死のプールD―RWC2023・イングランド、アルゼンチン、日本、ヘッドコーチ3人の共同会見レポート | ラグビージャパン365

死のプールD―RWC2023・イングランド、アルゼンチン、日本、ヘッドコーチ3人の共同会見レポート

2020/12/15

文●編集部


ラグビーワールドカップ2023フランス大会の組み分け抽選会が14日、パリで行われ、抽選会後に各国のHCがオンラインで共同会見を行った。D組の3人のコメントをお届けする。

「このプールはタフでエキサイティングなプールになる」イングランド代表 エディー・ジョーンズHC

「どのプールもクオリティが高い。その中で、このプールにはアルゼンチンという実績のあるチーム、日本といういま最も成長しているチーム、そこにおそらくトンガが入ってくるだろう。エキサイティングで、タフでなプールになる。このプールを勝ち抜くのは大変だと思う」

――日本との対戦は特別か?


「それはない。それはジェイミーも同じだと思うな。でも日本の活躍はうれしい。(大会を紹介する)ハイライト映像を見ても日本の場面がたくさん出てきてうれしかった。(日本にとって)タフな試合になるだろうけれどいい準備をしてくると思う」


――アルゼンチンについては。


「とてもフィジカルな戦いをしてくるだろう。2003年、2007年のワールドカップでもそうだったし。今回オールブラックスに勝ったときもそうだったと思う。HCのマリオ(レデスマ)が素晴らしい集団を育てている。よくチェックしている。このプールは、各チームの対比が最も大きく出るチームが集まったプールになったと思う」

――イングランドの現状について。


「2020年は9人の新しい選手が代表デビューした。いい進捗状態でチームをビルドしている。来年はライオンズのツアーがあるから、若い選手にとってはいいチャンスが来ると思う。2020年はチームとしても10試合を戦って9勝できた。我々のベストのパフォーマンスを見せることができた。成長できたことに満足しています。シックスネーションズはとてもタフな大会で、いつも挑戦しなければならない。この先の3年間もシックスネーションズに挑むことで成長できると思う」


――2023年大会に期待することは。


「フランスは素晴らしいラグビーカントリーです。2007年大会も素晴らしい大会で、ベストワールドカップのひとつだったと思う。本当に素晴らしいグラウンド、スタジアムがたくさんあって、ラグビーがいろいろな街で行われている。印象的なのは2007年の準々決勝を戦ったマルセイユ。気温は20度くらいと暖かくて快適で、日本ともちょっと違った気候で、素晴らしい10月の太陽の下で試合ができた。ラグビーの祭典として素晴らしい、レベルの高い大会になると思います」

「2021年はラグビーを取り戻していく」日本代表・ジェイミー・ジョセフHC

「今年は日本代表の試合ができなくて残念だったけれど、ワールドカップの組み合わせが決まって、素晴らしい相手と戦えることが決まって今はとてもエキサイティングな気持ちです。我々にとってはビッグチャレンジ。イングランドはもちろん、アルゼンチンはオールブラックスに勝ったばかりのチーム。どれだけタフになれるかが勝負だと思います。私がまずやらないといけないことは、日本代表の選手たちをまずラグビーに戻して、来年6-7月のテストマッチに取り組むことです」

――イングランド、アルゼンチンとはワールドカップの前に対戦しておきたいか。


「もちろん、それだけのクオリティの相手とテストマッチを戦えることは、準備していく上でとても大切だし、その機会を求めていきたい。ベストなコンペティションにしていくには、相手が強い中で試合経験を積まなければいけない。その意味で(2019年に向けては)サンウルブズもとても効果があった」


――フランスで活躍している松島幸太朗について。


「松島はトライをたくさん取ってくれる頼もしい選手だ。ワールドカップでは2015年も2019年も活躍したし、フランスであれだけ活躍しても驚かない。日本代表選手が自信をつけて、海外に出ても自分をしっかり表現できる、自信、信念を持ってプレーしている」

――2019年大会は自国開催でファンの後押しも強かった。


「日本代表選手は強い決意を持って、自国のファンが見ている前で100%の状態で大会に臨むことができた。そのときの気持ちを持って臨めば、イングランドが相手でも行けると思う。我々にこれから必要なのは変革。ラグビーは常に変化して進歩していくもの。イングランドや、他のティア1の国とも戦って、自分たちのラグビーを作っていきたい」


――前回は8強。より高い成績を求められるのはプレッシャーでは。


「プレッシャーはいつもある(笑)。我々スタッフはそれを楽しむ、受け入れるべき一部だと考えているし、選手もそう考えている。我々のラグビーを遂行する上でまず必要なのは忍耐力。まずこの中断で失われたラグビーを自分たちに取り戻す必要がある。選手たちはラグビーをすることを渇望して、楽しみにしている。2021年はラグビーを取り戻していく、エキサイティングな年になると思っている」


「まずはプールを突破することに集中しないといけいない」アルゼンチン代表 マリオ・レデスマHC

――日本代表HCのジェイミーとは選手時代に対戦したことがある?


「はい。1999年のワールドカップで対戦しました。よく覚えていますが……まだ若かった、大昔のことです(笑)」


――トライネーションズを経て、チームはハッピーな状態ですか?


「そうですね、ハッピーです。今年のトライネーションズではプーマスというチームの新しい側面を出せた。チームは結束して戦えた。ワールドカップではイーブンな、力の拮抗した試合が多くなる。我々はこれまでプールで3位になることが多かった。ワールドカップでプールを勝ち抜くのは難しい。先のことは考えず、まずプールを突破することに集中しないといけない。ワールドカップはまだ先のことなので、まずは来年のことに集中したい」

――バンド4からはオセアニア1、バンド5からはアメリカ2が入ってきます。


「ワールドカップでサプライズを起こすのはまさにそういった国々です。そこから上がってきたのが日本であり、日本をそういう存在にしたのはエディーです。日本がどこに勝ってももう誰も驚かないでしょう。そしてサモア、トンガもそういう力を持ったチームです。私は彼らのラグビーのクオリティの高さを知っていますし、ワールドカップという舞台でエディ、ジェイミーと対戦できることは本当に楽しみです」


――ハグアレスがスーパーラグビーから除外され、次回のワールドカップでは、フランスや
イングランドなど欧州でプレーする選手が多くなりそうだが、チーム作りに難しさはないか?


「チームがなかなか揃って練習できないという意味なら、2大会前(2015年大会)までのアルゼンチンはずっとそうだった。アルゼンチンを離れている選手がたくさんいる中で、まずはアルゼンチンにベースを置いている選手たちでトレーニングをしていく。選手たちにはそれぞれ複雑な背景があるから難しいこともあるけれど、そういう選手たちを集めてチームを作るのは楽しみでもある。練習計画をしっかり立てる必要がある。そしてワールドカップイヤーにはみんな揃ってトレーニングできる時間が取れると思う」

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ