野口竜司(FB・埼玉ワイルドナイツ)代表に生き残りをかけフィジカルを強化 | ラグビージャパン365

野口竜司(FB・埼玉ワイルドナイツ)代表に生き残りをかけフィジカルを強化

2021/10/09

文●編集部


ラグビー日本代表・宮崎合宿に追加招集された野口竜司(FB・埼玉ワイルドナイツ)は代表として残るための課題は「フィジカル強化」だと話した。松島幸太朗、山中亮平と経験値もある選手とのポジション争い、FBだけでなくWTBなどマルチポジションが求められる代表で生き残りをかけた戦いに挑む。

――トップリーグ(TL)を経て、今の手応えは?


W杯が終わってから代表活動にほとんど参加していないですが、トップリーグを通じて、自分の状態は良かったと思います。その中で小さな精度のところをもっとこだわっていかないといけないなと感じています。代表活動に参加できて、自分とってはプラスで、まだ足らないところを触れる機会でありますし、そこにチャレンジしたい。呼んでいただいてプレーできるのは自分にとって大きい。


――FBには松島、山中選手がいる中でどんなプレーをしたい? 


自分の持ち味はフィールディング、後ろのカバーリングなのでコミュニケーションを取って、簡単にディフェンスラインを空けないのが強みだと思っています。その中で、コンタクト、接点の部分は上げていくように、トップリーグ通じて取り組んでいるところです。


――戻って来た日本代表の雰囲気は?


雰囲気はすごくいいですし 特別に大きく変わったことはない。(新ルールの)「50:22」とかもあるので、後ろのカバーが大変になるのかなと思っています。


――コンタクトの部分をどのように改善していきたい?


自分自身、体がそんなに大きくない選手なので、接点のところで一歩前に出られたり、出られないように踏ん張ったりするのは現代ラグビーでは(大切)。ディフェンスでゲインされると勢いを与えてしまうので、相手の勢いを止めるのが大事です。アタックでは一歩でも前に出てオフロードとかで前に出て相手を崩せる。1対1で前にでることはすごく重要なことかなと思っています。

コンタクトはこっちにきて久々にやりました。これから手応えを実感していきたい。足らないといわれたら誰かに付き合ってトレーニングしたい。


――春の間、ジョセフHCとコミュニケーションを取っていたか?


特には取っていないですが、自分の中で足らないな、選ばれないということはそういうことだと思うので、足らないところを自分の中で消化してトレーニングしていました。自分としてはそこ(日本代表)に入り、活躍するのが目標なので、チャレンジできる場をいただけたのはすごく光栄ですし楽しみです。


――トップリーグのプレーは良かったが春は呼ばれず悔しかった?


呼ばれないということはそういうこと。体がそこまで大きい選手ではないですし、そこを補うようにトレーニングを積み重ねないといけないと思いました。


――スピードトレーニングはまだやっているのか?


何回かやったりしていますが、今はどっちかというとフィジカルのところ頑張りたいので、そこまでやっていない。(スピードアップした実感は)自分の中ではあります。


――23年W杯への思いは?


そこはターゲットにしていますし、チャレンジしたいと思っている。


――ポジションはどこでプレーしている?


特にどことは言われていないが、練習の中ではFBをやっています。(SOをやれとは)言われていないです。


――パナソニックの周りの選手からアドバイスをもらったりしましたか?


堀江さんから、課題はフィジカルだろうと言われていますし、堀江さんがしているトレーニングとかを一緒にさせていただいたり、50:22のルールが導入されて、キックの重要性が出てきているので、スキルのところを今まで以上に精度を上げてやっていきたい

(50:22のルールは攻守でどっちが活かせる?)どちらも活かせるだろうし、ディフェンスはカバーが多くなって、連携が大事になってくる。そこは少し難しくなるかなと思います。(新ルールはパナソニックの)練習終わりに選手を見つけて、一緒にトレーニングしていました。特にこれと絞ってやっていたわけではないが、自分の足らないところをやっていました。

(フィジカルは)コンタクトのところは、パナソニックで大きくやっていなかったので、大きな実感はないが、積み重ねたものがこの合宿を通して成果として出ればいいなと思います。

――引退した福岡選手から学んだことは?


やはり能力持っている選手だったので、安心感はありました。ディフェンスでも任されることが大きかった。そういうところでは、自分をそのレベルまで持っていくことが大事。ブレイクダウンとかディフェンスとか凄く強い選手だったので、自分が足らないのはそこだと思うので学ぶことが多かったです。


――「50:22」のルールの練習にあたり、ディフェンスコーチのハンセンさんから何か言われている?


詳しくはまだやっていないですが、やっぱり前を埋めるタイミングやWTBとコミュニケーションをして後ろを見るのが大事。中盤から敵陣になるとディフェンスはあまり上がれないと思います。相手の動きを見ながら上がっています。ただあまり試合をみるとそういったシーンは多くないのかなと思います。ディフェンスがそこを埋めているから前のスペースが空くんだろうなと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ