稲垣啓太「ミスや反則が多く自分たちで首を絞めてしまった試合」 | ラグビージャパン365

稲垣啓太「ミスや反則が多く自分たちで首を絞めてしまった試合」

2022/11/13

文●編集部


13日、ラグビー日本代表は「リポビタンDツアー2022」イングランド代表とのテストマッチを行い、13-52で完敗を喫した。前週アルゼンチン代表に敗れたイングランドは、80分通して素晴らしいパフォーマンスを見せ、ジャパンのやりたいことをさせなかった。ジャパンはプレッシャーをうけ、ミスやペナルティーが多く、試合のリズムを取り戻すことができないまま試合を終えた。リーチマイケル、山中亮平、稲垣啓太、齋藤直人らの試合後コメントを紹介する。

稲垣啓太

(スクラムについて)スクラムで押されたというより、スクラムが落ちてしまったところを、スクラムを崩したという判定だったので、我々が崩しているように見えたんですよね。相手にそういう印象を与えないように我々は早く対応する必要があったと思います。

スクラムについては後半だいぶ修正できたと思うんですけども、スクラムだけでなく反則の多かった試合だったと思います。


(後半、相手ゴール前5mまでいってモールを組まなかった)あれは、モールを組まないというサインプレーを準備してきたんですけどもボールを繋ぐ部分でミスが起きてしまった。ミス、反則が多い試合で自分たちで首を絞めてしまった試合だったと思います。

リーチマイケル

ボールが思ったより手につかなくて、そういう自分たちのミスでプレッシャーを受けた状態で他の選手へパスして自滅してしまった。

ブレイクダウンの部分では想像以上にプレッシャーかかってきて、後は、9番からのシェイプに(対してかなり圧力がかかったので、そこでやっぱりいい流れができなかった。

試合中修正が聞かずに80分終わってしまった、かなりいい勉強になったと感じます。世界のトップ中のトップはこういう感じなんだなと改めて思いました。

(ハーフタイムでは)とにかくボールを持っている時間を大事にしてボールを持てばスペースが作れるって話だけしてましたけど、簡単にボールをこぼしたり、コンタクトのところでボールがあちこちいったりして、なかなかいい継続ができなかったですね。ジャパンのアタックはボールもって前に出て、ハイテンポでというのはあんまりできなかった。

流大

流大


山中亮平


(キックは苦しんだが修正ポイントは?)こっちが(キックを)蹴って相手のハイボールに対して、やっぱりこちらがボールキープできない、相手に取られてしまうというのが前半多かったので、後半そこをしっかり、タッチ蹴るところはタッチ切っていった。戦略プラン通りじゃなかったですけど。うまくキックを使っていかないといけないと感じました。

(前半バタバタしていましたが、後方からどんな指示をしたか?)アタックでかなりいいプレッシャーがかかっていて、自分たちのシェイプがうまくできていなかったのが、前半修正できなかったんですけど、ハーフタイムでそこを修正して後半臨んだんですけど、後半もあまりうまくいかなかった。

齋藤直人


(戦術について)イングランドは絶対キックゲームに持ち込んでくると思ったんで、そこに対するゲームプランを用意していました。(相手から)受けたボールをアタックにつなげる、そこからチャンスを生み出すというプランでした。



(リザーブでの出場、何を意識していた?)ビハインドの状況で入ったんで、チームにエナジーを与えることと、相手が少し足が止まっている時間帯でもあったので、自分が少し仕掛けたりして、味方にスペースを作り出すことを意識してプレーしました。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ