東京2020男女セブンズ日本代表総括会見レポート-男女両HCが退任。明確な方向性がないまま新体制へ託す | ラグビージャパン365

東京2020男女セブンズ日本代表総括会見レポート-男女両HCが退任。明確な方向性がないまま新体制へ託す

2021/08/11

文●編集部


8月11日(水)、16時からオンラインで東京五輪における男女セブンズ日本代表の総括会見が行われた。登壇者は男女セブンズナショナルチームディレクターの本城和彦氏、男子セブンズ日本代表ヘッドコーチの岩渕健輔氏、女子セブンズ日本代表ヘッドコーチのハレ・マキリ氏の3人。

なお会見前に3人退任が発表された。本城和彦男女セブンズナショナルチームディレクター(NTD)は強化体制刷新のため、岩渕ヘッドコーチ(HC)とマキリHCの2人は任期満了のためとのこと。

今後の新体制につきましては、会議体「次期ヘッドコーチ選考会議(議長:森重隆会長)」を設置し、HC(ヘッドコーチ)推薦候補者を選考、理事会審議を経て、決定次第公表するとのこと。男女セブンズ代表は9月意向に活動の再開を予定しており、新体制への移行期間には現行のスタッフの中からヘッドコーチ代行を立て、男女セブンズ日本代表の強化活動を継続するという。

「1年間の延期は厳しい結果に向いた」本城和彦男女セブンズナショナルチームディレクター

冒頭、本城NTDは東京五輪の男女のセブンズ日本代表の総括として下記のように述べた。


「男女セブンズ代表に期待を寄せてご声援、ご支援、ご協力をいただいたすべてのみなさんに感謝すると同時に、大変申し訳ない結果となり、みなさんをがっかりさせてしまい心からお詫びしたいと思います。この責任に関して強く重く受け止めています。

選手、スタッフはチームの目標達成に関してはもちろんのこと、セブンズの発展やラグビーという競技をさらに盛り上げていくために、日々ベストを尽くしてくれました。選手、スタッフのこれまでの身を削る努力や流した汗を否定するものは一つもなく、本当にいろんなことを犠牲にしてよく頑張ってくれました。心からお疲れさまと言いたいです。

協会内のレビューはまだ続いているが、この5年の取り組みを中心に総括したいと思います。まず男女共通して正直なところを申し上げると(東京五輪の)1年間の延期は厳しい結果に向いたと思います。男女ともに現場は知恵を絞り、工夫をして実戦経験の機会も作ったが、ただでさえ国際経験の厳しい私たちにとって本番に向けてベストなパフォーマンスをするコンディショニングは難しかった。男子が最後に戦った国際大会は2020年3月、女子は2020年2月。男女ともに、その後の昇格大会やいくつかのワールドシリーズ(WS)を経て、オリンピックに臨んでいたとしたら結果も少し違うものになっていたかなと素直に思います。

男子はメダル獲得を目標に岩渕HCが緻密に周到な準備をして大会に臨んでくれました。(男子の)大会総括としては初戦のフィジー戦、2戦目英国戦の最初のキックオフがすべてだったと私も思います。フィジー戦は最後に勝利を手にする流れを手にしましたが、自ら失ってしまった。英国戦はコンテストに競り勝ちながらも不運にもそのボールを手にすることができなかった。セブンズがセンシティブな競技ながら、日本チームはナイーブな面ばかり出て最後まで修正できなかった。そのナイーブ面を変えることも含めて、この5年間、地力を上げることに取り組んできたことは事実だが、そこに至らなかった。

地力を上げていくための取り組みの一つは極めてシンプルですが、代表チームの活動日数を増やすこと。この5年間の年間活動平均日数はリオ五輪前の平均を42日上回る164日で、2019年は231日を数えました。強化拠点の整備も進みました。そしてもう一つの取り組みはセブンズの専門性が高まっていく中で、セブンズ専任の選手を増やすことです。セレクションとの兼ね合いもあるので、より詳細に見ていく必要がありますが、2020年12月に発表した第3次オリンピックスコッド20名に照らし合わせてみると2017年7名、2018年11名、2019年13名がほぼ選任で、20年、21年は20名がほぼ専任でプレーし、(この5年間にわたり)7名がほぼ専任でプレーしてくれたことになります。

専任化にあたっては所属チームの契約、また選手との直接契約も含めた制度も導入しました。この制度により、選手全体で2017年1名、18年4名、18年19名、20年26名、21年20名の選手と契約しましたが、専任化の推進、制度の導入の目的はオリンピックまでの4年間、はやいタイミングからで20名程度のコア選手を固定して強化するにありましたが、ややもの足りない数字と言えるかもしれません。

いずれにしても強化の原点は毎年、WSにコアチームとして参戦し、4シーズンを戦い、経験値、実績値を重ねてオリンピックに臨むことに正しいことに違いはありません。ですから今後も早いタイミングで専任化を推進していくことになりますが、これは同時に諸刃の剣であることも認識しないといけない。

なぜなら、選手にセブンズをプレーするか15人制をプレーするか早い段階で決断を迫ることになりますから、それによって代表チームの水準が下がってしまう可能性もはらんでいます。このあたりについては十分な議論が必要だと思います。と同時に、オリンピックでメダル獲得する選手を増やすために、セブンズの魅力、価値の発信も避けて通ることはできません。十分な検討をするべきだと感じています。ただ男子選手のポテンシャルを悲観することはない。パリ(五輪)に向けてもメダル獲得の旗を降ろさずチャレンジしていってほしいと思います。


「女子はアカデミー、デヴェロップメント、代表へとパスウェイがしっかりできている」

続いて女子に移ります。ハレ(マキリHC)は7ヶ月間という短い期間の中、メダル争いの土俵にチームを引き上げるべくベストを尽くしてくれました。しかし目指すところと現在地のギャップ、多くの現実を突きつけられた結果になりました。体格、フィジカル、スピードといったアスリート性での苦戦は織り込み済みのこところはあったが、日本らしさも発揮できなかった。

女子のこれまでの取り組みは競技力の底上げと人材育成です。競技力の底上げは2014年に創設した太陽生命ウィメンズシリーズのチーム数の充実、ゲームレベルの進歩を見れば明らかです。女子はアカデミー、ディベロップメントと代表へパスウェイがしっかりできているので、高校生からチャレンジチームで(ウィメンズシリーズで)プレーしているように、うまくリンクしていると思います。

その点からすればチーム強化の継続性、一貫性の担保はスムーズだったと思います。ただ多くの選手の代表デビューが高校生、大学生だったことを考えると、ベースの競技力が上がったとしても代表チームの底上げ、選手層に厚みをもたらしたかは少し疑問です。世界と比較して日本の女子代表がまだまだ成熟しきれていないということではないかと思います。今回東京で戦ってくれた若い世代の選手たちは次のオリンピックでも中心となって活躍してもらいたいと思います。

続いて人材発掘に関して、です。これは他種目からの転向によるアスリートの発掘に積極的に取り組んできました。トライアウトを経て、これまで5名の選手が種目変更をして東京五輪を目指してくれましたが、結果として最終メンバーには残りませんでした。海外選手と比較してアスリート能力の差が激しい女子はラグビー選手としての(代表への)パスウェイの強化はもちろん、体格やある特定の能力に秀でた選手発掘、育成は今後も欠かせません。男子よりも長いスパンでの強化設計が必要ですが、女子もパリでメダルを獲得するという旗を降ろさず、強化を継続していってほしい。

すぐそこにパリ(五輪)が迫ってきています。私は退任いたしますが、新しい体制で次は十分な成果を出せることを願っています」


「1試合目と2試合目、いい形でパフォーマンスをさせられなかった」岩渕健輔男子セブンズ日本代表HC

男子の岩渕HCは「前向きな結果が出せず、本当に申し訳なく思っています。7人制(ラグビーという競技)の中でナイーブさ、繊細さというのがゲームの中で出てくるときに、チームをどう立て直すかが大きな鍵でした。その部分を特に1戦目、2戦目において、いい形でパフォーマンスさせられなかったことに大きな責任を感じています」とコメントした。


――国際大会の経験不足もありましたが、リオ五輪より順位を落としてしまった要因は?

岩渕HC リオ五輪が終わってから、その後の強化は少なくとも男子については、活動日数、7人制を専任でプレーするという2つの柱で進めてきた。リオ五輪から前向きな数字が出ていますし、2020月3月までのWSの結果であれば、前の4年間よりも勝敗数につきましてはいい結果出ている。そこまでの強化は順調と言い方はおかしいですが、少なくとも前に進む成果を挙げられていた。

一方でこの国際大会ができない1年半、男子はコロナ禍で、活動することを優先しながら進めてきた。もともと男子の実力を考えると保守的な戦い方、保守的な強化の仕方ではなかなか結果が出せない状況であるのは、過去の力関係からはっきりしていましたが、私自身ヘッドコーチとして思い切った強化戦略を出すことができなかったのが非常に自分自身の反省として、責任として強く感じています。

どうしても(コロナの)陽性者を出さない活動を非常に限られた中でやっていく中で、思い切った取り組みがなかなかできず、そういうところが戦い方、強化の仕方、トレーニングの仕方にも保守的になってしまった。自分の中でもレビューしましたが強く感じています。(東京五輪が)1年延期したという議論もありますが、1年伸びた期間を逆に有効に使うのが我々の仕事だったが、その仕事が十分にできなかった。保守的になってできなかったことが結果に大きく影響してしまったと感じています。


――男子セブンズ代表がオリンピックでナイーブさが出た理由は?

岩渕HC オリンピックに限って出たわけではない。もともと男子は、私が就任してから、(2,018年の)W杯セブンズが最初で、その時も初戦がフィジー戦で、前半リードして終わったのですが、今回のフィジーとまったく内容が違う。W杯は準備できず臨んだが、オリンピックではフィジーと対戦する可能性があると準備していた。2020年3月から1年半までと、そこまでの強化をうまくシンクロさせることができなかった。

もともと地力をつけてから例えば五輪では予選が3試合あって、最初の試合に負けても次の試合、その次の試合に勝てば十分にベスト8に入る可能性があった。そのためには地力が必要で、地力つけるべく強化してきたが、この1年半、地力をつけるような取り組みがゲーム形式でするのが難しかった。それはやはり本番と同じようなプレッシャーをかけるように練習で取り組んで、選手も努力をしてきたがやはり本番同様のプレッシャーがあって、その中で自分たちが判断する、ベンチの方から判断することがオリンピックという大切な舞台で上手く機能させることができなかったのは、ひとえに私の責任だと思っています。

選手はオリンピックの最初のフィジー戦でとにかく勝ちを目指して、十分な準備をして、いいシナリオで試合を進めてくれた。勝てる可能性はありましたし、勝たなければいけない試合だったと思います。その中で、ナイーブさはどちらかというより選手というより、ヘッドコーチとしてというより、私自身、強化の担当者として積極的に強気にいろんな強化してきたと考えていますが、ヘッドコーチとしての現場で、試合の中での最終的な決断で、積極的にいけなかった。

そこの判断のところが非常に鈍ってしまった。地力をつけるということを念頭に置きましたが、自分たちの力はどのくらいかわかっておりました。その中で選手たちは最善の準備をしながら、外側からの最善のサポートがメダルを取るために重要なことだとスタッフにも話していました。ひいては私が試合の間の選手交替だったり、戦術だったりをどう伝えて、選手がうまく機能していないときにどう助けるかが大きなポイントだったが、そこの部分がうまく判断できなかったというのが、試合を見てもレビューしても深く思っています。

フィジー戦をとにかく取りに行って、英国戦の最初のところで(キックオフを)取り入って、バウンドがこちらに弾まないとかいい形で決断しないとかは、私のところの問題だと思っています。非常に活動がみなさんが苦しい中、ラグビーとしても止めないでやってきました。7人制の代表チームも陽性者が出ない中で、なんとか前に進んでやってきたが、私自身がいろんな取り組みに対して保守的になったことが、自分自身の決断に大きく影響してしまった。

地力をつけることが大切で、オリンピックの前でどのくらいかよく理解していました。(12チーム中)11シードでしたので、そのくらいの実力だろうというのはわかっていましたし、その中で、オリンピックでメダルを取るためには初戦で勝つことが一番大きなポイントだと考えていた。そこまでの筋道、ストーリーは十分、選手が作ってくれたにも関わらず、過去1年ちょっとの取り組みでの積極性(のなさ)がゲームの最後に出てしまった。


――岩渕HCが途中から日本協会との専務理事と兼任したが、その影響が出たのでは?

本城NTD (岩渕HCが)専務理事との兼任は望ましい姿ではなかったことは事実。兼任していたことで、代表チームに何か影響があったかというとそれはなかった。本人が一番大変だったと思いますが、両方の職務をやり切ってくれたと私は思います。

岩渕HC 兼任していたことではなく、ひとえに、ヘッドコーチとしての力がなかったということだと思っています。選手、スタッフはとにかく勝たないといけないところまでもっていってくれたが、くヘットコーチとしての力量の問題だと思います。


――男子の選手のセブンズの専任化は予算との兼ね合いもあるのでは?

本城NTD お金の問題では実はない。たくさん(選手を)抱えることは日本協会の財政面に影響あるが、問題の本質はたとえばオリンピック終わって「4年後を目指してやります!」という踏ん切りをつけてくれる選手が少ないということが根っこのところです。だったら完全に(15人制と)競技としてセパレイトしてというご意見があるのも事実だし、そういうことを検討しないといけないと思います。

この4年間、私自身、そこまで踏み込んでいくと、代表チームの一定の水準が担保できないという心配があったが、だからそこに踏み込まなかったのが実際のところです。すぐにそうするかどうか別にして、それも重要なテーマとして今後、議論していくべきだと思います。

岩渕HC (ヘッドコーチとしてではなく)今後の協会としての立場として、オリンピックが終わって会長、副会長ともいろんな話をしました。ラグビー協会としてハッキリしているのは、男女ともメダルを取るという強い姿勢で強化し、より加速する必要があるというのが協会としての結論です。本城NTDが話したように、男子の選任化に関しては、当然、お金の問題もありますが、お金の問題以上のことがあると思っています。そういう意味では、今後の強化としては男女ともどこの国もやっていないような先進的な取り組みがおそらく必要だと思います。

一方で7人制が難しい、岐路に立っていることはどこの国もいっしょで、特に競技人口が多くない、一方でトップ10前後にいるような国にとってはかなり難しい状況にあるのは間違いないと思います。日本も同様のグループに入ってきますが、そこをどのように解決していくのか、その一つが男子の選任や15人制をやりながらうまく両立していくという方法でしたが、そこに関しては再度、見直して、より踏み込むのか、あるいは今の体制がいいのか、それ以外がいいのか。強化の方で考えないといけない。

「7ヶ月という短い期間での大きな挑戦に全てのリソースをぶつけたが期待に応えることができなかった」ハレ・マキリ女子セブンズ日本代表HC

「7ヶ月という短い時間の中で、オリンピックを目指すチームを強化することは大きな挑戦というか、大変なことはわかっていましたが、同時にエキサイティングな挑戦と感じたので、そういった挑戦に 全力にぶつけたい。日本という国、日本協会、ラグビーに関わる人に何かできることをしたいと自分の中で大きなモチベーションを持ったので、難しい挑戦でありましたが、このポジションをお受けした決意にいたった。自分の持っているリソースのすべてぶつけたいという気持ちで、この7ヶ月やってきました。

チームの強化に関しては、それまで女子の選手が強化してきたことを、一から全部変えてしまうことはしたくなかった。何を変えたかったかというと、マインドセットとディシジョンメイキングの能力、プレッシャーにさらされながら自信を持ち続けることを新たに持たせたいと思っていた。それらを主軸にして強化の基本的なところから、フィジカル強化、ラグビー的なところの強化に努めてきました。

オリンピックという舞台で彼女たちにとっては、プレーの大きさ、激しさがトップレベルになることはわかっていましたが、なるべくそういう中でもポジティブに戦える状況を作りたかった。難しい中ではあったが、お互いにチームの中でチャレンジして切磋琢磨して、そういうことを培っていければと常々思っていました。

それからラグビーはゲームの中で常にイノベーションでなければならないと思っていて、それがもっと発揮できたらと思ったが、そのあたりが足らず、みなさん、協会、ファン、チームに携わったみなさんの期待にお応えできる結果が残せなかったことは自分自身も残念で申し訳なかったと思います」

――女子のタレント発掘は、今後どうやっていくのか

本城NTD ラグビー選手のパスウェイと、競技転向からのアスリート発掘は、これからも両輪でやっていかないといけないと思います。ハレ(・マキリHC)とも話をしていますが、全国でトライアウトをやって、そこに我こそはという人たちに応募してもらうことも含めて、今後、数も増やしていかないといけないし、より積極的にやっていかないと本当に戦力が追いついていかない。

マキリHC 女子に関して私が思うところを話させてもらうと、もっと選手を引きつけるために、プログラムが一つ肝になる。ハイパフォーマンスに関してのアプローチになるのですが、これまでやってきたことを含めて、これまでやっていないことに積極的に手を出して、もっと探求してくことも必要かもしれません。それには選手を発掘することも含まれていて、選手を選ぶ、見つけるにあたって3つポイントがこらからもっとあって、スピード、パワー、高さですね。

ラグビー自体を選んだ選手に教えることは難しいことではない。一回選んだ選手の体のサイズ、身長を変えることはできない。自分たちがやろうとしているプログラムに対して、どういう選手を求めていくか、細分化して明確にしていくことで、それぞれの可能性のある選手が、必要とされていることであれば自分ができるかもしれないとモチベーションを明確に持ってもらうことが、この先、考えられるアプローチかなと私は思いました。


――男女ともに指導体制に一貫性がなかったが……

本城NTD こういう結果に終わったのでそういう話が当然出てくるとは思いますが、リオが終わってオリンピックが一つの区切りとして新たな体制を作った。そして、そこからさらに強化のスピードを上げていくことを念頭にまた新たな体制に移った。男子に関してですが、そのタイミング、タイミングで、きちっと判断して行っていることなので、そこに大きな問題があったかというと、ある意味、その点は自然な流れで交替したと思います。

女子については、いささか唐突感があったとご指摘があるのはその通りだと思います。1年、オリンピックが延期したことによって、新しい刺激が必要だと判断をした。動かずして結果を待つのか、リスクをある程度、承知した上で、動いてチャレンジして結果を待つのか。後者を取ったという判断です。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ