選手層の強化に向けては2023年へ向けポジティブな方向へ―ジェイミー・ジョセフHCフランス戦後コメント | ラグビージャパン365

選手層の強化に向けては2023年へ向けポジティブな方向へ―ジェイミー・ジョセフHCフランス戦後コメント

2022/07/10

文●編集部


9日、フランス代表とのテストマッチ第2戦、結果として2敗で終わった日本代表。ジェイミー・ジョセフHCは「若い選手を使うことができました。色々あったけど、今回のキャンペーンは意味があった」とシーズンを振り返った。

第2戦は競った展開、一つのミスや取りこぼしが勝敗にかかわるという経験を若い選手たちが経験することで2023年ワールドカップに向けて日本代表にとって急務だった選手層の強化につながることは間違いない。

最初のコメントとして、チームとしては残念な結果になってしまいました。テストマッチに勝てる、いい位置にいた部分もあったんですが、そういったところで後半ミスがたくさん増えてしまい、勝つことができず、すごく残念だと思っています。

パフォーマンスに関しては、若い選手たちが試合に出ていますし経験ある選手もいる中で、バランスが取れたチームができてるんじゃないかとは思っています。若い選手という中では9番、10番、経験が少ない選手はいましたけども、李承信に関してはまだ2回目の試合となってます、

李承信

李承信

(齋藤)直人もすごく頑張ったと思います。チームとしてはここからステップアップとして、しっかりと前に進んでいけるんじゃないかというふうに思っています。

齋藤直人

齋藤直人


(勝つためには)自分たちが十分ではなかったということをしっかりと選手たちが理解していかなくてはいけないと思っています。このような接戦のタフな試合になってきたときに、一瞬一瞬で仕留めていかないとならないことは今回の試合でわかったと思います。




自分としては残念な気持ちですけども、明日、選手たちも時間をおいて、試合を見ていくと思いますので、どういうところを修正していかなくてはいけないか、また気づきがあると思います。

――33歳と34歳のリーチ、山中の2人の評価とテビタ・タタフのポジティブな点


リーチに関しては、コメントすることは難しいですけども、自分が今覚えているところではカウンターアタックのところでいい仕事をしてくれたと思っています。皆さんも彼のベスト(パフォーマンス)を知っていると思いますが、どのチームでも彼はチームのためにリーダーシップを発揮してくれる選手です。

テビタについては本当に大きなインパクトを出してくれたと思っています。親指を骨折している中でもゲインしてトライを取れるところまでよく持っていってくれた。親指は石膏で固めていたのでボールを動かすのは難しかったかもしれません。彼もチームのためにしっかりと動いてくれ頑張ってくれたと思います。



――木曜日の段階でバランスとコントロールという話をされていましたが、その部分に関する評価は


リーグワンが終わってから5週間の間に3つのテストマッチを行わなければなりませんでした。そういった短い時間の中で選手たちが自信をつけて、日本のラグビーを遂行するということに対してすごく頑張ってくれたと思っています。


ただ、先週の試合では後半、自分たちには少しガスがなくなって失速してしまったことを振り返って、今週は攻めるタイミングでは攻める。キックを蹴らなくてはいけないときにはキックを蹴るというバランスはうまくできたのではないかと思っています。



フランスも自分たちも疲れた部分があって、今日の試合でも、疲れが出てきたときに、スローイングがおかしくなってしまったり、ノックオンということが起こってしまった。

――試合展開は競ったものでしたが、時折厳しい表情を見せていました。どんな気持ちで試合を見ていましたか?


残念な気持ちがあります。本当に選手たちは頑張ったと思います。自分からすると勝てたチームに値すると思いますが、それを逃してしまったのはすごく残念ですが、それでも成長できた部分があったのはよかったと思っています。

――昨日、安倍元首相がなくなるというショックな出来事がありましたが、何かチームに影響はあったか?


私にとっては影響はありませんでした。幸運なことにワールドカップ前に一緒に食事をさせていただきました。これまでニュージーランドの首相ともお会いしたこともありませんし、食事をしたこともありませんでした。今回不運な形でお亡くなりになったということで非常に悲しいニュースとして思っていました。

チームとしては、一週間しっかり集中するということを意識していました。そこについては坂手淳史のリーダーシップを信頼しているので任せていました。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ