手の一番が非常に触ってましたけど、三番もひじが下がったり、その結果、ペナルティーが向こうに上がるっていう現象がゲームの中にもできてました。リーチさんとか僕がこう話しながら、アピールしてたのは、そのひじがまあ落ちてるんじゃないかっていう話をずっとレフェリーにはしてました。

ただ、そこで手があがる方法が変わらなかったので、それに関しては修正して行かないといけない部分ではあったと思っている。まあ、でもやっぱりそこでペナルティ取られていいところで、ディフェンスでプレッシャーかけた中でもそういうペナルティで前に22陣に入らせてしまったというところが、一番相手に対して勢いを与えてしまった部分が反省点として大きいかなと思っています。

アタックだったり、ディフェンスだったり、すごくいい形で進めた分ありましたし、日本が前半とった3点の部分でも自分たちのアタックすれば前に出るような敵地に入ることができたので、とにかくポジティブな部分じゃないかなと思ってます。

――ボールが手についていなかった


イングランドはボールグリップのところに対してプレッシャーをかけてきました。また、ラックの中でのプレッシャーも前半からやっていて、そこで少し自分たちのスキルが出来てないところっていうのはありました。それでボールが真後ろに行ったり、ボールがノックオンになっていうところも多々あったので、そこはゲーム中から修正を受けていたんですけど、ここからまた意識していきたいなと思います。


――円陣ではどんな言葉をチームにかけたか?


自分たちが喋ったのは今ここで話した通り、自分たちの流れ、自分たちのゲームプランがしっかりできれば(敵陣に)入っていける、得点もとれてる。そこはポジティブに、やるべき事をしっかりやれば後半取り返せるっていうのは話してましたね。ゲームが終わってからはみんな落ち込みますし、悔しい思いをやっぱり全員持っているので、 しっかり準備してきましたし、自信もありましたし、そういったところに対してもう一週ある。もう一回しっかりとして作り直す。下を向く必要がないっていうのは話しました。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ