日本代表・夏シーズン活動総括会見・藤井雄一郎NTD「SOに厚みができたのは大きな収穫」 | ラグビージャパン365

日本代表・夏シーズン活動総括会見・藤井雄一郎NTD「SOに厚みができたのは大きな収穫」

2022/07/11

文●編集部


フランス代表戦から一夜明けた10日、藤井雄一郎ナショナルチームディレクターが日本代表の夏シーズンの総括会見を行った。

別府の合宿から始まって2チーム制で今回はやりましたが、トンガ(サムライXV)とのチャリティーマッチを始め、ウルグアイ代表と2試合、フランス代表との試合も(2つ)重ねた。途中にコロナに感染する選手がいたり、何人かの選手が離脱したりもしたが、なんとか昨日試合することができて、勝つことはできなかったが、若い選手もたくさん試合に出られた。そういう意味ではいいシリーズだったかなと思います。

フランス戦は体調不良もあり出場できなかった山沢拓也

フランス戦は体調不良もあり出場できなかった山沢拓也


――収穫として、選手層に厚みができた。


今回、NDS(ナショナル・ディベロップメント・スコッド)も含めて初キャップの選手がたくさん出た。一つ目は、やっぱりテストマッチの試合とリーグワンの試合がどれくらい違うかというのをウルグアイの試合(なども通じて)経験できた。

フランス戦2試合を先発。ティア1相手にでも役割を遂行できることを証明したSO李承信。

フランス戦2試合を先発。ティア1相手にでも役割を遂行できることを証明したSO李承信。



(もう一つは)選手はどれだけのパフォーマンスができるかというのがわかった。あとはSO(スタンドオフ)に関しては、山沢、李も試合に出られましたし、(今後)計算できる選手になっていくんじゃないかなと思います。

フランス戦で初キャップ獲得したLO辻雄康

フランス戦で初キャップ獲得したLO辻雄康


――秋に向けての強化プラン


今回のように完全2チームに分けてということはしないが、少しコーチの数を増やして、より細かいコーチングを若い選手にも受けさせてその中でも競争を促していきたい。もちろん年齢いく選手もいますし、若い選手で追い抜けそうな選手を使っていくでしょうし、今からだと思います。

初キャップ獲得してWTB高橋汰地。スピードスターとなれるか。

初キャップ獲得してWTB高橋汰地。スピードスターとなれるか。


――台頭してきてくれたポジション、少し課題のあるポジションは?


SOに関しては、若い選手がすごく頑張ってくれたので、その部分では満足のいくシリーズだった。あとは今後日本のラグビーの中で数少なくなるだろうロック、それからスピードのある選手がどのポジションでももう一人いてくれれば。福岡堅樹に替わるような選手が出てくればいいと思う。

――秋のスタートはいつ頃?


9月からやろうと思っています。(上旬ですか)そうです。

――リーチ選手がワラビーズとオールブラックスとやると話していましたが、秋のテストマッチの予定は?


今、何チームか交渉中です。決まっていないので、「言ったらあかんやろ」と言われているのでなかなか言えないです。

――今回のテストマッチのうち3試合で反則数2桁。3戦目から新ルールも実施されたが、国際試合のレフェリングに関する選手の適応力の評価と課題は?


どうしても受けにまわったときに反則が少し出たりしていたので、もちろんテストマッチで一つの反則で大きく流れかわることもある。

選手はもちろんわかっているんですけど、昨日のレフリーもどうかなというところたくさんあったと思うんですけど、どうしてもティア1勝負になると、特に順位(世界ランキングが)が離れれば離れるほど、レフリー自体もプレッシャーかかってくる。


そういう意味では完全にトライならトライ、どうみても反則じゃないというプレーを続けていって、勝利を勝ち取らないといけない。さらにこれがアウェイになると、もっとプレッシャーかかってくると思うので、そういう意味では、(昨日のような判定が)ティア1でやるときのレフリングじゃないかなと思います。

――リーグワンと国際試合のレフリングが違うと言っていたが今後どのようにしていくか


リーグワンとルール自体はいっしょですが(苦笑)、解釈だったり、レフリー自体に問題はないんですけど、どういう風にコーチングしていくかという部分で、海外とは少し差がある。スクラムの組んだ後のことであったりなど、今回の合宿も何名かのレフリー参加してやっていますし、こちらからも呼んだりもしているので、少しずつ改善していけるんじゃないかなと思います。


――今回のシリーズは非常にメディア対応が少ない印象でした。


特に理由はないが、コロナが出たりして選手の出入りも厳しかったので、最後の方はそうなったかもしれないんですけど、今後、多くしていきたいと思っています。


――ツアーの途中にコロナ感染者が出たこと、今後の対策を改めて


コロナに関しては、合宿では他のお客さんも(ホテルに)いっぱい入っていますし、今まで逆になかったのが奇跡に近い状況だったので、出たらどういうふうにするかというプロトコルに従ってやっていたので、途中厳しいときもあったが試合もできたし、選手もスタッフも頑張った。

日本はコロナ感染の報道は変わっていないが、世界はスポーツ界でも変わっているし、取材ができなくなるのも、メディアの過剰な反応に選手があっち行ったりこっち行ったりするのが嫌だったので、少しメディア対応を減らした。スポーツ界全部で変わっていくしかない。

今回ラグビー界では新しい取り組みで試合もできましたし、重症化しないですし、感染症専門の先生と密に連絡取りながらやっていることなので、極力、試合を止めないようにしていくという動きに変わっていっているのが世界の状況だっていうことを、もう少しメディアの方にもわかってほしい。

――公式に離脱発表された選手以外にも試合に出られなかった選手もいた


基本的に抗原検査で陰性の場合は試合も練習もしていいという話だったので、それに従って隔離して熱が下がれば出るという形をとっていたんですけど、離脱は完全にチームから離れた選手を発表した。そうでない選手に関しては、隔離をしながら、ちょっと調子悪い選手は隔離をしながら戻れる日を待っていた。


――9月は人数どれくらい?南半球への遠征は?


だいたい50名強くらいの選手でスタートしたい。2チームの体勢でやらないので。2チームでやると(ラグビーは)15人なので最低、30人いないと練習できない。今回一緒にやるので若干人が少なくてもできるかな。(南半球への)遠征はまだ決まっていない。


――ジョセフHCと藤井NTDがこのシリーズで一番得たことは


最後の方はとにかく試合ができたら良いという感じだったので、そういう意味では若い選手がいいプレッシャーの中でできたのはチームとして、すごく良かった。もちろんジェイミーも同じこと思っていると思いますし、SOに厚みができたのは収穫かなと思っています。


――今回のシリーズから新たにキャプテンになった坂手の評価は


試合前にメンバーが替わったりと、チーム内で本来ならばたつきそうな時も、しっかり彼が引っ張って、正しい方向に導いてくれたので、そういう意味では本当にシリーズ通じて彼自身が成長したと思う。


――先ほどの50人には今回のシリーズでケガで入っていない、または離脱した選手も含まれるか。


もちろんそうです。戻って来られるかどうかは選手によると思います。(ファンデルヴァルトは厳しい?)そうですね。確認しないとわからないけど、おそらく手術したばっかりなので(難しい)。





――昨日の試合は57000人の観客が入りました。W杯級の盛り上がりの印象があった


選手のモチベーションは、一番はお客さんに応援してもらうことと、ファンのためにみんなやっているので、昨日は高いモチベーションでできたと思います。自分たちは勝つことでファンの数を増やしていくことと、広報がどういうふうに売り込んでいくか。お互い協力しながらやっていくしかないと思っています。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ