坂手淳史共同主将「チームを一つにするために動く」、ジェイミージャパン・宮崎合宿始動 | ラグビージャパン365

坂手淳史共同主将「チームを一つにするために動く」、ジェイミージャパン・宮崎合宿始動

2022/06/07

文●編集部


ウルグアイそしてフランスとのテストマッチに向けて宮崎合宿が始まったラグビー日本代表。流大(SH・東京サンゴリアス)とともに共同キャプテンに選ばれた坂手淳史(HO・埼玉ワイルドナイツ)が、宮崎合宿初日の練習後に取材に応じた。キャプテンとして意識していることは。

――今回どのようにキャプテンは伝えられましたか?


(プレーオフ)決勝の次の日ですね。ジェイミーからミーティングしたいということで、(流)大さんと2人でズームやったんですけど、そこで告げられました。


――その時はどういう言葉でキャプテンを選んだ理由を聞かされましたか?


日本人にリーダーが必要で、チーム全体に同じ画を、セイムページ(same page)を見せられる、そういうリーダーが必要ということで、選んで頂いたと思っています。今、(流さんとは)話しながら、これからですけど、どういったところでリードしていくか、得意、不得意あると思うので、2人で良い形でやっていけたらなと思いますし、年も近いですし、一個上の帝京大学の先輩なので、話しやすいですし。一緒にやっていきたいなと思っています。


――日本代表のキャプテンに選ばれた気持ちはいかがですか?


重圧はありますけど、でもあんまり考えすぎず、自分らしくやっていきたいと思いますし、自分らしくこうチームをリードできればなと思います。僕よりもたくさん経験ある選手、堀江さん、リーチさんはじめいるので、そういった選手にも助けられながら、たくさんいろんなことやっていきたいと思います。


――日本人リーダーが必要な理由は?


日本代表なので、その中で2019年勝った時、2015年でもそうだと思うんですけど、日本人特有の強さっていうのがすごく大事だと思いますし、それをこれから2023年に向けて作っていく上で、日本人のリーダーというのはもちろん必要だと思います。今までのリーダー、リーチさんだったりラピースだったり、素晴らしいリーダーなので、そういったリーダーの方ともコミュニケーションをとりながら、日本人がそこでまたドライブできるようにやっていきたいなと思っています。

――自分らしいキャプテン像というのは、どういうキャプテンになりたい?


まだそこまで、大きくは(イメージが)できてないと思いますけど。ただ、あんまりこう口で言うのもみんな代表選手なんで自覚がありますし、責任を持ってこの場にいるので、行動で示しながらみんなを引っ張っていきたいと思います。


――強豪フランスとの戦いもありますが、現時点でのフランスのイメージは?


すごく調子がいいチームだと思いますし、フィジカルすごく強いですし、良い9番10番がいて、ボール動かしながらどんどんアタックしてくるイメージがあるので、そういったところは自分たちの強みをしっかりと当てたいなと思っています。


――強豪との戦いに向けて、この宮崎合宿で一番確認したい部分は?


本当に新しいメンバーがたくさんいるので、まずはジャパンラグビーってどういうものかっていうのを、もう一度再確認して。 久しぶりに入った選手もいるし、たくさんコミュニケーションを取りながら、ジャパンラグビーを理解した上で、それを遂行できるようにというのが、この合宿での大きな目的だと思います。


――そして宮崎での合宿ですけれども、ラグビー以外でも楽しみにしていること。


いつもくるんですけど、いいところなんで、気候もいいですし、食事もおいしいんで、練習はきついと思いますけど、しっかりリカバリーしながらおいしいご飯食べて頑張りたいなと思います。


――宮崎のご飯でこれが好きとか、これ楽しみってありますか?


きのう宮崎牛を出していただいたんですけど、本当にすごくおいしかったですし、食事にいつも力を入れてくれているので、そういうのも楽しみにしながらやりたいです。



――流選手と今日も話し合いをしている?


連絡取りながら話ながらやっています。それだけじゃなくて、たくさんいいメンバーがいるので、僕ら2人だけじゃ思いつかないこともたくさんほかのリーダーがしゃべってくれる。


――リーダーシップグループがある?


それはまだ作ってないです。全員がリーダーになるべきチームだと思いますし、全員がまずは自分をリードして、それとチームをリードしていくっていうのがすごく大事だと思うので、そういった意味でもリーダーグループをおかずに、各一人一人が自分をリードしていくことをやっています。あとはジェイミー中心に、他のコーチ、選手もどう思っているかというところも聞きながら、まだ始まったばっかりなんで、これからですね。


――キャプテンはテストマッチでは英語でコミュニケーションをしないといけない


その辺もやりながら、コミュニケーションを取りながら、僕が伝えた方がいいのかゲームリーダーをおくのか、その辺はちょっとわからないですけど、自分でもできることはしっかりやりたいなと思っています。


――リーダーシップグループをおかない可能性もある?


今後、おいていくと思います。この合宿をやりながら、どっかのタイミングでしっかりとリーダーシップグループをおいて、全員でドライブしていくということはあると思います。


――フランス代表と対戦します。世界一と言われているスクラムについては?


これからですけど、頑張ります。ワクワクしますね。去年の11月のテストマッチもスコットランド行ったりとか、アイルランドだったりとか、世界の強豪と特にスクラムが強いと言われる強豪とも組んでいるので、ヨーロッパのチームのスクラムを組むというのはすごく楽しみです。


――チームが集合して一番伝えられたことってどういうことですか?


まずはチームになるっていうことです。本当にまだ集まったばっかりですし、若い選手が多かったりとか、久しぶりの選手がいたりとか、そういった中でまずは日本代表として一つのチームになるというところを、どういう意味でやっていくかというところをミーティングでもしましたし、昨日のアクティビティ(4チームに分かれての活動)だったりとかもしっかりワンチームになるために、ということを意識してやっています。

――新しいコーチも加わって合宿でどういうことをまた付け加えようとしていると感じていますか?


これからなので。本当に今日から少しこう話をされたぐらいなんでディフェンス、特に少し変わってくるんじゃないかな。もっと強いディフェンスができるんじゃないかなってワクワクはしています。

前に出ながらしっかりコネクションして相手を止めていくっていうディフェンスは、前から変わらないと思いますけど、そこのディテールが少しずつ変わっていく。そこはゲームを円滑に進めるとか、もっとプレッシャーをかけやすくするとか、そういったところにつながると思うので、それに関してのマイナーチェンジという形かなと思っています。



――先発に対する思い、そしてHO堀江が戻って来ました。


与えられた役割をやるだけなんで、まずはしっかり。僕自身もワイルドナイツで半年間やってきたので、そこから日本代表に来てマインドチェンジしないといけない。ラグビーとしても変わる部分があるので、上手く日本代表にアジャストすることを考えていきたい。ただ、そこで与えられた仕事をそのタイミングでやるっていうのが僕らの使命だと思うので、そこはあまり考えずやっていきたいと思っています。

そこまで、大きく行動を変えてないですけど、早くこのチームにアジャストするためには、今キャプテンである僕がやらないといけないこともあると思いますし、チームを一つにするために動くっていうところは、マイナーチェンジの一つでもあります。


――若い選手が増えて、リーダーの仕事が増えた?


若いですけど、結構みんなしっかりしています。わかんない状態だと思うし、ほとんどはじめましての選手もいましたし、ゲームをしたことがあるという人もたくさんいるので、まずは話して、人となりを知って一緒にハードワークすれば、ひとつになっていけると思います。いいポテンシャルを持っているからこそ、日本代表に選ばれていると思うので、そういう選手たちもすごく楽しみですね。


――日本代表はどういうものだとか、どういうことをするんだという言葉にすると?


難しいですね。まずは自分たちの責任を持って行動しないといけないと思いますし、しっかりと一人一人が役割を果たす。そういうチームだと思うので、まずはジャパンラグビーを理解して、それをやるために周りとコネクションしてコミュニケーションをとるのがすごく大事だというのは伝えていますし、コーチ陣からもそう伝えられています。


―― ジャパンラグビーというのはどのようなものか?


練習しながらやっていくものだと思うので、口で伝えることと行動することは違うと思います。ジャパンラグビーの中でアタックもディフェンスもディテールあると思いますし、まだ(アタックコーチの)ブラウニー来てないんで、そこはアタックのディテールがこれから生まれてくるし、今日はディフェンスの日だったですけど、ディフェンスをしっかりコミュニケーションとって、どういうディフェンスがジャパンのラグビーのディフェンスだっていうのをこれから落とし込んでいく。で、そういう中でわかっている選手、わかってない選手が出てくる。それを繋げて全員がスタンダードを上げていくっていうのが必要だと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ