松島幸太朗「一人一人が戦術の理解をすること。あとはスキル」スコットランドに勝利するには。 | ラグビージャパン365

松島幸太朗「一人一人が戦術の理解をすること。あとはスキル」スコットランドに勝利するには。

2021/11/19

文●編集部


18日、ラグビー日本代表がスコットランド戦を前にオンライン会見を行った。FB松島幸太朗は「他のトップの国に比べて試合数が圧倒的に少ないのは仕方ない。今は経験している途中というふうにとらえて、ピークをワールドカップにもっていく」としながらも「やっぱり最低限自分たちのあるレベルを試合で出したい」と今回のツアーでまだ本来の自分たちのパフォーマンスが出せていないと話した。

――夏は、合宿で選手が疲れている印象があったと言っていましたが


試合を積み重ねているので、疲れはありますが、今日の練習とか、みんな動きがよかったので、そこの心配ないかなと思います。


――ポルトガル戦の後の雰囲気は?


ポルトガル戦は最後の最後まで、ギリギリで、どうなるかわからない状況だった。そこは、自分たちのやりたいラグビーでしっかり勝てなかったので、みんな落ちていた部分があった。だが、選手もいろいろ試していますし、今のチームで勝っているので、そこはポジティブに。(テストマッチを)経験している途中なので、そこはポジティブに捉えていいかなと思います。


――W杯以来の対戦となる、スコットランド戦に勝つポイントは?


一人一人が戦術の理解をしっかりすることと、あとはスキルですね。試合当日、風も強いという情報も入っているので、そこで自分たちのスキルをどう使っていくかわかった上で試合に臨んでいくか、ですね。

――日本代表の試合勘に関してはどうでしょうか?


そんなに気にはならなかったですけど、今、だんだん、試合を重ねて、みんな、すごくいい状態で練習できていますし、練習中の強度も高いので、そこは問題ないかなと思います。


――苦しい試合が続いているが、今回のツアーはどんな経験に?


他のトップの国に比べて試合数が圧倒的に少ないのはしょうがない部分があるが、今は経験している途中という風に捉えて、ピークというのはW杯に持っていくので、今、完成しなくてもいいとは思うけど、やっぱり最低限、自分たちのベストを尽くすという意味では、毎試合、自分たちのあるレベルを試合で出したいと思っている。そこの試合でしっかりパフォーマンスを出すというところの意識をどんどん上げていきたい


――チームとして反則が多いが、どうしたら改善できる?


ペナルティー、多いところもあるが、レフリーに寄せたことをするだとか、試合中にどんどん改善しないといけないところがあるので、レフリーがどういうペナルティーを吹くのか、全員が把握していかないといけない。リーダーだけわかっても他の人がわかっていなかったら、どんどん同じことしちゃうので、チーム全員が毎回、ペナルティーに気をしながらやっていくべきかなと思います。


――キックチェイスの競り合いなど、調子をもっと上げていきたい?


レシーブしているとき、エスコートが、今、ジャパンだけではく、どのラグビーチームでも大事になってきていて、どんなに上手い選手でも手をだされて競られたら、ほぼ落としている試合を見ている。エスコート、相手が競りに来ている人を邪魔しないといけないので、その精度をあげていく。自分たちが競るときも、自分たちもボールに絡む。無理だったらタックルに入る。はやい判断をするのが、この先、大事なのかなと思います。

(エスコートの)練習はたくさんやっているので、そういったスキルの部分は問題ないと思っていますけど、プレッシャーがかかったときに、しっかり(スキルを)出せるかが一番大事になってくる。そういう試合ができない分、練習でどれだけプレッシャーがかかっている状況でやれるのか、この先、響いていくんじゃないかなと思います。


――まだマレー・フィールドで練習していない?


していないですね。


――6月、ライオンズ戦で試合をしました


(6月は)夏のあったかい時期だったので、全然、問題なく、普通の天然芝でした。冬なので、ヨーロッパは、だいたい湿り気が出てくる。そこが試合当日、どうなるのかなという感じです。


――13番が中野選手です。新しい組み合わせBKの組み合わせで、どうチャンスを作っていくか?


(中野は)体も強いですしラインブレイクできる選手なので、自分たち、周りにいる選手は(中野)将伍が裏にでたら、もらえる位置にいるかとか、予測するといった意味ではサポートしていきたい。(連携はできてきた?)先にもらってもいいですし ギリギリで渡しても前に出られる選手なので、どっちにも対応できる選手なので、そういう意味ではやりやすいと思います。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ