秋山大地(LO・トヨタヴェルブリッツ)愚直に課題に取り組み、常に強いプレーができるように | ラグビージャパン365

秋山大地(LO・トヨタヴェルブリッツ)愚直に課題に取り組み、常に強いプレーができるように

2021/10/09

文●編集部


日本代表・宮崎合宿に追加招集された秋山大地(LO・トヨタウェルブリッツ)がオンライ取材に応じた。2年後のワールドカップスコッドを獲得するために「愚直に課題に取り組む」ネクストジャパニーズロックとしての座を掴むための挑戦が続く。

――NDSに呼ばれました


トヨタで合宿していたが 水曜日に連絡いただいて、昨日、合流しました。自分自身、代表は目標としている場所だったので、呼ばれたのは嬉しく思います。


――昨季、トップリーグで活躍しましたが、代表定着できる期待感はあった?


自分自身、トップリーグでの手応えがありましたし、期待する面はありましたが、最初のスコッドに入っていなかったので、まだまだ足りないものがあるのかなと思って、諦めるのではなく、どんどんレベルアップしていこうとやっていました。強みであるタックル、コンタクトの部分を強化しようと思って、体作りを着手してやっていました。ウェイトトレーニングをしっかりして強い体を作ろうとやっていました。


――自分より若いLOもいますが、W杯まであと2年、どんなところをアピールしたい?


プレーとしては自分の強みであるコンタクト面をどんどん出してアピールしたい。また練習の姿勢でも積極的に前に出てアピールしたい。


――体の強さとは? 具体的にどんなことをイメージしている?


体の使い方というか、単純にパワーをつけるもそうですし、自分の姿勢、背中を丸めない真っ直ぐして 相手にパワーを伝えることを取り組んでいました。トップリーグでも(やってきた成果は)少しは感じました。


――現在の課題は


ロックとしてのラインアウトのスキルがまだまだ、代表選手と比べても足りていないなと思いますし、強いプレーをやり続けるスタミナだったりメンタルでも課題を感じています。

(いつ課題を感じた?)昨季、トップリーグは序盤はいいプレーができていたが、試合を重ねていくにつれて、向き合い方があまり上手くなくて少し落ちちゃったかなと思いました。トレーニングの中で、日々のトレーニングで出し切ることがフィジカル、スタミナの改善につながると思います。メンタルはもともと向上心を持つこと、現状に満足しないというところはもっとやっていきたい。


――練習は参加しましたか?


今日の朝、練習に参加しました。ハードでした。朝はユニットがメインだったので、スクラム、モールを押した。すごく激しいトレーニングでした。まだ首脳陣の方とは話しをしていないです。


「ムーア選手に食らいついていきたい」

――求められているものは


ロックとしてのコンタクト、ハードワークし続けることだと思っています。(4番か5番は)言われていません。今日の朝は5番に入りました。どっちでもできます。


――代表では誰がライバル?


ずっと代表で試合に出ているムーア選手に食らいついていきたい。(どこで上回りたい?)コンタクトの激しさは出していきたい。ずっと目標にしているので(23年W杯は)出たいと思っています。


――NZで活躍した、同じチームの姫野選手から受けた刺激は?


アドバイスは受けていないが、アグレッシブにひるむことなく、ボールを持って、どんどん前に出る姿は刺激になりました。コミュニケーション力がすごくて、プレー中もそうですし、プレー後の円陣で声を掛けたりが明確で、そういうところは勉強になります。(NZ前に行く前より)そう感じました。トヨタでは声掛けを心がけてします。



――春の合宿で感じたことは?


ハードワーク80分間、続けるところは代表選手があるもので、自分がまだ足らないものだと感じた。


――現時点での強みは?


人間的なところでいえば、愚直に課題に対して取り組み続けることは自分の中での強みとして持っているので、そこはプライドもって最後まで課題に対して取り組み続ければと思います。粘り強く(やっていきたい)。



記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ