日本代表・11月テストマッチメンバーセレクションについてジョセフHCが答える | Rugby Japan 365

日本代表・11月テストマッチメンバーセレクションについてジョセフHCが答える

2018/10/02

文●編集部


1日、11月から行われるラグビー日本代表テストマッチに向けたメンバー発表が行われバックアップメンバーを含む35名の選手が名を連ねた。記者からはセレクションについて個々のポジション、選手について質問があがった。

「SOを育てるには時間がかかる。山沢はジャパンファミリーの一員」

――キッキングゲームをするということですが 山沢が得意ですが彼を選ばない理由は


ジョセフHC キックを駆使することは大事ですが、田村が(日本代表では)長いこと10番をやっていてゲームも戦い方を理解しています。彼が日本で一番の10番だと思っています。その次に来るのは松田で、パナソニックで10番をなかなかできていないですし、これまでスタートで起用することができてないが、彼は素晴らしいラグビー選手でキック力も非常にあります。

山沢はもちろんジャパンファミリーの一員です。昨年はARCに帯同しましたし、ヨーロッパツアーでも経験を積ませました。ケガ明けから(トップリーグで)2〜3試合いいプレーをしています。全員重要な選手だと捉えています

SOとして招集が期待された山沢拓也。ベストパフォーマンスを継続して今後もアピールし続けていくしかない

SOとして招集が期待された山沢拓也。ベストパフォーマンスを継続して今後もアピールし続けていくしかない

――山沢をメンバー入りさせなかった理由は?


他の選手のほうが彼より上だと判断したから選びませんでした。他の選手の方が経験値が高いし、田村はテストマッチの経験が豊富だし、松田も(昨年の)ワラビーズ戦で先発しました。また(他の選手と)より多くの時間を過ごしてきました。山沢はトップリーグでいいパフォーマンスを見せていますが、オールブラックスとはレベルが違います。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ