日本代表試合登録メンバー発表「リポビタンDチャレンジカップ」フランスとの第2戦 | ラグビージャパン365

日本代表試合登録メンバー発表「リポビタンDチャレンジカップ」フランスとの第2戦

2022/07/07

文●編集部


7日、ラグビー日本代表は「リポビタンDチャレンジカップ2022」フランス代表との第2戦の試合登録メンバーが発表された。SOには李承信が第1戦に続いて先発。リザーブには田村優が入った。また、第1戦、離脱したHO堀江翔太がリザーブ入り。SH齋藤直人は先発メンバー入りをした。初キャップではLO辻雄康(東京サントリーサンゴリアス)がリザーブでメンバーに入った。

フランス戦・日本代表試合登録メンバー


1 稲垣啓太(41)
2 坂手淳史◎(29)
3 ヴァルアサエリ愛(22)
4 ワーナー・ディアンズ(3)
5 サナイラ・ワクァ(1)
6 リーチマイケル(74)
7 ベン・ガンター(4)
8 ジャック・コーネルセン(8)
9 齋藤直人(7)
10 李承信(2)
11 シオサイア・フィフィタ(8)
12 中野将伍(4)
13 ディラン・ライリー(6)
14 ゲラード・ファンデンヒーファー(2)
15 山中亮平(23)
16 堀江翔太(67)
17 森川由起乙 (1)
18 木津悠輔(4)
19 辻雄康(-)
20 テビタ・タタフ(11)
21 茂野海人(15)
22 田村優(69)
23 シェーン・ゲイツ(3)


ジェイミー・ジョセフHC



齋藤直人

齋藤直人


――第1テストからLOの2人、SHを変更しました。


2つの理由があります。LOに関しては1人目のワーナーは20歳と若いので経験を与えたい。ワクァも一緒にいて4~5週ですが彼にも時間を与えて経験させたい。ヴィンピーがケガをして上腕二頭筋のケガをして南アフリカで治療するので、2人に時間を与えた。SH(齋藤)直人は経験があり、(茂野)海人と違うものを持っているので起用した。

ワーナー・ディアンズ

ワーナー・ディアンズ



サナイラ・ワクァ

サナイラ・ワクァ

――フロントローは同じメンバーです。評価は?


彼らは私が来てからずっとプレーしている選手たちです。キャプテンに関しては前回、良い試合をした。彼らが頑張ってフロントローとしてチームを引っ張ってほしい。今週もセットプレーが重要なので彼らの活躍に期待したい。


坂手淳史

坂手淳史

李承信

李承信


――SO李が2試合連続スターターで、NDSだったSO田村が控えに入りました


李は(先週)すごく良い試合をした。まだ若い選手で育成していきたい。しっかり経験を与えて、はやく良い選手になってほしいと思います。


(田村)優に関して、コロナ離脱者がいるのでチームに入ってきた。若い選手で前半はチームで引っ張り、シニアの(田村)選手が疲れたときにもいい刺激を与えてくれると思っています。

リザーブとして田村がいるのはチームとしても心強い

リザーブとして田村がいるのはチームとしても心強い

堀江翔太が後半流れを変えてくれる

堀江翔太が後半流れを変えてくれる


――控えに入ったHO堀江について


翔太は常に一貫性を持ったプレーをして、リーダーシップも経験がある。後半から入るということで先週チームに参加してなかったので体調を戻して、やる気があり試合をしたくてたまらない気持ちを見せている。彼もパフォーマンス見るのを楽しみにしています


ジェイミー・ジョセフHC


――今週の過ごし方について


自分たちのゲームができたときはしっかりプレッシャーかけられた。後半、暑さや自分たちのプレーや回し過ぎてコントロール失った。自分たちがやらないといけないゲームを変えずに、しっかりとスマートにラグビーをしていく必要があると思います。モメンタムが作れば、自分たちのいいラグビーができると思っている。モメンタムがないときにしっかりとコントロールすることが重要。

大きな週ということで、そこまで調整は加えていない。新しい選手も入ってきたので、そういった選手がフレッシュな気持ちにしてくれている。自分たちは週に合わせた調整をしています。

第1戦はLOで出場したコーネルセンはNO8。ランスキルに期待

第1戦はLOで出場したコーネルセンはNO8。ランスキルに期待


――NO8コーネルセンが先発。選手先発したタタフをインパクトプレイヤーとして起用します


テビタに関しては先週良い試合をした。今週、彼がしっかり後半に出てインパクトを与えてほしいと思ってベンチにしました。新しいLO、辻もファーストキャップで入っていますが、3人のLOを未来に向けて育成したいと思い、彼らにチャンスを与えました。ムーアとヴィンピーがケガをしているので、ラインアウトの高さのところでプレッシャーをかけていきたい。

第2戦はインパクトプレーヤーとして期待されるテビタ・タタフ

第2戦はインパクトプレーヤーとして期待されるテビタ・タタフ


辻雄康がついにテストマッチデビューなるか

辻雄康がついにテストマッチデビュー


――ファーストキャップの辻に期待していることは


辻はエナジーをしっかり持ってやってくれている。彼が出ることにワクワクしています。リーグワンから感心してプレーを見ていたので、今週、彼を見るのが楽しみです



――1戦目を踏まえてどんな戦い方で勝ちたいか?


フランスはティア1として将来を見て、若い選手を使ってきている。大きなテストマッチをどう勝つか。しっかり試合の中でコントロールして、バランスを取ることが重要。セットプレーもパワフルなランナーもたくさんいるので止めることが鍵だと思います。

ジェイミー・ジョセフHC

ジェイミー・ジョセフHC



――この夏の最後の試合で、ヘッドコーチとして一番みたいところ 


今回のキャンペーンとしては新しい選手を使い、選手層が厚くできると思います。もちろんケガをしてしまってキープレイヤーいない中で新しい選手をしっかりと見ていけるチャンスだと思うし、NDSとしてもウルグアイ代表と試合して、新しい選手を使っていけるので自分たちに取って価値がある。 

――今日は7日7日の七夕です。何をお願いしますか?


何回お願いできるのでしょうか?(苦笑)。辻に関してすごいスペシャルデーだと考えていると思います。フランス代表は強い相手なので、全員がいい準備をしてしっかりやるべきこと、いいラグビーをすることをお願いします。

「グローカル」経験を共有して、チームとして一つの目標に向かっていく

「グローカル」経験を共有して、チームとして一つの目標に向かっていく



――NZ、オーストラリア、南アフリカ、フィジー、トンガ、韓国といろんな国籍の選手がいるが、コーチとして難しかったのでは?


最初スタートしたときは難しかったが、代表資格のある中で選ぶ必要がありました。アイランダーの選手は日本に長くいるのでスムースに入ってくれた。世界中どこでも素晴らしいものでチームを一つにできている。自分たちのチームでは「グローカル」という言葉を使っていて、自分たちの経験を共有して、チームとして一つの目標に向かっていく。それができているのが、日本代表の強みだと思っています。

李承信

李承信


――戦術的にはどのような変更をしていく?


先週、バランスをしっかり取ることができなかったので、コントロールをしっかりする必要があります。10番の李も21歳で、彼がチームを引っ張る選手として、彼は頑張ったと思います。1週間の準備で出入りもあって準備が難しい部分もあった、今週、勝つためにしっかりと自分たちの強みを出すことが重要で、ゲームの中でバランス、コントロールを取ることが大事だと思います。


――国立競技場は5万人くらいの大観衆となります。


ベストチームと戦っていくために、去年までいた選手がケガでいないということもあり、新しい選手たちを使っている。その選手たちが良いスタートを切らないといけない。先週は入りでトライを取られたりして良くないスタートをした。

いいスタートを切って、80分戦い続ける。今週、試合をコントロールしてバランスを取っていくことを考えていきたい。先週を経験して、特にSO李承信には経験してもらい、毎週、学びがあると思うので、学びを活かして次の試合に向かっていきたい。5万人の観客が来てプレーできるのは、選手はワクワクしている。(ジェイミーも?)私も100%タノシミニシテイマス!

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ