長谷川慎スクラムコーチが感じる2023年までの「伸びしろ」とは | ラグビージャパン365

長谷川慎スクラムコーチが感じる2023年までの「伸びしろ」とは

2021/07/01

文●編集部


30日、ラグビー日本代表・長谷川慎スクラムコーチがオンライン取材に応じた。ライオンズ戦での振り返り、それから2023年にむけた成長させていきたい部分とはなにか。長谷川コーチが感じるジャパンの「伸びしろ」とは。。。

――ライオンズ戦のスクラムを振り返って


前回でいうと2019年にスクラムを組むのにすごく時間がかかったが、(今回は)経験者もいて、森川や垣永のような新しい選手も意欲的に取り組んでいたので、ある程度の感触があって試合に臨めました。

試合に関してはペナルティーを取れたから、強かった、弱かったというより、練習をしてきたことを試合で出すのはある程度できたかな。ペナルティーを取られないようにするにはにはどうするか、レフェリーにどう対応するか、相手はどう、グラウンドはどことか、そういったところに目を向けて練習するのが、今後の伸びしろかなと思います。


――スクラムで滑った場面は芝生が原因だった?


試合の3日前、世界のスクラムはこういうところで決まるのかというミーティングに参加させてもらった。そこで出ていた話が頭に入っていて、警戒していましたが、たまたまレフェリーの見えないところでいろいろ起きてペナルティーになった。もう1個は滑ったかなと思います。

――そのミーティングとはどういうミーティングだったのですか。


(オールブラックスの)クレイグ・フィークだったり、南アフリカ代表のヒューマンといったスクラムコーチだったり、ジュベールさんやオキーフさんといったレフリーが参加するミーティングでした。そこで状況を確認させてもらいながら対策を立てて臨んだら(ライオンズ戦は)そのとおりの笛だったという感触です。

シックス・ネーションズで起きた事例を見ながら、このレフリーの判断は正しいのか、こういうところに注意して笛を吹いてという話を聞いたりとか、そういう会でした。


――今回はあまりスクラムの高さにはこだわっていないのですか?


高さにこだわらないというのはセットアップで低くすると上から潰されることが多い。そうなると、レフェリーの見え方として、低く組んでいるのが崩れる原因と捉えられるのが嫌なので、低く組みすぎない、けど相手より低く組むという感じです。



――前回のワールドカップから進歩させたい部分やこれからプラスしていきたい部分は?


2年ぶりの集合だったので、まずは2019年のベースに戻すのがすごく大事なことかなと思います。今までは自分たちのスクラムに相手を合わせるようなイメージを持っていましたが、誰と組むのか、どこで組むのか、誰が裁くのかに対応できるようなスクラムにしたい。そうすれば、相手にも仕掛けられるし、どういう見せ方かわかっているし、ハイブリッドで、スマートなスクラムを組みたい。


――これまで長谷川慎さんのスクラムを組んでこなかった新しい選手もいます。


自分一人だったら、いろんなところで時間がなかったり手が回らないところもあったかもしれない。PR、HO、LOにしても経験者がいるのでいい財産。その選手たちがこういうところ注意したほうがいいとかアドバイスしてくれる。森川もすごく良くなっていてビックルしているが、試合に出たい、キャップを取りたいという意欲もって一生懸命頑張ってくれている。

ただ今後に関して、(代表に)来てイチからスタートとなるとどうしても時間が足らない。今まで日本代表で出来ていたこと、経験してきたことなどをもっともっと、そういう組み方ができる選手を増やしていきたいなと思っています。

何かしらの手は必要だと思っています。ミニキャンプとか、選手をもっと見ていって、大学、トップリーグの選手もそう、今、強い弱いじゃなくて、自分たちの組み方にハマるか、ハマらないかという目でも見ないといけないと思っている。



――アイルランド戦にむけた改善点


アイルランドというチームを単純に考えると、やっぱり自分たちは敵じゃないですか。ホームでそんなに簡単に勝てる相手ではないと思っています。この前の試合のレビューがそのまま、次の試合のプレビューになるとは思っていない。一つの強豪国に勝てるように、細かいところまで落とし込んで準備して勝ちたい。

(相手の)全選手の組み方であったりとか、チーム全体で何をターゲットにしているかということは、メンバーだけでなくメンバー外の選手にも共有できている。相手側の対策として、メンバー外の選手が練習でそういう組み方をしてくれたり、そういう細かいところまでできているのでそれをいかに本番でできるかですね。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ