桜のジャージに誇りをもって戦う―オールブラックス戦初キャップを果たしたヘンリージェイミー・中島イシレリ | Rugby Japan 365

桜のジャージに誇りをもって戦う―オールブラックス戦初キャップを果たしたヘンリージェイミー・中島イシレリ

2018/11/03

文●編集部


ラグビー日本代表は3日、オールブラックスことニュージーランド代表と対戦し31−69で敗れた。世界最強の相手との一戦でテストマッチ初キャップを果たした、ヘンリージェイミー(WTB)と中島イシレリ(LO)に話を聞いた。

「試合出るならどこでもいい。」―WTB/FB ヘンリージェイミー

このスコアはちょっと残念ですが、初キャップと初トライはとっても嬉しかった。オールブラックスは世界で一番強い相手ですが、チームの準備は和歌山から、今週までいい準備ができました。チームの中にはビリーフ(信念)あります。このチームはオールブラックスの先発ではないので、チャンスはあると思っていました。最後のパス(の精度)やターンオーバーのところ、トランジッションが良くなかった。

――SO田村のキックパスからダイビングトライを決めました。


アドバンテージ出たらキックのオプション、最初のバウンドでビックリしていたが、準備していました。ちょうどいいバウンドでした。今考えると、ダイビングトライはいらなかった。ダイビングでタックル受けるとノックオンとかしてしまう。ちょっと興奮していた。


――世界選抜はFB、今日は右WTBでした。


本当は左WTBでプレーしたいが、このチームでは他のポジションできないといけない。左WTB、日本のベストWTBです。試合出るならどこでもいい。今、レメキがいないから、もっと右WTBもできるようになりたい。他にも山田や石井とかいてWTBの競争があるから、もっとアピールするためにいいプレーしないといけない。

 

「代表は『夢の夢』。ジェイミーとブラウニーの好むプレーをトップリーグでもしたい。」中島イシレリ(LO)

――オールブラックス、世界一のチームと戦ってみて


ん〜。(微笑)。やっぱり世界一のチームだなと。プレーも。オールブラックスはキックプレーがうまかったですね。そこに蹴られるとは思っていないところへキックを蹴ってきたり。そこに対してウチはできていないなと思いました。


――代表での試合、楽しんでますか


楽しんでいます。ジャージーを着るとやっぱり気持ちが違う。


――国家を40,000人の前で歌いました。気持ちは?


泣きそうでした。もう、本当に夢、夢でした。



――チームとしてどういう部分をこれから伸ばしていこうという話をしましたか?


今日足りないところを見て、チェックして修正点をみつけて次のイングランド戦にむけてやるしかない。


――次の試合会場はトウィッケナムです。あのピッチに立つイメージありますか?


イメージないね。(笑)すごいスタジアム。



――代表に選ばれて、来年スコッドに残るために、どういう部分をアピールしていきたいですか?


ジェイミーとブラウニーの好むプレーをトップリーグでもしたい。そして代表のスコッドをとりたい。頑張っていきたい。ウチは神戸(製鋼)だから、プレーはほぼ(代表と)一緒だから。あまり難しくない。神戸でやっていることをしっかりやることで、ジャパンへのアピールになる。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ